Copyright ©  日本国籍捨てた夫と私のアメリカぶっとび生活 All rights reserved. トランプ優勢から劣勢に変わった理由。勝手に勝利宣言や開票中止主張でやりたい放題な大統領. アメリカ合衆国憲法修正第22条(アメリカがっしゅうこくけんぽうしゅうせいだい22じょう、英:Twenty-second Amendment to the United States Constitution、あるいはAmendment XXII)は、アメリカ合衆国大統領の任期制限を決めている。 アメリカ合衆国議会はこの修正条項を1947年 3月21日に可決 … アメリカで暮らす日本人は42万人もいて国別にみてトップですし(2位は中国で12万人)、日本にもアメリカ文化はかなり入ってきていますし、企業の支店が日米にあったりして何かと関わり合いが深いです。, 今回はトランプ政権が日本にどの様な影響をもたらしているのか、もたらしていくのかを見ていきます。, トランプ大統領の政策で日本にもっとも影響がある分野といえば貿易に関する事ではないかなあと思います。, アメリカの貿易は赤字で、日本−アメリカ間の貿易を見てもアメリカは赤字、トランプ大統領はこれを解消したいわけです。, ・日本からの車や、車の部品の輸入を減らしたい!アメリカで部品調達・製造してもらいたい!(アメリカでの雇用が増えるから), トランプ大統領はTPP(環太平洋パートナーシップ)を離脱はしましたが、彼の得意技の2国間交渉=日米貿易協定FTAが2020年の1月からスタートしました。, 日米貿易協定って何ですか?というと、日本とアメリカの間で一定期間内に関税を撤廃したり軽減したり出来る合意。基本的にはTPPで決めていた水準範囲内での合意です。, 日本のお米については守られていますが、アメリカ産の牛肉とかは関税が段階的に引き下げられていくことになったので、徐々に日本でアメリカの牛肉が増えて行くと思います。日本からアメリカへ輸出するエアコン部品などは関税が撤廃されました。, 関税が低くなったり関税が無くなったりすると競争が激しくなって、企業の成長や経済の活性化になりますし、消費者は安く買うことが出来るようになります。でも競争力がない会社は衰退していくしかないという悪い面もあります。, 今後も日米での交渉はありますが、トランプ大統領のことなので日本にとってあまり良くない条件を押し付ける可能性があるかもしれないのは心配ですね・・フェアな合意ならいいですよね。, 中国とアメリカはお互いに関税を掛け合って争いを繰り広げてきましたが、これはどちらかというと世界一の座をかけての覇権争い的な意味が強いと思います。, でも中国とアメリカだけが影響を受けているのではなくて、実際には日本にも影響あるし、アジアやメキシコなどにもあります。, 例えば、中国やアメリカに子会社があるとか、納品先が中国とかアメリカとか、関税の対象になっている商品を作っているなら影響は大きいです。アメリカ向けの中国製品の中に日本の製品が使われていたりもします。, 中米の貿易戦争によって悪い影響が出るなら中国やアメリカから工場を撤退すとか、もっと安く生産出来る、タイとかベトナムところへ移るを企業は考えますし、米中に進出しようか考えていたけどコストかかるならやっぱやめようかな?となったりもすると思います。, 日本に生産ラインが戻ってくるとか、国内の経済が刺激されるという良い部分もあるんでしょうけどね。. 米大統領選、現職敗北は戦後3人のみ トランプ氏再選なるか 2020年11月1日 10:00 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ] このニュースをシェア スポンサードリンク 11月3日のアメリカ大統領選まで、残り1か月を切りました・・ 今回の選挙は、現職の大統領であるトランプ大統領にとっては、2期目を目指す選挙ということになります。 歴史的に見ると、この再選選挙に関しては現職の大統領が圧倒的に有利です!! ま~当然です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); もともと安倍総理とトランプ大統領の関係は良好ですし、安倍総理は憲法改正したがってるので、日本の政府にとってはトランプ再選は良いのかもしれないですね。, トランプ大統領は「日本は防衛をアメリカに任せきりにしている」と考えている所があるし、日米安全保障条約の, 「日本が攻められたらアメリカが助けるけどアメリカが攻められても日本は何もしなくていい。でも代わりに日本にアメリカ軍を置くから費用払ってね。出来ないなら自分で守ってね。」, トランプ大統領が再選した場合、アメリカのビザを取るとかアメリカ移住は更に厳しくなると思います。, トランプ大統領がというよりは共和党の考えがもともと移民に対しては寛容ではないですし、トランプ大統領は2期目になったらもっと制限をかけてくる気がしますね。, ビザ抽選プログラムをなくしたいとか、家族の呼び寄せの枠を減らして優秀な人を入れたいという考えがあるので、条件が厳しくなっていくことはあっても緩まることはないのではないと思います。, アメリカの大統領ということで世界から注目されるわけですが、米国第一で世界と足並みを揃えない政策は、今は実際に自分に影響はなかったとしても、今まで仲良かった国との関係をダメにしている部分もあるし、長期的にみたらそれがアメリカに跳ね返ってくるのではと私は思うんですよね・・。, 私はアメリカに住んでいるのでその点から見ると、自分に関係があり影響あるのはやはり移民政策かな。, 既に私はグリーンカード取得済みではあるのですが、取得中はやっぱり気が気でなかったし、プロセスに時間がかかっていた気がするし、トランプ政権になってからビザの取得が更に厳しくなったと聞きました。, あと自分がアメリカに移住したせいもあってか、メキシコに壁とかイスラム教は入れないとかやっぱりちょっと酷いというか過激だなと感じます。, もちろんトランプ大統領が主張するような悪い人もいるんだろうけど一部だし、むしろ不法移民の人達って隠れるようにアメリカで暮らしているとか、行動が制限されているのでひっそりと生活していると思うんですよね。トランプ大統領が言う、「合法移民は歓迎している!でも不法はだめだ!」というのも、わからなくはないのですが・・。, 私は国境に壁ではなくて、違う方法を考えて欲しいなあと思います。例えば何ですか?と言われると思いつかないけど、壁つくっても話題にインパクトがあってお金かかるだけで、あまり抑止力になってない気がします。トンネルほじくっているという話とか聞くし。, 私がアメリカで生まれたアメリカ国民だったらまた違う感情があると思うのですが、自分が移住者なので、いいがかりの様な言い方は良い気分にはならないし、移民に厳しすぎる政策もなんとかならないのかなあと感じてしまいます。, 結婚を機にアメリカに住むようになった30代。 まずアメリカ大統領の任期は1期4年。歴代大統領の平均では5年68日になる。途中で死亡したり、再選できなかったりしたせいで任期の長さにはばらつきがある。 実は第2次世界大戦以前は何度でも再選が可能だったので任期に制限はなかった。 アメリカ大統領選挙では、現職が断然有利だと言われている。 アメリカ大統領という「世界最強」の肩書を持ち、自分を知らない人はほぼいない。 メディアへの露出も多く、党内の指名を勝ち取らなければならない対立候補に比べて、資金集めや支持固めに早い段階から取り組むことができるからだ。 実際、第2次世界大戦後に大統領選挙に臨んだ現職大統領10人のうち、敗れたのは3人だけ。「再選率」は70%に上る。 その3人 … 英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい! もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!. スペイン紙「エル・パイス」が、米大統領選が欧州にどう影響するか、欧州有力新聞社連合(lena)の7人の編集トップの意見をオピニオン欄に掲載した。各国のメディアのトップは、ドナルド・トランプ米大統領の再選が民主主義にもたらす危険性を警告し、欧米関係の再生を提唱している。 スペイン紙「エル・パイス」が、米大統領選が欧州にどう影響するか、欧州有力新聞社連合(lena)の7人の編集トップの意見をオピニオン欄に掲載した。各国のメディアのトップは、ドナルド・トランプ米大統領の再選が民主主義にもたらす危険性を警告し、欧米関係の再生を提唱している。 11月3日のアメリカ大統領選まで残り1か月を切りました。米国株投資家の俺にとっては、結構注目視しています。 2016年に新大統領としてトランプ大統領が就きました。今回は、再選を目指すトランプ大統領と、候補者のバイデン大統領の戦いとなります。 トランプ大統領が再選した場合、アメリカのビザを取るとかアメリカ移住は更に厳しくなると思います。 トランプ大統領がというよりは共和党の考えがもともと移民に対しては寛容ではないですし、トランプ大統領は2期目になったらもっと制限をかけてくる気がしますね。 日経電子版の「米大統領選2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。トランプ大統領の再選か、民主党のバイデン氏による政権奪還か。データや分析でアメリカ社会に走る分断の実相に迫り …
2020 アメリカ大統領 再選 制限