アメリカで11月3日に行われた大統領選。共和党のトランプ大統領と、民主党のバイデン前副大統領の対決が繰り広げられていますね。ところで、あなたは大統領選の仕組みについて知っていますか?一言でいえば、アメリカの大統領選は有権者投票と、選挙人投票 アメリカ全体で支持を得なければならない; 2党制を強化できる; 州の意思を尊重できる; まとめ スポンサードリンク アメリカの大統領選は出馬表明から含めると約2年近くかけて行われます。ものすごく長いですよね。 選挙の流れは大まかに言うと、 予備選挙と本選挙 の2つに分かれています。 予備選挙とは民主党と共和党のそれぞれが、党の代表者を決めるプロセス。 Copyright ©  日本国籍捨てた夫と私のアメリカぶっとび生活 All rights reserved. 共和党のトランプ大統領と、民主党のバイデン前副大統領の対決が繰り広げられていますね。, 次に、それぞれの州で当選した候補者が州ごとに割り当てられた選挙人を全員獲得します。, それは、建国当初、交通通信未発達のため有権者が候補者を選ぶことが難しかったからです。, そして、のちに雨利がは選挙人が有権者によって選ばれるようになったものの、この二段階方式は残り、今の形になりました。, 例えば4年前の大統領選では、民主党のクリントン氏が全体で300万票多かったにも関わらず、結果としては選挙人が多く割り当てられている州を僅差で得たトランプ氏が当選しました。, 2点目は、1点目に付随して、一部の接戦している州の有権者の意見が結果に大きな影響を及ぼすということです。, アメリカの多くの州は伝統的に共和党と民主党のどちらを支持するかがはっきりしています。, そのため、激戦州と呼ばれる一部の州の選挙人を獲得することが、勝利のために必須になってくるわけです。, この結果、有権者投票の結果と選挙人による投票の結果が異なることも可能性としてあげられます。, 大学時代、韓国への語学留学で海外の空気に触れて以来、海外の魅力にとりこになる。 カンボジアでのボランティア、フィリピンでのインターン、アメリカ留学等を経験、帰国後は日本への留学生の生活支援、日本人留学生の留学支援を行う。 在学中はTOEIC 815点のほか、法学検定中級、ドイツ語検定4級、語彙読解力検定2級、Itパスポート試験合格など幅広い資格取得。, 現在は某外資系企業にてSEとして日々業務をこなしつつ、自身の学びをブログにのせて発信中。. その昔、奴隷制度があった時代は、奴隷には選挙権がなかったので、奴隷の多い南部では選挙戦で不利になるといった理由から、ジェームズ・マディソン(アメリカ合衆国憲法の父)は「奴隷1人は4分の3人として、人口に計上し、選挙人の分配に反映させる」といった、奴隷の人口のみを利用し選挙権は与えない、といった、荒技を繰り出しています。 相手を批判するだけ。選挙制度の大問題 さて、アメリカの大統領選挙の中で、もっとも真似してはいけないことは、トランプ大統領もバイデン候補も、いずれも「相手方の批判」ばかりであるというように見えることです。 実際に、基本的に… 英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい! =選挙に勝つのはA候補), こういうことが各州で起こって積み重なると、「200万票もリードしてるのに選挙には負ける」ということが起こってしまうんだ。, 上院の議席分(2名分)を州全体での最多得票の候補に与え、残りの下院の議席分を、下院選挙区ごとに最多得票の候補に1名ずつ与えることになっているよ。, ってルールで決まってるんだけど、このルールを破って「自分の好きな候補者に投票してやろう!」ということもできてしまうんだ。, 一部の州では無効になるけど、多くの州では無効にならないよ。 ・獲得した選挙人数は、A候補の方が多い(36人>3人) 奴隷制度が廃止となって普通選挙が導入され、交通や通信技術が発達し、全国同時に選挙が行えるようになった後も、選挙人制度は残った。 駐日アメリカ合衆国大使館 の運営する「アメリカンセンターJAPAN」では、選挙人制度が現在も維持されている理由を以下のように解説している [8] 。 Copyright © 2020 せんちゃんブログ All Rights Reserved. アメリカにおける行政のリーダーといえば大統領ですが、日本の場は大統領ではなく首相、つまり内閣総理大臣になります。それは大統領制と議院内閣制という制度の違いによるものですが、この二人の選ばれ方にはどのような違いがあるのでしょう。というわけで、 アメリカの大統領選挙の仕組みって、すごく難解というかわかりづらいですよね?大統領選に至るまでの選挙制度もそうですが、間接選挙なので、アメリカの大統領選挙が始まると??となります。ですので、今回は米の選挙制度の仕組みを、簡単に解説してみました。 さて、アメリカの大統領選挙の中で、もっとも真似してはいけないことは、トランプ大統領もバイデン候補も、いずれも「相手方の批判」ばかりであるというように見えることです。, 実際に、基本的に「小選挙区制」や「知事選挙」のように、「一人だけが選ばれる」という選挙の場合、相手方候補の票を減らすことそのものが、自分の当選の確率を高めることになるのです。, 現在の日本の小選挙区制も同じですが、単純に批判をしていれば当選してしまうという状態が続いてしまいます。, これはそのまま「双方の誹謗中傷合戦」になってしまい、政策を言わない候補が増えるということになってしまうのです。, 何をしても現職候補は「実績」があるということになりますから、批判しかしていない人は威勢は良いが中身がないという状況になってしまうことになります。, 現在の時点で、トランプ大統領が再選した場合は、今までの政治の継続となるということは大体わかるのですが、一方で、バイデン候補が当選した場合に、どのようなアメリカになるのか全く見えていません。, 単純に言えば、「トランプ大統領の政治のアンチ」であることは見えてきますが、それ以上の具体策や、個別の案件に関して、どのように行うのかは全く見えないということになるのです。, 現在のアメリカ大統領選挙においては、当然に政策の争いの様相は少なく、具体的に何が行われるのかは全く分からない状況になってしまっているのが大きな問題なのです。, 批判しているだけなので楽ですし、政策を考えるようなことは全くしなくてよいのですから、政治などにはなりません。, 当然に、政治の中において、そのような状況はマイナスしか生まないし、国政が停滞するというような状況になるのです。, 将来の国家像などが全く見えないということになりますから、当然に、現在のトピックばかりになって、そこを大きく取り上げることにしかなりません。, しかし、「犯罪者」である黒人が警察官の過剰防衛によって殺されたことと、国家全体の問題は全く異なるのではないでしょうか。, それも、いち警察官の行ったことと、国の将来を決める大統領選挙が同列で語られるということ自体がおかしな話になってしまいます。, このように考えた場合、「国家像を戦わせない」「政策が出てこない」ということは、そのまま「何かの偶発的な事件を使って相手を誹謗中傷する」というような手法が行われます。, つまり、何の事件について、何を根拠に批判ができているのかが見えていないということになるのです。, このように考えると、単純に「討論」も「政策」も存在し無い選挙になってしまっているということになります。, 実際に、2016年の時に日本のマスコミも、アメリカのマスコミもすべて「ヒラリー・クリントン圧勝」と言っていたのですが、結果はトランプ大統領の勝利になりました。, 2016年は、イギリスのブレグジット国民投票も、日本のマスコミの報道とは全く逆の方向になっています。, さすがに今回「バイデン圧勝」というようなことを言っている人はいませんが、しかし、すでにマスコミの報道を鵜呑みにする人もいなくなったという感じなのではないでしょうか。, 単純に言って、マスコミは当時から冷静な分析が行われていないということになるかと思います。, このように考えると、もう一方では「マスコミの信用性」ということも出てくると思います。この辺のことも考えていかなければなりません。, いずれにせよ、「次に大統領がどうなるのか」そのような論点を見ながら、次回以降、見ていきたいと思います。, 今回は有料で日本の裏側に迫りたいと思います。普段は意識したことのない内容や、どうしてこうなるの?というような話を様々な角度からお話ししてゆこうと思います。, 【著者】 宇田川敬介 【月額】 ¥440/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 月曜日(年末年始を除く) 発行予定, アメリカトランプ大統領バイデン宇田川敬介宇田川敬介の日本の裏側の見えない世界の話米大統領選選挙制度, コロナ不況を読み解くには?株式投資のプロが選んだ「厳選推奨銘柄」を無料で利用する方法, 今後のマーケット動向はどうなる?無料で使える株式投資のプロ直伝「厳選推奨銘柄」とは, 年末年始の17連休案は「空気読めてなさすぎ?」菅内閣の盲点とは【2020-2021】. 2020年3月時点でアメリカは新型コロナウイルス問題に揺れていますが、この混乱の裏では11月の大統領選に向けて着々と準備が進められています。すでに各州で予備選挙や党員集会が始まっており、日本国内でも大統領選に関する報道が増えてきました。 アメリカの大統領選の時には「スーパーチューズデー」や「予備選挙」、「選挙人」などといった言葉をよく耳にすると思いますが、これらの意味を正しく理解できている人は決 … 選挙人制度とは? 選挙人制度のデメリット(問題点) 「1票の格差」が生まれてしまう; 得票数の少ない候補者が勝ってしまうかも; 選挙人の裏切り; 選挙人制度のメリット. ・「州ひとつひとつの意見を尊重すべきだ!」という連邦主義でもあるんだ。, つまり「選挙人」という制度は (無効になる州では、選挙人は別の人と交代させられるよ), けど、そこまで多い罰金でもないから、「罰金してでも自分の好きな候補者に投票してやろう!」という選挙人が過去に何人かいたよ。, 多くの州は「勝者総取り」というルールを採用しているから、候補者は選挙人が少ない州でも選挙活動しないと勝てないんだ。, 小さい州に住んでいる人からすると、「私たちのような小さい州のことも考えてくれていて嬉しい!」っていうメリットになるってことか。, そもそも一般の候補者は、一定の署名を集めないと「一般投票」の対象になれないからね。, この場合、A州が候補として認めていないE候補を支持する「選挙人」は、選ぶことすらできないということだよ。, ・「国民ひとりひとりの意見を尊重すべきだ!」という民主主義でもあり、 https://solve.nationaljournal.com/battleground-states-in-the-2020-election, トランプ優勢から劣勢に変わった理由。勝手に勝利宣言や開票中止主張でやりたい放題な大統領. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 人口により各州に一定数の選挙人(人数枠)が振り分けられ、州ごとに勝った候補が選挙人の全てを獲得するのがポイントです。感覚的には州ごとに誰を大統領にしたいのかを決めている感じ。合計538の選挙人がおり、その過半数の270を獲得した候補が勝つ!, ※各州にあてがわれる選挙人の数は、上院(すべての州に2人)と下院(人口に応じて1人〜53人まで)を足した数。例えばコロラド州は、選挙人の枠が9人。内枠は、上院2名分+下院7人分=9枠。コロラド州でバイデンに投票する人が多ければ、9という数字を全部バイデンがかっさらっていくことになります。トランプに票を入れている人がいても、バイデンの票の方が多ければ、コロラド州でトランプが獲得する選挙人数は0になるわけです。, 票の多い少ないではなく、選挙人の数をどれだけ多く取れるかが重要なので、票が少なくても大統領に選ばれるということが起きます。, これはよく陣取りゲームに例えられます。人口の少ない州にも発言権を与える制度であり、面白いといえば面白い方法です。, 【出典:https://solve.nationaljournal.com/battleground-states-in-the-2020-election/ 数字は選挙人の数】, 民主党が強い州はブルーステートと呼ばれ、主に北東部や西海岸沿いの州、5大湖の周辺。, 一見赤が多いのですが、比較的人口が少ない州が多くて、選挙人の数も応じて少なくなります。, 青でも赤でもない残りの州はスウィングステートと呼ばれます。勝敗は大体このスウィングステートで決まります。, 例えばコロラド州はスウィングステートで、民主党・共和党の支持者が半々くらいずついることになり、どちらに転んでもおかしくありません。今年はどっちが取るんだろう?, というのはあります。傾向的にはアメリカは有色人種がどんどん増えているので、長い目で見ると今後は民主党が有利になっていくということになります。, ・投票数で勝っても、選挙人制度により勝てないことが起こる。トランプ大統領がヒラリー候補に勝った時も起こっている。候補者がスウィングステートに力を入れてキャンペーンをする傾向が強くなる, ・選挙では広告宣伝したり移動費にお金がかかる。戦う期間も長いので、資金力のある候補が有利, 選挙人制度ではなく、投票数によって大統領を決定したほうがいいという意見もあるので、もしかしたら今後変わっていく可能性はあると思います。, 前回の大統領選の時にテレビで演説や開票中継を見ていたのですが、感想としてはお祭り騒ぎな感じがしました。, ヒラリー候補が勝つだろうと思っていたのですが、まさかの接戦でしたし、獲得票が多くても負けるという事が起きました。日本の友達からもアメリカどうなってるの?と沢山連絡が来た覚えがあります。, 大統領を選ぶ方法が実質は直接なので、選挙がとても身近なものに感じやすいなあと思いました。, 国民は自分達が大統領を選んだと感じやすいし、逆に大統領は国民から選ばれた!と感じやすそうだと思いました。, 日本の選挙はちょっと他人事というか、遠いというか、そんな感覚が私はありました。日本は国会議員が総理大臣を決めるので、ワンクッション置かれてますよね。, そういう意味ではアメリカの選挙はとても近いものです。選挙権が無い自分ですらそう思うので、ある人はもっと身近な感覚だと思います。, お笑いでも政治ネタはかなりやるので、そういう文化からも政治が身近なものという感覚があります。アメリカ人はこういう話とかネタが好きなんでしょうね。, アメリカに住んでいるとかこれから住むのであれば、例え選挙権がなくても移民政策は実生活に直結するので、ちょっと興味も出てくると思います。, 政治の話ってめんどくさいなあって思ったりもしますけど、共和党の大統領だったら、移民には厳しめな政策を取る傾向にあるので、ビザや永住権の手続きに時間かかるかもなあと予測出来たりします。なのでさらっとくらいは知っておいた方が良いと思います。, 移民の事意外にも医療のことや外交のことなど争点は色々ありますが、2020年は国内だけでなく日本や世界中から注目が集まりそうですね。, 結婚を機にアメリカに住むようになった30代。 もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!. アメリカ大統領選挙のシステムについて本で何度か読んでいるのですが、複雑でイマイチ頭に入らないんですよね・・。, とは言え2020年は選挙が控えていますし、アメリカに暮らしている以上、知っておいた方が良いことだと思います。, アメリカにはグリーン党とか、リバタリアン党とか多くの政党があるのですが、圧倒的に力を持っているのが民主党と共和党の2大政党です。, アメリカの大統領選は出馬表明から含めると約2年近くかけて行われます。ものすごく長いですよね。, 予備選または党員集会とは、党代表を選ぶプロセスの事をさします。大体はこの2つの事を合わせて予備選挙とまとめて呼ぶことが多いです。, どのようにして党代表を決めるかなのですが、党内で代議員数を獲得し合い、過半数を獲得した人が党の代表になります。, 選ばれ方は州や党により違うので複雑なのですが、投票(予備選挙)か話し合い(党員集会)で決めます。, この代議員という言葉がちょっとややこしくて理解するのに時間かかったのですが、予備選では党の代表を決めているんだなあ、とわかれば良いと思います。, 多くの州で予備選と党集会が開かれる3月のスーパーチューズデーはその山場。2020年は3月3日の火曜日にあたります。私が住んでいるコロラド州もこの日に行われました。, その間で支持率が低いとか期待が高まらないと資金を集められないので、勝ち目がないと思った候補は撤退していきます。2年とか長い期間を戦うには移動費とか宣伝費とかものすんごいお金かかりそうですよね!, 2020年は4月上旬にサンダースが撤退表明。民主党代表はバイデンに決定しました。選挙よりコロナという感じで、忘れられている感は否めませんでしたが・・。それよりもNYのクオモ知事がよくテレビに映ってました。, それまでに党代表同士で白熱した討論などが行われ、その様子がテレビで中継されたりします。, 彼らの衣服が赤とか青、白なんですよね。国旗の色、党カラーをあしらっていて、愛国心を煽るなあと思いました。, 有権者はどのように投票するかというと、投票用紙に政党名と名前が書いてあるので選ぶだけ(1つ)。, 各州に一定数の選挙人(人数枠)が振り分けられていて、勝った候補がその州の選挙人のすべてを獲得し、勝敗はその選挙人全体の半分以上を獲得することにより決まります。, 投票の仕方は間接的ですが、投票用紙でもダイレクトに候補者の名前を選んでいるので、実質は国民が直接選んでいることになります。(こちらについては次の項目で詳しく解説します). 2つの主義を同時に実現するために作られた制度なんだ。, アメリカという巨大な国を運営するには、「民主主義」と「連邦主義」の二つの柱が必要なのかもしれないね。. という風に、 「選挙人」が間接的に大統領を選ぶことを「選挙人制度」と呼ぶんだったね。, 「1票の格差」は、州によって国民1人当りの「票の価値」が変わってしまうことを指すよ。, そのうち、上院の議席数分の「選挙人」は、人口が少ない州も多い州も、絶対に最低「2人」が選出されちゃうんだ。, この表では、「カリフォルニア州」の国民の票は、「ワイオミング州」の国民の票に比べて、72倍も価値が低いということが分かるよね。, 上院の議席「2人」分の「1票の格差」は、人口差が広がれば広がるほど大きくなってしまうのか・・。, この表では、「モンタナ州」の国民の票は、「ロードアイランド州」の国民の票に比べて、1.83倍も価値が低いということが分かるよね。, 2014年の衆議院選挙で、「1票の格差」が最大2.13倍になってしまったために、2017年に「小選挙区の区割りを見直そう!格差を最大1.999倍までにしよう!」ということになってるよ。, 例えば、2016年の大統領選挙では、「クリントン候補」は「トランプ候補」よりも200万票近く多くリードしていたのにもかかわらず、「トランプ候補」が勝ってしまったよね。※1, 「一般投票で過半数の獲得した候補者は、すべての選挙人の票を獲得できる」というルールのことだよ。, ・獲得した票数は、B候補の方が多い(170万>142万)
2020 アメリカ 選挙制度 問題点