アルゼンチンの首都・ブエノスイアレスは、ヨーロッパ調の町並から、“南米のパリ”と呼ばれます。ラプラタ川沿いに位置する、この首都の人口は、約540... 風の大地・パタゴニア スペイン語で「焼かれたもの」を意味して、無骨な鉄網か焚火で焼きます。. アルゼンチンの代表的な焼肉料理「アサード」. アサードは、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの国民的な伝統料理です。. アサードは、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイの国民的な伝統料理です。スペイン語で「焼かれたもの」を意味して、無骨な鉄網か焚火で焼きます。どちらも共通していることは、熾火のように弱い火で遠赤外線で長時間かけて焼く点が、ブラジルのシュラスコ(シュハスコ)との違いです。味付けは岩塩を振りまくだけで、何時間もじりじり焼きます。岩塩だけとは思えない深く洗練された味の秘訣は、アルゼンチン人の肉への愛と、大草原パンパで放牧されて育った高品質な牛によるものです。 日本人にはあまり馴染みのない言葉ですが、アルゼンチンの代表的な焼肉料理として知られています。. アサード(スペイン語: asado)とは、パラグアイやウルグアイやアルゼンチン、チリで食される、焼肉料理である。アサードはスペイン語で「焼かれたもの」を意味する 。 お肉以外でアサードで焼かれるものは、「サルシーチャ」や「チョリソー」というソーセージや、「チンチュリン」という小腸、「モルシージャ」という血のソーセージです。野菜を焼く習慣はないので、鉄網の上には、肉だけがずらりと並びます。 アサードとは「ロースト」と言うスペイン語に由来する言葉。. お店によって味は全... 〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-35-9 MHビル5F TEL/03-5305-3788 FAX/050-3737-8047 e-mail/info@andina-travel.com 東京都知事登録旅行業 第3-6512号 / 全国旅行業協会(ANTA)正会員. 焼き始めてから実際に食べるまでは3、4時間かかるのは普通ですので、本来のアサードは食べるという目的の以前に交流の場としての役割が大きいのです。 どちらも共通していることは、熾火のように弱い火で遠赤外線で長時間かけて焼く点が、ブラジルのシュラスコ(シュハスコ)との違いです。. ペリトモレノ氷河 アサードは大きな肉の塊を炭や薪で焼く豪快なアルゼンチン式バーベキューのことで、味付けは岩塩のみ、もしくは岩塩と胡椒のみ、ときわめてシンプルだ。 アメリカ合衆国では、マイアミのキューバ料理店やカフェのランチカウンターで食べられる。 アルゼンチン伝統料理「アサード」とは. お肉好きのアルゼンチン人の、アサード(焼肉)の友です。アルゼンチンは世界有数のワイン生産国で、特にメンドーサにはワイナリーがたくさんあります。 アルゼンチンでは、夕食の時間が遅く、夜10時頃に食べます。 牧童“ガウチョ” アサードは、アルゼンチンのブエノスアイレス周辺から始まった焼肉です。 アルゼンチンでは“食”といえば、「牛肉(カルネ)」です。 アルゼンチン人は肉への情熱がとてつもなく熱く、「アサード」と呼ばれるオリジナルな焼き肉を生み出しました。 アルゼンチン料理について アルゼンチン料理ってどんな料理? アルゼンチン料理の中心は牛肉。炭火で豪快に焼いて食べる定番のアサードをはじめとした肉料理のメニューが豊富です。ピザ、パスタ、パン類といったヨーロッパ系の料理もよく食べられます。 セロトーレ峰 フォトギャラリー:TOP 欧米ではアルゼンチン産の牛肉はトップ・ブランドとして人気で、多くのアメリカのレストランはアルゼンチンから高級肉として牛肉を輸入しています。畜産国として有名なアメリカは自国の肉は日本に輸出しておきながら、自分たちはアルゼンチンから輸入して食べているのです。, アサード専門店を始め、牧場(エスタンシア)でアサードを食べるのがツーリストにとって一般的ですが、アルゼンチンの人々は各家庭や仲間同士で行います。週末の重要なイベントなので、庭のある家庭ではだいたいアサードの巨大な設備を備えているものです。 ==★チャンネル登録はこちらをクリック★== たとえ海岸線で海産物を取っても冷蔵技術の無い時代には、内陸に運ぶことは不可能であったのでしょう。最初のスペイン人たちは黄金を求めてやって来たので、そもそも海岸線での生活に興味もありませんでした。 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 南米大陸の南端部に位置するパタゴニアは、アルゼンチンと... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは ガウチョが独立のシンボルとして賞賛されるなかで、「アサード」という食文化はアルゼンチン中に広がりました。, 「アサード」は、アルゼンチンの人々にとって、どれほど大切な食事であるかも、歴史を踏まえると理解できるでしょう。, https://www.youtube.com/user/AndinaTravelJP/ これはスペイン統治時代の影響が大きいでしょう。, ヨーロッパの大西洋側から上陸したヨーロッパ人は、ブエノスアイレスを基点にアルゼンチン各地に散らばって行きました。チリ国境までほとんど山脈の無いアルゼンチンで、スペイン人は西へ西へと800キロ進んでも大草原が広がっていました。 パタゴニア南部氷原... “南米のパリ”ブエノスアイレス English version Copyright © 2020 南米・パタゴニアの専門旅行社 | アンディーナトラベル All rights reserved. アルゼンチン独立から移民が押し寄せる時代にかけて、大草原パンパで牛を追っていたのが牧童「ガウチョ」です。巨大な牧場では杉並区ほどの大きさの牧場で、数千頭の牛を追いながら生活していたガウチョは、アルゼンチンの食生活を支え、アルゼンチン独立の時代には一大勢力として独立に寄与しました。 アルゼンチンとは異なり、アサードの前菜としてだけではなく、付け合わせとしても食べる。 アメリカ合衆国. このことから、牧童「ガウチョ」はアルゼンチン独立の象徴なのです。「アサード」という焼肉も、本来はガウチョ達が草原で野営をしながら、肉を焼いていたのが始まりです。 →→→ http://bit.ly/38DHeGc. フィッツロイ山群(アルゼンチン) その後、アルゼンチン独立前後から、牛の放牧が盛んになり、広大な草原パンパはお金になることに多くの人々が気づき、アルゼンチン政府の開拓政策により内陸の草原は隈なく分割されて、移民に配られました。スペインやイタリアを始め、ヨーロッパ各地から大量の移民が押し寄せた時代です。首都ブエノスアイレスは南半球で最も栄えた都市として数十年ほど繁栄を極めます。 パタゴニアとは、南米大陸の南端部、アルゼンチンとチリの両国にまたがる広大な地域の総称です。 魚のアサードはラプラタ川のごく一部で食されますが、肉のアサードのような洗練された味はないので、アサードといえば「肉」と考えるべきでしょう, アルゼンチンの大半で食されているのは、牛のアサードです。様々な部位を食べますが、なかでも最も人気なのは、サーロイン(ビフェ・デ・チョリソ)でしょう。ヒレ肉(ビフェ・デ・ロモ)、リブロース(ビフェ・アンチョ、またはオホ・デ・ビフェ)も人気です。, アルゼンチンの草原の大半で飼育されるのが牛ですが、南緯40度以南のパタゴニアでは、その厳しい乾燥気候から、牛よりも羊の多い土地となります。高級でありますが、羊のアサードは、アサードの頂点というべき存在です。ブエノスアイレスなどの都会で食べることもできますが、冷凍で輸送することで、また美味しい肉はパタゴニアで消費されてしまうことから、基本的には羊のアサードはパタゴニアで食べるものです。, パタゴニアだけに自生するコイロン草を食べた羊のアサードは、世界で注目されています。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 ※下記は、「羊のアサード」の記事集です。, アルゼンチンは約300km以上もの長大な海岸線を持っているのに、魚を食べることがほとんどない国です。 JavaScriptの設定を有効にしてご利用ください。無効の場合、当サイトを正常にご利用いただけない場合があります。, 2018年に輸入解禁となったアルゼンチンの牛肉。市場に出回るまでに時間がかかったが、ついに取り扱い始めた店が!昔、アルゼンチンの地で牛肉の味に魅了された旅行作家の石田ゆうすけさんが、渋谷へと向かいます。日本で食べるアルゼンチン牛の味はいかに......。, 肉が世界一旨い!と旅人から絶大な支持を受けているアルゼンチン。この国の牛肉は、赤身がちなのに軟らかくてジューシーで、成長ホルモン剤不使用の安全な肉だ。「ホルモン剤はこえーから」とアメリカ産牛肉を80年代から禁輸しているEUの厳しい基準もクリアして、この30年間EU諸国に輸出され続けている。一方、日本は「口蹄疫がこえーから」とアルゼンチン産牛肉を受け入れてこなかった。ところが、口蹄疫が出ていないパタゴニア地方の肉は「全然問題ないがな」ということになり、2018年からとうとう日本も輸入を始めたのだ。世界一周中にアルゼンチン牛の虜になった僕には、それだけでもヒャッホウ!と腕を突き上げたくなる事態なのだが、その牛肉をアルゼンチンの国民的料理、「アサード」で出してくれる店が渋谷の神泉にあるというのだ。ワッショイワッショイ!, 喋らなければイケメンの若手熱血編集者、大治朗くんが鼻息を荒げながら詰め寄ってきた。「石田さん!これは自分たちの舌で本物のアサードかどうか確かめてみるしかないでしょ!いましかないでしょ!」僕がアルゼンチン牛は旨い!とさんざん焚き付けたから、いつにもまして熱苦しい。でも確かにそのとおり。いくらアルゼンチン牛といえど、日本に入ってきたものがうまいかどうかは、実際に食べてみなくちゃわからない。ようし、まずは一般客として、ふたりでその店に行ってみよう。神泉の「コスタ・ラティーナ」へ!, 何品か食べて、僕たちは頷き合った。決まりだな。どの料理もよかったが、やはり看板商品のアサードが群を抜いていた。みずみずしく光る肉塊は、軟らかくてジューシーで、淡泊なのに味が濃くて、ああ、これだ、アルゼンチン牛だ、これを毎日のように食べていたんだよ、と懐かしく思った。初めて食べる大治朗くんも、目にスケベな光を浮かべ、ニヤニヤ笑っている。ほんと旨いから!と連呼していた僕の面目もどうやら保たれたようだ。, ただ、これはアサードじゃないな、と思った。アサードは大きな肉の塊を炭や薪で焼く豪快なアルゼンチン式バーベキューのことで、味付けは岩塩のみ、もしくは岩塩と胡椒のみ、ときわめてシンプルだ。アルゼンチン大使館の人たち曰く、最近はローズマリーなどハーブを炭に入れたり、数種類の木を燃やしたりして、肉に香りをつけるといった凝った流れもあるそうだが、味付けはやはり岩塩だけらしい。毎週末アサードをやるという人が珍しくない国だ(誇張だと思われないように遠慮して「珍しくない」などと書いたが、実際は国民の“大半”が毎週末やっているように見えた)。そんな肉のスペシャリストたちが、いろいろ試した結果、岩塩を振ってグリル、という形に落ち着いたわけだ。, ところが、「コスタ・ラティーナ」のアサードは、肉がソースのようなものに浸かっていた。肉汁をたっぷり含んだ、甘い香りを放つソースだった。おそらく、彼らアルゼンチン人から見れば、肉のアマチュアであろう日本人の舌に合わせ、わかりやすい味にアレンジしたのだろう。本場とは多少形は違えど、これはこれで旨いのだから、たいした問題じゃないと思えた。食事を終え、会計をした後、大治朗くんが取材の申し込みをした。アルゼンチン人らしき店主は、特に拒むこともなく、澄ました顔で承諾してくれた。, 後日、夜の営業前に取材に行った。店主の前浜ディエゴさんは祖父が日本人で、1991年に日本に来たらしい。職を転々としたが、食べることと人と話すことが好きで、飲食業界に入り、2000年に「コスタ・ラティーナ」を大井町にオープンした。直訳すれば「中南米海岸」という名が示すとおり、当初はアルゼンチン料理ではなく、中南米全般の料理を出していたが、どちらかといえば飲むほうを主体としたバーだった。, ところが、2004年、土地の再開発の憂き目に遭い、ここ神泉に移転することになった。店を再オープンする前に調査してみると、この町に来る客層はどうやら“食事を楽しむ大人”のようだ。じゃあ本格的な料理を出そう。やるなら自国の料理で行こう。そう考えたものの、日本人に馴染みの薄いアルゼンチン料理で勝負するのは勇気が要った。決断に至れたのには、理由があった。「新しい店は、構造的に炭を使ってアサードができそうだ、とわかったんです」やっぱり、アサードなのだ。先日会ったアルゼンチン大使の話が思い出された。大使の家は首都ブエノス・アイレスにあり、マンションなのでアサードはできないのだが、郊外に一軒家を持っていて、毎週末のようにそこへ行ってアサードをやっていたらしい。思わず笑ってしまった。そりゃもうアサードのための別荘じゃないですか。そう言うと大使も笑っていた。ディエゴさんも店で出す前は、プライベートでしょっちゅうアサードをやっていたらしい。「日本では塊の肉がなかなかないから、仕方なく焼き肉用の肉でやってました。アルゼンチン人はとにかく煙を浴びたいんです(笑)。やる場所もないから駐車場でやっていました。大家さんも呆れていましたね」, 今回ようやく念願が叶って、アルゼンチン産牛肉のアサードも出せることになったが、牛肉はまだまだ値段が高いらしい。ただ、味はほかの輸入牛肉と比べるとやはり違うそうだ。「牧場が品質を上げる努力をしているんです。肉にうるさいアルゼンチン人にはごまかしが効きませんから。日本でまずい魚を売ったら信用が落ちるでしょ」わかるなぁ。アルゼンチンでは「今日の肉はイマイチだな」と思うようなことは一度もなかったし、前回ここで試食したアルゼンチン牛のアサードも抜群だった。, そういえば、と思い出した。「ここはアサードにソースをかけるんですね」「ソース?かけませんよ」「えっ?」「アルゼンチンのアサードと同じです。味付けは岩塩と胡椒だけです」「ええっ!?」僕がソースだと勘違いしたのは、どうやら、肉塊がカットされた際にあふれた肉汁だったらしい。あの芳香は肉からだったの? 「バーベキューって簡単な料理だと勘違いされるけど、そうじゃない。炭選びから大変なんです。肉に合わせて選ぶんですが、これといった炭がなかなかない。備長炭は高級だからいいと思っている人が多いけど、アサードには向きません。肉の旨味が出ないんです。30種類ぐらい試して、やっと理想的な炭に出会えました」“バーベキュー大国”の叡智を受けた男の表情には、自信と威厳がみなぎっていた。――つづく。, 赤ちゃんパンダが2年に一度生まれている南紀白浜出身。羊肉とワインと鰯とあんみつと麺全般が好き。著書の自転車世界一周紀行『行かずに死ねるか!』(幻冬舎文庫)は国内外で25万部超え。ほかに世界の食べ物エッセイ『洗面器でヤギごはん』(幻冬舎文庫)など。, dancyu会員のみなさまには、会員限定のイベントなどお得な情報をいち早くお届けします!, 18:00〜翌3:00(L.O.)、土曜・日曜は12:00〜14:00(L.O)のランチ営業あり. アルゼンチンでポピュラーな食事のスタイルとして、「アサード」と言われるものがあります。 要するに肉を炭火で焼いたシンプルな料理ですが、ホームパーティなどでしばしば供されます。 日本で言うバーベキューパーティみたいなものでしょうか。 Englsih version 「アサード」はアルゼンチン流のバーベキューの事で、塩で味付けした牛肉を豪快に金網の上で焼いた料理です。アルゼンチンでは、友達をパーティーに招く際などは、「アサードしよう!」と言われるほど、パーティーには欠かせない食事です。 食事のメインはお肉というのがアルゼンチンの常識です。全国民がそれだけ肉に全神経を集中しているからこそ、完成度の高い「アサード」という食文化が生まれたのでしょう に関する基本方針, アルゼンチンの代表的な焼肉料理「アサード」. Young birds of Frigatebirds in Galapagos islands, Photography Exhibition “The Dynamic Earth: SOUTH AMERICA”, Akira Matsui Foto Tours & Guía Privado en Japón, Blog en Español / Akira Matsui Foto Tours, https://www.youtube.com/user/AndinaTravelJP/. フィッツロイ峰と周辺の景色
2020 アルゼンチン アサード