財団法人ロッテ国際奨学財団は、公益財団法人ロッテ財団としてスタート致しました。 財団紹介. 一般社団法人日本プロ野球名球会(にっぽんプロやきゅうめいきゅうかい、英名: Golden Players Club)は、日本のプロ野球でプレーした選手および元選手による法人格をもった団体である。 通称:名球会(めいきゅうかい)。現在の理事長は山本浩二、顧問は長嶋茂雄と王貞治。 財団紹介. 財団紹介 情報公開; 財団メールアドレス変更のお知らせ zaidan.lotte@lotte-hd.co.jp. 一般社団法人日本プロ野球名球会(にっぽんプロやきゅうめいきゅうかい、英名: Golden Players Club)は、日本のプロ野球でプレーした選手および元選手による法人格をもった団体である。通称:名球会(めいきゅうかい)。現在の理事長は山本浩二、顧問は長嶋茂雄と王貞治。, 1978年7月24日に設立された。当初の入会条件の中に昭和生まれであることが規定されていたため「昭和名球会(しょうわめいきゅうかい)」とも呼ばれていたが、現在は記録と実績で入会資格の条件を満たせば平成生まれも入会が認められる[1]。, 2009年11月に金田正一が代表と会員を退いたが、これは金田のワンマン運営と金銭関係の不透明さに不満を感じた一部会員のクーデターが原因であると報じられた[2]。金田の退陣後、名球会事務所は金田の個人事務所「カネダ企画」内から東京都中央区京橋のビルに移転した[3]。, 1978年7月24日に、任意団体として発足。発足時の会員は18名で、投手は稲尾和久、梶本隆夫、金田正一、小山正明、鈴木啓示、皆川睦雄、村山実、米田哲也の8名。野手は江藤慎一、榎本喜八、王貞治、高木守道、土井正博、長嶋茂雄、野村克也、張本勲、広瀬叔功、山内一弘の10名。その後1981年9月8日、税法上の理由から株式会社として法人化し「株式会社日本プロ野球名球会」に改組(代表取締役は金田正一、取締役は王貞治、長嶋茂雄)。その後2010年10月15日に一般社団法人として現組織を設立(理事長は王貞治、副理事長は柴田勲、理事は鈴木啓示、長嶋茂雄、東尾修、山田久志、山本浩二)。株式会社としての法人は、2011年2月12日の株主総会で解散した[4]。2014年12月、新理事長に山本浩二、副理事長に柴田勲と古田敦也、顧問に長嶋茂雄と王貞治の新体制が発足した[5]。, 「社会の恵まれない人達への還元と日本プロ野球界の底辺拡大に寄与する」ことを目的に、国内外で少年野球指導や支援をはじめとする野球の普及促進および社会貢献、講演などに積極的に取り組んでいる。, 2017年4月20日にバンダイナムコゲームズから発売されたニンテンドー3DS専用ゲームソフト「プロ野球 ファミスタクライマックス」では、ドリームペナントをクリアすると名球会会員の選手だけを集めたチームが使用可能になる。, 名球会は、以下の入会資格を満たした上で、入会の意思を表示すれば入会が認められる。参加はあくまで任意で、入会するかどうかは本人の意思による。国籍は問わず[6]、入会資格を満たして入会の意思を示せば外国人選手・元選手も入会できる。, 「NPBでの記録をスタート地点とする」とは、NPBの球団を退団して以降のMLBの成績に限って合算されるという意味である。このことを強調するために、NPBの球団に入団する以前のMLBの成績を合算するのは「日米通算」ではなく「米日通算」と便宜上表現することがある。例えばアレックス・ラミレスは、2012年に米日通算での2000安打を記録したが入会資格とは認められず、2013年にNPBのみでの通算2000安打を達成して初めて入会が認められた。, 韓国プロ野球や台湾プロ野球、日米の独立リーグなど、NPB・MLB以外の記録は含まれない。, 外国人選手もこの条件を満たして入会の意思を表示すれば入会を認めることを当時から公表していた。, 2003年12月、投手の分業化やメジャーリーグに入る日本人選手が増えたことを受け、通算250セーブ以上でも入会を認めることと、記録は日米通算(NPBとMLBの成績を合算)とするという入会資格の拡張が決定した。, 2003年の規約改正は、MLBに移籍することでNPBでの記録が伸ばせなくなる日本人選手の救済を意図していたが、思わぬ選手たちにも入会資格を与えることになってしまった。すなわち、MLBで十分な実績を残してから来日して日米通算2000安打に到達したウォーレン・クロマティ、ロイ・ホワイト、マティ・アルー、ラリー・パリッシュ、フリオ・フランコさらにはMLBのみで通算2000安打(ゴセージのみ250セーブ)をクリアしてから来日してNPBで日米通算2000安打以上の記録をさらに伸ばしたウィリー・デービス、トニー・フェルナンデス、レジー・スミス、ビル・マドロック、リッチ・ゴセージの合わせて10名である。, 彼ら10名はいずれも入会の意思を示さなかったため入会には至らず、表立って話題になることはなかったが、10名の入会資格が2003年の規約改正の目的から外れたものであることは明らかだった。, 2012年、彼ら10名の資格を喪失させるために「名球会の入会資格においては、米日通算と日米通算とを区別する」ことが決まり、日本プロ野球での記録をスタート地点とするとの文言が入会資格に追加された。なお、この規約変更後に米日通算の2000安打を達成した選手としてはアンドリュー・ジョーンズやアレックス・ラミレス、ホセ・ロペスがいる。, また平成生まれのプロ野球選手の誕生により、併せて生年による制限も昭和以降生まれに改定された。, 2010年代半ばに入ってから、ローテーション制度の確立などの要因により他の資格と比べて「通算200勝」の達成が困難であると指摘されている[8][9][10]。2018年にも「(NPBのみでの)通算200勝は『絶滅危惧種』」と言及する記事が書かれている[11]。, また先発とリリーフの両方で活躍した投手が入会資格を満たすことが難しいという問題点が指摘されることもあり、解決策として、勝利数とセーブ数を合算することが検討されたこともある[12]。実際に、大野豊(148勝138セーブ)、斉藤明夫(128勝133セーブ)、小林雅英(日米通算40勝234セーブ)、斎藤隆(日米通算112勝139セーブ)、上原浩治(日米通算134勝128セーブ)、藤川球児(日米通算56勝243セーブ、2019年終了時点)、デニス・サファテ(27勝234セーブ、2019年終了時点)は、勝利数とセーブを合算すると250以上となる。, 上記の通り、平成以降は投手の新規入会が野手よりも少ないことや、大谷翔平のような二刀流でプレーする選手が出てきたこともあり、2019年12月10日(現地時間。日本時間11日)、ハワイのホテルでの総会において、入会資格をいずれも満たしていない選手の入会を認める「特例枠」の創設が決議された。今後、理事会にて推薦を受けた選手が総会に諮られ、会員の4分の3以上の承認を得られれば入会が認められることになった。2019年の総会後の懇談会では、上原浩治、五十嵐亮太、大野豊、斉藤明夫の名前が挙がったという[13][14]。, 新たに入会した選手に、歓迎の意を込めて先輩会員が名球会ブレザーを着せる「名球会ブレザー贈呈式」が行われている。以前は記録達成時の試合終了後に記者会見を開いたうえで行われていたが、現在は試合開始前の連盟表彰時などに行われる。, 会員の構成と通算成績は次の通り。備考を除くデータはいずれも2019年シーズン終了時点。勝利数及び安打数は入会資格判定に用いられる日本プロ野球での記録をスタート地点とする分のみを表示。最終所属球団はNPB及びMLBの球団のうちでの選手としての最終所属球団(マイナーリーグやその他のリーグの球団を含まない。またイベントのための1日契約などの実働性のない特殊な事例も含まない)。, 太字は現役選手。◎は発足時からの会員。△は日米通じての達成者。☆は日本野球殿堂入り。◇は永久欠番保持者。★は名誉会員(故人)。□は現役時代同じ球団に一貫して所属した人物(現役選手も含む)。#はNPBの一軍監督経験者。○は一軍監督としてのリーグ優勝経験者。●は現在NPBに監督またはコーチとして在籍する人物(選手兼任も含む)。, 1978年の設立以来の「社会の恵まれない人達への還元とプロ野球の底辺拡大に寄与する」という目的に向かって「野球振興」と「社会貢献」という2つの分野において、継続した活動とともに社会情勢に対応した新しい活動に積極的に取り組んでいる。, 「プロ野球の底辺拡大に寄与する」ことを目的とする分野では、子どもの頃から野球に親しみ自らプレーを楽しむ人々を増やし、プロ野球ファンの拡大と惹いてはプロ野球選手を目指す人々のモチベーションアップに繋がるべく、会員の影響力が強くおよぶ少年野球への指導・支援に力を入れている。, 全国各地で、自治体、教育委員会、少年野球チーム、企業などからの依頼に応じて、まず野球に興味を持ってもらうために、野球に親しみ体験できる「名球会ベースボールフェスティバル」を行っている。そこでは、会員が体験指導する投球や打撃、守備に真剣に向き合っている子どもとともに、応援にきた兄弟、両親、祖父母が、それぞれの時代のヒーローに会える場としても楽しまれている。野球がうまくなりたい少年少女に、会員が直接指導する「名球会野球教室」が行われている。そこでは、投球、打撃、守備のエキスパートが、子ども一人ひとりに声をかけ、コミュニケーションをとりながら指導が行われている。最近では、グローバル化の進展にともない、海外で野球を楽しみ普及活動をしている方々からの依頼もあり、現在はアジアの国々(台湾、韓国、フィリピン)に会員が出向いて、現地で少年少女への指導・支援も行われている。このほかにも、「名球会杯」と名前の入った少年野球大会の開催支援や野球用具の不足している地域の子ども達への用具の寄贈。また、グランド以外でも児童生徒、少年野球チーム、少年刑務所受刑者などの方々へ、会員自らの経験にもとづいた講演を行い夢にチャレンジする勇気を伝えている。, 1980年代には「gpc」ブランドの野球用品を展開し、プロ野球でも田淵幸一等が使用していた。以降もデサントが名球会のユニフォーム支給等をサポートしている。90年代までは胸にペガサスロゴ入り、白地のタテジマユニフォームを野球教室で着用した。, 「社会の恵まれない人達への還元」を目的とする分野では、誰もが安全に安心して野球を楽しめる、よりよい社会づくりへの貢献を目指し、社会的弱者の方々への支援活動を中心にしながら更に幅を拡げた活動を行っている。, 設立当初より、名球会と会員の抜群の知名度を活かして、チャリティイベントを行い、集められた浄財を寄付している。よく知られているイベントとしては、年末テレビでも放送される「名球会チャリティゴルフ大会」があり、そこで集められた浄財は地元の社会事業団へ寄付されている。最近では、2011年3月11日に起きた東日本大震災の被災者支援のためのトークショーや講演会を開催し募金活動を行っている。これら以外にも多くのチャリティイベントを行い、点字図書館や日本赤十字社などへの寄付活動を継続的に行っている。直接的な支援活動として、2012年5月から、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災者の暮らす仮設住宅を会員が訪ね、交流を図る“心のケアー”活動を国連の友Asia-Pacificと共同で継続して行っている。2012年7月に、国際親善という観点から韓国において、韓国プロ野球OB会「一球会」と共同で、聴力障害を持つ少年達への野球クリニックと日・韓プロ野球レジェンドマッチを行い韓国の野球ファンを楽しませている。また、記念事業や研修時の要望に応じ、地域住民、自衛隊員、企業人の方々へ、選手、監督として経験した記録や勝負、采配にまつわる話など多くの講演を行い教訓を伝えている。, 「週刊ポスト」2009年12月4日号掲載記事(34-38ページ)では、11月12日に旧事務所からの移転作業を開始したこと、および、11月15日に会員や関係者へ移転通知が届けられたことを報じた。, 名球会創設時の会員に、王貞治や張本勲など日本国籍を有さない者がいることによるもの。, 近鉄球団がオリックスへの統合で消滅した際、本人の申し出もあり、永久欠番は失効している。, 本名は韓国名の「張 勲(チャン・フン)」だが、日本名かつ登録名の「張本勲」で登録されている。, 旧名(戸籍上の改名の有無は不明)は「和弘」だが、登録名の「一弘」で登録されている。, 現役後期から監督時代に登録名を「道世」と改名していたが、本名の「通世」で登録されている。, 本名の苗字は旧字体の「谷澤」とみられるが、登録名では常用漢字の「谷沢」を使用している(, https://www.zakzak.co.jp/amp/sports/baseball/20170117/bbl1701171700004-a.htm, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/11/kiji/20191211s00001173257000c.html, “名球会「特別枠」で今後入会が予想される候補 大野豊、三浦大輔、高橋慶彦、山田哲人ら”, https://hochi.news/articles/20191212-OHT1T50013.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本プロ野球名球会&oldid=80347694. 情報公開. (株)ロッテHD 本年4月1日、(株)ロッテホールディングス(hd)の子会社である(株)ロッテ、ロッテ商事(株)および(株)ロッテアイスの3社は合併し、(株)ロッテを吸収合併存続会社とする新会社が誕生するが、その新会社の経営体制が次のとおり発表された。(役職の後は担当等、カッコ内は前職)。 情報公開. ロッテノベーション本部中央研究所アイス研究部長、上席執行役員、中央研究所長芦谷浩明 営業本部近畿統括支店営業推進部長、柳井基幸 総務部長(営業本部近畿統括支店営業推進部長)高崎誠司
2020 ロッテ 役員 名簿