2020年9月11日公開の映画「ミッドウェイ」DVD/Blu-ray(ブルーレイ)発売日、DVDレンタル開始日がいつになるのか最新情報をお伝えします。, まだ公式発表がありませんので、収集したデータから予測しています。今までの流れだと・・・, 「インデペンデンス・デイ」「ホワイトハウス・ダウン」のローランド・エメリッヒ監督が、第二次世界大戦における重大な転機となったミッドウェイ海戦を、日米の映画スターを招集して描いた壮大な戦争ドラマ。, ミッドウェー海戦とは、1942年の日本時間6月5日から7日にかけて、アメリカのミッドウェー島付近で行われた激闘を指します。, この戦いで大日本帝国海軍は投入した航空母艦4隻とその搭載機約290機の他、戦艦2隻、重巡洋艦2隻等々戦力のほとんどを喪失し、戦死者は3000名以上。, 開戦前からすでに情報戦で掌握されていたとも言われ、太平洋戦争の戦局の現実が露呈した象徴的な作戦の一つです。, これまでにも何度も映画化されており、最も早いものだと1944年のアメリカ映画「ミッドウェイ囮作戦」があり、チャールトン・ヘストンと三船敏郎が出演した1976年の「ミッドウェイ」は本作の原案に当たります。, 邦画としては1953年の「太平洋の鷲」を皮切りに、空前絶後のヒット作となった「永遠の0」でも扱われた他、人気軍事漫画家かわぐちかいじの代表作『ジパング』でもその重要性が伺い知れます。, 本作は、そんなミッドウェー海戦を最新鋭の映像技術を以ってアメリカ側の視点からハリウッドらしく描いたドラマチック超大作。, 監督を務めるのは「デイ・アフター・トゥモロー」や「GODZILLA ゴジラ」「パトリオット」など数々の娯楽超大作を撮ってきた巨匠ローランド・エメリッヒ。, SFディザスター映画の第一人者であり、ハリウッドの破壊王とも呼ばれるエメリッヒ監督はアメリカを拠点に活躍中ですが、実は西ドイツ生まれのドイツ人。, そんな彼がかの有名な「インデペンデンス・デイ」の大統領演説を著したかと思うと受け取り手の趣も変わってくるでしょう。, 本作「ミッドウェイ」は真珠湾攻撃により大打撃を受けたアメリカ海軍の士気高揚から始まり、軍部と市井の3日間が大胆に描かれますが、太平洋戦争に対する当事者意識が薄れつつある日本人こそ、必見の視点であるかもしれません。, 併せて「トラ!トラ!トラ!」や、「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」の2部作、「ハクソーリッジ」等を鑑賞するのもオススメです。, アメリカ側の主なキャストは「美女と野獣」のルーク・エヴァンスや「アナベル 死霊博物館」のパトリック・ウィルソン、「ハンガーゲーム」のウディ・ハレルソン、「デッドプール」のエド・スクライン、「僕のワンダフル・ライフ」のデニス・クエイドなど。, 日本からは海軍大将山本五十六役で豊川悦司、人殺し多聞丸の異名を取った海軍中将山口多聞役で浅野忠信、そして司令長官南雲忠一役で國村隼が出演。, いずれも海外映画への出演実績も豊富な実力派揃いであり、本作の話題性と重厚感を高めるために一役買っています。, 最新作から名作まで120,000本以上を配信しています。 (エメリッヒ版に登場する國村隼扮する南雲も、いかにも悪役然としていて、山本や山口多聞(浅野忠信/こちらも好演!)らにとって頭の痛い存在として描かれています), 話を『太平洋の嵐』に戻すと、松林監督は僧侶の出身で、また実際に海軍に入隊して実戦の経験もあり、多数の戦友の死を目の当たりにしています。, そうしたキャリアによって、彼が手掛けた戦争映画は本作はもとより『人間魚雷回天』(55)『潜水艦イ―17降伏せず』『太平洋の翼』(63)『連合艦隊』(81)と、いずれも仏教的無常観に裏打ちされた運命論に包まれており、一方では海軍への愛情も隠すことはなく、さらには敗戦の責任は軍の上層部のみならず日本国民全員にあったということまで示唆しています。, 幾度か松林監督には取材させていただいたことがありましたが、彼は戦争そのものを否定しつつも“反戦”という言葉には違和感があるとのことで「あの言葉の奥には、どうも好戦的な匂いがするのです」と語ってくれたのが、今も脳裏にこびりついています。, ジャック・スマイト監督による1976年のアメリカ映画『ミッドウェイ』が、エメリッヒ版が登場するまでのミッドウェイ映画の総本山的存在であったといっても過言ではないかもしれません。, アメリカ建国200年を記念して作られた超大作という触れ込みで、チャールトン・ヘストン、ヘンリー・フォンダをはじめとするオールスター・キャスト、日本からも“世界のミフネ”三船敏郎を山本五十六役で招き(彼が山本を演じるのは『聯合艦隊司令長官山本五十六』『激動の昭和史 軍閥』に続いて3回目)、また重低音を駆使した音響“センサラウンド方式”を採用しての迫力は当時映画館dね体験した人でないとなかなか理解してもらえないかもしれません。 上原謙『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(60), ピーター・シンコダ『ミッドウェイ』(19) 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。, 第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦を、そのきっかけとなった真珠湾攻撃から描いて行きます。, ローランド・エメリッヒ監督が「撮影の最後3週間は日本映画だった」と語るように、日米両軍が同じ人間として、公平な視点で描かれました。, 本作では日本軍の実在する将校役を、豊川悦司、浅野忠信、國村隼という日本を代表する実力派俳優が演じています。. 峯島英郎『連合艦隊司令長官山本五十六』(68) パットモリタ『ミッドウェイ』(76)     『激動の昭和史 軍閥』 中原丈雄『聯合艦隊司令長官山本五十六』(11) 課金以外にも見放題も充実しているので、ヒマな時には流し見もオススメ ©2019 Midway Island Productions, LLC All RightsReserved. ジェームズ繁田『ミッドウェイ』(76) ジェームズ・ホイットモア『トラ・トラ・トラ!』(70) この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。. マコ岩松『パール・ハーバー』(01) ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) ネタバレ感想『ミッドウェイ』考察や評価レビュー. ジェームズ・キャグニー『太平洋紅に染まる時』(60), ブレナン・ブラウン『ミッドウェイ』(19) 龍崎一郎『トラ・トラ・トラ!』(70) 近藤洋介『大日本帝国』(82) 斎藤真『連合艦隊』(81) 島田正吾『あゝ海軍』(69) 山口明『大日本帝国』(82) ケーリー=ヒロユキ・タガワ『パール・ハーバー』(01) 『The Battle of Midway』(1942年。ミッドウェイ海戦)、『December 7th』(1943年。真珠湾攻撃)はいずれも、アカデミー短編ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 1942年5月末、入院のため降りたハルゼー中将に変わって就任したスプルーアンス少将の空母エンタープライズは、真珠湾の爆撃機も搭載してミッドウェイ沖で待機。この時点で、ミッドウェイ海戦の米軍勝利はほぼ確定的でした。, 6月4日。日本海軍の航空機隊がミッドウェー島を襲撃後すぐ、米軍戦闘機による反撃を受けます。待ち伏せと感じた空母赤城の南雲司令官は、艦載機の再兵装を指示。これがミッドウェイ海戦の勝敗を決定づけた要因の1つ「運命の5分間」(諸説あり)です。, 山口多聞(浅野忠信)の空母飛龍は、米軍潜水艦を発見し、駆逐艦「嵐」に撃沈を命令して他の艦は前進します。しかしこの「嵐」が飛龍隊への再合流を目指した時、運悪くマクラスキー少佐の米軍爆撃隊に見つかり、飛龍の場所が発覚します。, 空母加賀、空母蒼龍はマクラスキー隊等に爆撃されて炎上。空母赤城もディック・ベスト大尉の急降下爆撃を受けて炎上し、南雲中将は別の駆逐艦へ移動します。山口多聞の空母飛龍の航空隊は、米軍空母ヨークタウンに損害を与えます。, ミッドウェイ海戦に合流する山本五十六は、米軍を戦艦大和の前へおびきよせようとするが時すでに遅し。空母飛龍は、またしても米軍ベスト大尉の急降下爆撃でやられ、山口多聞少将は部下を脱出させた後、飛龍とともに沈みます。, 山本五十六はミッドウェイ海域からの撤退を決め、アメリカ軍の大勝利が確定します。南雲中将が他艦に移ったのは司令官だからかもしれないけど、山口少将のような優秀な指揮官がこのように命を簡単にたつから人材不足になるのだと感じます。, 初の日本本土空襲を成功させて中国に降りたドーリットル中佐たちは、その後無事に脱出して勲章をもらったようです。しかしドーリットル達を助けた多くの中国人たちは、日本軍により殺害されたそうで残念です。, 映画『ミッドウェイ』では、他にも日本軍による非人道行為がいくつも描かれています。海に落ちた米軍パイロットを銃撃したり、捕らえた米軍捕虜が情報を話さなかったので海に沈めたりもします。前者の行為を山口多聞が嘆いたのは救い。. 役所広司『聯合艦隊司令長官山本五十六』 エド・スクライン、パトリック・ウィルソン、ウディ・ハレルソン、マンディ・ムーア、ルーク・エヴァンス、豊川悦司、浅野忠信、國村隼、デニス・クエイド, 【作品概要】 店舗へ行く手間、延滞料、貸出中の心配が無い所気に入っています。 Midway (C)2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved. ロバート・ミッチャム『ミッドウェイ』(76) 山村聡『トラ・トラ・トラ!』(70) 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) 安部徹『激動の昭和史 軍閥』(70) 映画『ミッドウェイ』勝者も、敗者も、海に全てを捧げた。全米興行収入初登場No.1!『インデペンデンス・デイ』ローランド・エメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチを経て描く<日本の運命を変えた3日 … 田崎潤『ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐』(60), 増當竜也 Tatsuya Masutou 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 →日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!. 藤田進『トラ・トラ・トラ!』(70) 三橋達也『トラ・トラ・トラ!』(70) 映画『インデペンデンス・デイ』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『インデペンデンス・デイ』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『インデペンデンス・デイ』の動画配信状況は2019年5... ラストメッセージ「海はすべて覚えている」が全てを物語る。太平洋戦争の明暗を分けた戦い「ミッドウェイ海戦」を、日米双方の視点で描く映画『ミッドウェイ』をご紹介します。『インデペンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、20年のリサーチと最新の戦史研... 映画『パラダイス・ネクスト』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『パラダイス・ネクスト』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『パラダイス・ネクスト』の動画配信状況は2020年1月現在... 映画『PiCNiC』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『PiCNiC』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『PiCNiC』の動画配信状況は2020年5月現在のものになります。VOD(ビデオオンデマンド... 映画『哭声/コクソン』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『哭声/コクソン』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『哭声/コクソン』の動画配信状況は2018年5月現在のものになります。... 映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった... 全米興行収入初登場No.1!『インデペンデンス・デイ』の監督が、20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描く“日本の命運を決した3日間”。『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、日本の運命を決した歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映... 巨匠ローランド・エメリッヒ×日米豪華キャスト競演!巨匠ローランド・エメリッヒが構想20年・製作費120億をかけて、真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までを史実に基づき描いたスペクタクル超大作『MIDWAY』(原題)が2020年秋に日本公開されることが正式決定しました。... 映画インデペンデンスデイ|動画フル無料視聴!吹き替えや字幕版をレンタル DVDよ... 映画『ミッドウェイ』あらすじネタバレと感想レビュー。2020年公開のローランド・... 英語と日本語を交えながら、豊川悦司とパトリック・ウィルソンが緊張の糸を張り巡らせ、観客を本作の世界に引き込み, 自分の中で類似点を見いだせなかったので、最初にオファーをいただいた時はびっくりした, 物静かながら強い意思を見せ、しかしその奥底で揺らぐ山本五十六像を、豊川悦司が新たに生み出しました, 空母飛龍とともに沈みゆく事を選んだ山口の姿には、当時の日本人としての誇りが込められ, 岩井俊二映画『PiCNiC』動画配信フル無料視聴!Chara×浅野忠信の代表作を快適に見る, 彼がいかにして判断ミスを下してしまったのか、というのを糸口に私の想像を交えて演じてみました, 共演シーンがなかったアメリカ側の俳優たちも、初めて試写で日本のパートを観て感激していたんだ. 戦う男たちを真正面から捉えたのは、『インデペンデンス・デイ』(1996)のローランド・エメリッヒ監督。, 観客のド肝を抜く一大スペクタクル映像の第一人者が、20年に及ぶリサーチと新たに発見された日本軍側の貴重な資料をもとに、両軍に敬意を捧げて史実を再現。, キャストには、山本五十六、チェスター・ニミッツをはじめとした実在の人物を演じるために、ウディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、デニス・クエイド、アーロン・エッカート、豊川悦司、浅野忠信、國村隼など日米の実力派俳優が集結しました。, 戦争の早期終結を狙う山本五十六連合艦隊司令官(豊川悦司)の命により、山口多聞(浅野忠信)や南雲忠一(國村隼)がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けました。, 大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツ(ウディ・ハレルソン)を立てます。, 両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画。, 一方、真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍は、情報部のレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)がその目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭けます。, そして遂に、アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック(エド・スクライン)率いる上空から攻撃をする戦闘機の空中戦と、山口艦長や南雲艦長率いる海上からの戦艦の砲撃の壮絶な激突へのカウントダウンが始まり…。, 本作で日本軍の実在する将校を演じたのが、豊川悦司(山本五十六海軍大将)、浅野忠信(山口多聞少将)、國村隼(南雲忠一中将)という日本を代表する3人の俳優。, 本作冒頭の、パトリック・ウィルソン演じるレイトン少佐が駐日大使館付き武官補として来日し、山本五十六と交流したことが再現される場面では、英語と日本語を交えながら、豊川悦司とパトリック・ウィルソンが緊張の糸を張り巡らせ、観客を本作の世界に引き込みました。, 豊川悦司は、本作で山本五十六役としてオファーが来た当時のことを、「ほとんどの日本人が知っている、歴史上の素晴らしい人物。(そんな方と)自分の中で類似点を見いだせなかったので、最初にオファーをいただいた時はびっくりした」と語っています。, 役作りについては、「色んな文献の他に、偉大な大先輩方が過去に山本五十六を演じているので、どのように役に対峙していったのかを見られたのがよかった」と振り返りました。, 役への真摯なアプローチが形となり、物静かながら強い意思を見せ、しかしその奥底で揺らぐ山本五十六像を、豊川悦司が新たに生み出しました。, 慎重に事を進めようとする山本五十六に意見し、上司である南雲忠一(國村隼)の戦略にも反発します。, 好戦的で計算高い人物かと思わせる佇まいの山口。浅野の怪演もあって、何を考えているか読めない、不気味な人物に見えます。, 全ては日本のため、天皇のため、そして、未来を作る若者のために、彼は戦の道を進んできたんです。, 空母飛龍とともに沈みゆく事を選んだ山口の姿には、当時の日本人としての誇りが込められていました。, 浅野忠信は、「多聞さんは、最後まで冷静に生きた人で尊敬している。インターネットでも、彼の事は色々調べました」と語っています。, ナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』(2017)では、得体の知れないよそ者を、セリフに頼る事なく体現した國村。, 本作では、軍人としての信念と、その信念が揺らぐさまを、目の動き一つで伝えてくれました。, 日本の命運を決定することになった南雲の戦略について國村は、「彼がいかにして判断ミスを下してしまったのか、というのを糸口に私の想像を交えて演じてみました」と語っています。, 國村のその想像力が、南雲の輪郭を明らかにし、本作に更なるリアリティを与えていました。, エメリッヒ監督は初体験となった日本人キャストへの演出について、「通訳を介しての演出だから難しい面もあった。言葉が分からない撮影で、その都度、日本のアドバイザーに良かったかどうか尋ねるんだ。でも良い演技は感覚的に分かったよ」と手ごたえを感じたといいます。, 「共演シーンがなかったアメリカ側の俳優たちも、初めて試写で日本のパートを観て感激していたんだ」と絶賛。, エメリッヒ監督が20年に及ぶリサーチを経て「日本の立場を理解し、正しく戦争を描いた」という本作。, Tags : アメリカ映画 / キノフィルムズ / ローランド・エメリッヒ / 2020年公開 / 木下グループ, 映画『蜜蜂と遠雷』ネタバレ感想と評価。ラストのコンクール結果までを石川慶監督が青春群像劇として昇華!, 恩田陸の小説が原作の『蜜蜂と遠雷』が2019年10月4日に公開されました。 2017年、直木賞と本屋大賞の2冠という快挙を成し遂げた恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』。 「構想12年、取材11年、執筆7年」。 …, 映画『ブレス しあわせの呼吸』は、9月7日(金)角川シネマ有楽町他全国ロードショー。 1950年代に首から下が全身マヒという状態で余命宣告を受けたロビン。そんな彼が妻ダイアナや家族とともに笑顔に満ちた …, A24映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』あらすじネタバレと感想。タルボットとフェイルズからの地元へのラブストーリー, A24映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ』をいち早く紹介! 映画『ラスト・ブラック・マン・イン・サンフランシスコ(原題:The Last Black Man in San Franc …, 映画『帰れない二人』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャジャンクーが描く時代が生んだ悲劇, 激動の時代を生きた男と女の18年間。 変わりゆく生活の中で変わらぬ思いとは。 2018年製作、中国・フランス合作映画『帰れない二人』は、中国の激動の時代を生きた男と女の18年間を描いた人間ドラマ。 2 …, 映画『ドッグマン』あらすじと感想。実話を基に結末まで説得力のある人間関係の闇を活写!, 映画『ドッグマン』は2019年8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国ロードショー! イタリアの片田舎で犬のトリミングサロンを営みながら、平穏に暮らしていたマルチェロ。しかし一方で彼 ….
2020 ミッドウェイ 映画 2020