ダリット(不可触民)について詳しく見ていきます。インドを中心にヒンドゥー教社会で差別され続けている人々の話です。比較的多い人口数や職業などに加えて、現状に関するケーススタディやデータなども挙げていきます。 21世紀の現在でもイ... ロシアの宗教事情について見ていきましょう。主な宗教グループの割合や、ロシア正教の影響が強いロシアにおいて比較的多い無神論者の割合や、その背景などまでを確認していきます。 世界最大の国土を抱えるロシアに住む、およそ1億4500万... サウジアラビアと宗教の関係を見ていきましょう。サウジアラビアで信仰されている宗教の割合や、それ以外に知っておきたい7つのポイントまでを紹介していきます。 中東の国でアラブ世界の盟主的存在のサウジアラビアは、サウード家を国王に戴... ギリシャ神話の神24柱を一覧として紹介していきます。名前や種類、そして役割などを確認し、壮大な神々の物語に関する理解を深めていきましょう。 様々な神々が登場し、その神々同士の戦いや駆け引き、そして、神でありながら人間らしい性格... クルド人とはどういった人たちなのでしょうか?彼らについて理解するためにも、迫害問題を引き起こす原因となった歴史的背景や、トルコやイランにおけるクルド人の状況を見ていきたいと思います。 トルコやイラク、そしてイランやシリアの一部... イラン美人女性17名を画像と一緒にピックアップしてみました。中東地域の大国イランが世界に誇る美女たちを確認してみましょう。 西アジアや中東地域の大国として知られるイランは、別名「ペルシャ」としても知られる国。 紀元前3... スーフィズムは「宗派」ではなく、あくまでも信仰形態の一つであるため、スーフィズムに分類される人々は、シーア派にもスンニ派でも確認出来る, (ただし、極端な迫害ではないものの、社会的差別を受けたという事例はいくつも存在する), イランの宗教|割合やイスラム教シーア派・スンニ派・スーフィーなどの状況までのまとめ. イラン・イラク戦争も宗教間の対立ではなく、シャトル・アラブ川の領有権問題、さらにはイラン革命のイラク国内へ影響するのを食い止めるべく行った防衛戦争でもありました。 ただ、現在の危険レベルでは国土の中心は1ですが、周辺諸国、特にイラクとの国境はレベル4と、入ってはいけない地域の指定もあるため十分に気をつけてくださいね。 2.宗教的な習慣の違いに注意. イランイラク戦争は、中東で1980年から1988年まで、8年間に渡って続いた戦争です。イラン革命が発端で、長年くすぶっていたイランとイラクの宗教的な対立や石油資源をめぐる争いが表面に出た戦争と … イランの宗教では、イランにおける宗教について解説する。2011年のイラン国勢調査によると、イラン人全体の99.8%がイスラム教徒であり、0.2%が公式に認められた少数派の宗教であるキリスト教、ユダヤ教、ゾロアスター教徒である。ただし、無宗教およびその他の宗教はイラン政府によって承認されていないため、イランにおける宗教分布の正確な数は不明である。, モンゴルに征服される以前は、スンニー派がイランのイスラム教において優勢であった。しかし、のちにサファヴィー朝の出現により、最終的に、シーア派がイラン全土において完全に優勢的な立場になった。, 現在、イラン人イスラム教徒の約90〜95%が国教であるイスラム教のシーア派に、5〜10%がスンニ派とスーフィーに属している。その他の少数派であるキリスト教、ユダヤ教、ゾロアスター教の3つの宗教は、公式に承認・保護されており、イラン議会の議席数を確保されている。 またイランには、イスラム圏と中東における2番目に大きいユダヤ人コミュニティがある。少数派最大の宗教は、バハーイー教とキリスト教である。バハーイー教は、歴史的にイラン最大の少数派であるが、公式には認められていない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イランの宗教&oldid=79063072. 「イラン」 も 「イラク」 もイスラム教の国家ですが、イスラム教にはシーア派・スンニ派など様々な 宗派 があり、さらに同じ宗派の中でも分派であったり、主義勢力が異なると、解釈の違いからお互い敵視、対立、衝突することが多々あります。 イラン・イラク戦争についてわかりやすく解説していきます。現在の国際情勢を理解する上でも重要な出来事の原因などを理解しておきましょう。今日の世界では、中東地域ほど対立や戦闘が多い地域はありません。中東に関する爆撃やテロ攻撃、そして不安定な情勢 イランの宗教状況について見ていきます。それぞれの宗教割合や、大多数を占めるイスラム教の中でもシーア派やスンニ派、そしてスーフィズムなどの違いについても紹介していきます。, 西アジア・中東の大国イランは、過去にはペルシャ帝国を築くなど、歴史的に世界へ対して大きな影響を与えてきました。, 一方で、イランはその長い歴史の中で幾度も王朝の興亡を経験し、また、他の民族の侵攻なども経験した結果、イランにおいて最大多数派とされるイスラム教以外にも、多くの宗教が信仰されてきており、これらの宗教は現在でも小規模ながら存在しています。, イランにおける各宗教の割合や、イスラム教シーア派やスンニ派、そして神秘主義と呼ばれるスーフィズムなどにつてい見ていきましょう。, 1978年1月、当時の国王レザー・シャー・パフラヴィーに対して起きたデモンストレーションに端を発し、イラン革命が起こりました。, 同年にアヤトラ・ホメイニ師は亡命先からイランに帰還し、1979年4月1日に実施された国民投票の結果、イラン・イスラム共和国、通称イランが創設されました。, そして、このイランはその名前からも分かる通り「イスラム教」を国教とした国であり、その人口の圧倒的大多数はイスラム教徒。, かつてサーサン朝がイラン(ペルシャ)を統治していた時代(西暦226〜651年)、イランの国教はゾロアスター教でした。, しかし、この状況はアラブ人の侵攻により一変し、多くのゾロアスター教徒がイスラム教徒に改宗。, イスラム教への改宗を行わなかったゾロアスター教徒の多くはインド方面へと移り、一部の人は改宗せず国に留まる決断をしました。, このような歴史の流れから、今日のイランではイスラム教徒が大多数(約99%)を占め、その信仰はシーア派、スンニ派、スーフィズムの3つの大きなグループに分かれています。, 今日のイランでは、およそ89%がイスラム教シーア派を信仰しているとされており、そのうちのほとんどが十二イマーム派(歴史上12人のイマーム – シーア派指導者 – が現れたとするシーア派の一派)。, 次いで、七イマーム派、そして五イマーム派のシーア派信徒達が存在し、これら異なるイマーム派の違いは、イマームとして認識されている人物の数によって分かれています。, ところでシーア派とは、イスラムの預言者ムハンマドの娘ファーティマと、その婿のアリーによって残された子供らの血を引く者達、つまり「ムハンマドの子孫」のみが信徒達を指導するイマームに相応しいと考えるイスラム教の宗派です。, また、イランのシーア派の中でも最大の勢力をを持つ十二イマーム派の人々は、コーランや法学的な問題を理解するために重要な、「預言者によるハディース(伝承)」をまとめた4冊の記録を大切にしているとされます。, イスラム教スンニ派の人々の数は、シーア派に続きイランで二番目の勢力を誇る宗教となっており、イラン人口のおよそ9~10%がスンニ派を信仰。, その多くはイラン南西部にあるラレスタン群で生活するホドモーニと呼ばれるラレスタン人、北西部のクルド人、南西部および南東部のアラブ人、そしてバローチー族、北東部に住む少数のペルシャ人(イラン人)、パシュトゥーン人、そしてトルクメン人となっています。, このイスラム教スンニ派は、975年からペルシャ地域に一時代を築いたガズナ朝と共にシーア派から独立し、そしてセルジューク朝、ホラズム・シャー朝(1077年〜1231年)にかけ、ペルシャ人がモンゴルに侵略するまでイランを支配していました。, しかし、その後に徐々に勢力が衰えていき、サファヴィー朝(1501年〜1736年)が王朝として初めてシーア派の十二イマーム派を国教としたこともあり、この頃には多くの人々がシーア派(特に十二イマーム派)へ改宗していき、現在のイランの宗教状況の基盤が作られていったのです。, 一方で、イランにおけるスンニ派の信徒人口を記録した公式記録がないために正確なことは分かっていませんが、実際のスンニ派人口は推定値を大きく上回っており、その人口も増加しているとの見方が存在。, 中には2030年代までにスンニ派の人口が、イラン人口の過半数を占めるのではないかという予想もあるほどです。, ちなみにスンニ派とは、ムハンマドの娘と結婚したアリーだけでなく、アリーに先立つ3人の人物(アブー・バクル、ウマル、ウスマーン)も正統なカリフ(指導者)として認めた宗派で、イスラム教世界では多数派になります。, イスラム教神秘主義とも呼ばれる「スーフィズム」とは、修行、踊り、賛美などを通じて、アッラーとの一体感を求める信仰や思想のことで、その歴史は、700年頃のサファヴィー朝ペルシャ時代にまで遡ります。, そして現在では、各地で活動を展開する国内最大のスーフィー教団「ネッマトッラーヒー」の他、クルド人地区を拠点として活動するスンニ派教団「ナクシュバンディー教団」などが存在。, スーフィー教団についての公式統計はないものの、その信徒人口は総人口の3%から7%前後にあたる200万人から500万人ほどであると推定されています。, ちなみに、このスーフィズムは「宗派」ではなく、あくまでも信仰形態の一つであるため、スーフィズムに分類される人々は、シーア派にもスンニ派でも確認出来る点は抑えておくべきポイントです。, イランの宗教割合を確認すると、圧倒的にイスラム教が大きな割合を占めていることが分かりますが、他にも少数派ではあるものの、およそ35万人のバハーイー教徒、20万人から30万人のアルメニア教会に属するアルメニア人を含む、およそ30万人から37万人のキリスト教徒が存在します。, さらに少数ではあるものの、ユダヤ教徒、ゾロアスター教徒、マンダヤ教徒、ヤルサン教徒や少数派民族独自の信仰を持つ人々もいます。, 中でも、ゾロアスター教徒、ユダヤ教徒、キリスト教徒は政府公認であり、迫害から守られている点は抑えておくべきでしょう(ただし、極端な迫害ではないものの、社会的差別を受けたという事例はいくつも存在する)。, そこで、ここではイランの宗教事情を理解する上で知っておきたい、公認された3つの宗教と、少数派としては多くの信徒を抱え、またイランで誕生した歴史を持つバハーイー教について簡単に紹介していきます。, アラブ人による侵攻以前、ササーン朝がイランを統治していた時代には、ゾロアスター教が国教とされていました。, このゾロアスター教は、紀元前2千年紀(紀元前2000〜紀元前1000年)に古代ペルシャで発生した世界最古の宗教の一つと考えられ、善なる思考、善なる行動、善なる言葉をいつでも心がけることが基本的な教義。, また、神の光や知恵を象徴しているとする炎を崇拝することから「拝火教」と呼ばれることもあります。, しかし、アラブ人がペルシャに侵攻してきたことで、イランにおけるゾロアスター教徒は深刻な宗教的迫害に直面し、強制的に改宗を強いられ、そうでない者は国外への脱出を試み、また国内へ残ったものは制裁などの嫌がらせを受け、生活のあらゆる局面で苦難を強いられました。, このような歴史を経ていった結果、今日ではイランのゾロアスター教徒人口は非常に少なくなっており、およそ20000〜60000の人々が未だに信仰しているのみだと言われます。, かつてはゾロアスター教の陰に隠れ、今日ではイスラム教に圧され、イランにおけるキリスト教徒は常に少数派でした。, そして、現在のイランでキリスト教を信仰する人々のほとんどは、アルメニア人とアッシリア人で、その数は30万から37万人だとされますが、50万人近くいるかもしれないという推定も存在します。, ちなみに、アルメニア系キリスト教徒のほとんどはアルメニア使徒教会(アルメニア正教会)に属し、アッシリア人はアッシリア東方教会またはカルデア教会のどちらかに属している人がほとんどですが、イランにはプロテスタント系の人々が暮らす小さなコミュニティも存在します。, イランにおけるユダヤ教の信仰には、何世紀もの歴史があり、イランで信仰される宗教の中で最も古い宗教の一つになります。, このような歴史があるためか、イランはユダヤ教徒に対して比較的寛容だと言え、世界に存在するイスラム教国家の中では最も多くのユダヤ教徒人口を抱え、およそ10000万人から最大で40000万人ほどがイランに住んでいるとされます。, ただし、多くのイラン系ユダヤ人は海外へ出てしまっているのも事実で、アメリカにはおよそ10万人のイラン系ユダヤ人が、イスラエルにはおよそ7万5千人のイラン系ユダヤ人が住んでいます。, キリスト教、イスラム教、ユダヤ教といったアブラハムの宗教を基本とするものの、仏教の釈迦やゾロアスター教のゾロアスターなども、神の啓示者として尊敬の対象とする宗教です。, バハーイー教は世界全体の信徒数は600万人と広がりを見せており、また、イランにおけるバハーイー教徒のコミュニティーは、少数派の宗教を信仰する人々の中ではキリスト教徒と並んで最大規模で、その数はおよそ35万人だと推定されています。, また、信者の数は少数であるものの、イラン国内においては様々な場所に点在しているとされ、イラン各地でバハーイー教徒を見つけることが出来ます。, イスラム教徒が圧倒的大多数を占めるイランには長い歴史の中で、非常に割合は小さものの、少数派であるその他の宗教を信仰する人々が常に存在してきたのです。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 00:19 UTC 版), イスラム教が国民の 99 %を占め、次いでキリスト教 0.8 %、ヒンドゥー教 、その他 (0.2 % 以下) である。イスラム教徒の内訳はシーア派 60 - 65 %、スンナ派 32 - 37 % である[18]。, キリスト教(カトリック、東方正教会、アッシリア東方教会等)はアッシリア人と少数民族に限られている。1987年の時点では140万人(全体の8%)のキリスト教徒が暮らしていたが1990年代と[19]、さらに2003年のフセイン政権崩壊以降とで多くが国を離れた。2010年の時点での人口比は0.8%と報告されている[20]。, 全世界のイスラム教徒に占めるシーア派の割合は高くはないが、イラク国内では過半数を占める。イラク国内では被支配層にシーア派が多い。シーア派は預言者の後継者・最高指導者 (イマーム) が誰であるかという論争によってスンナ派と分裂した。シーア派は預言者の従弟であるアリーを初代イマームとして選んだが、アリーの次のイマームが誰なのかによって、さらに主要なイスマーイール派、ザイド派、十二イマーム派、ハワーリジュ派などに分裂している。イラクで優勢なのはイランと同じ、イマームの再臨を信じる十二イマーム派である。シーア派法学の中心地は4つの聖地と一致する。すなわち、カルバラー、ナジャフおよび隣国イランのクムとマシュハドである。, スンナ派ではシャーフィイー学派、ハナフィー学派、ハンバル学派、マーリク学派の4法学派が正当派とされている。イラク出身のスンナ派イスラム法学者としては、以下の3人が著名である。, 8世紀まで政治・文化の中心であったクーファに生まれたアブー・ハニーファ (Abu Hanifa、699年-767年) は、ハナフィー法学派を創設し、弟子のアブー・ユースフと孫弟子のシャイバーニーの3人によって確立し、今日ではムスリムの信奉する学派のうち最大のものにまで成長した。, バスラのアブー・アル=ハサン・アル=アシュアリー(英語版) (Abd al-Hasan al-Ash'ari、873年-935年) は、合理主義を標榜したムウタズィラ学派に属していたが、後に離れる。ムウタズィラ派がよくしていたカラーム (弁証) をもちいて論争し、影響力を低下させた。同時に伝統的な信条をもつアシュアリー派を創設した。, ガザーリー (Al-Ghazali、1058年-1111年) は、ペルシア人であったがバグダードのニザーミーヤ学院で教え、イスラーム哲学を発展させた。「イスラム史上最も偉大な思想家の一人」と呼ばれる。アシュアリー学派、シャーフィイー学派の教えを学び、シーア派のイスマーイール派などを強く批判した。後に、アリストテレスの論理学を受け入れ、イスラーム哲学自体に批判を下していく。, イスラム神秘主義者としてはメディナ生まれのハサン・アル=バスリー(英語版) (al-Hasan al-Basri、642年-728年) が著名である。バスラに住み、禁欲主義を説いた。神の意志と自らの意志を一致させるための精神修行法を作り上げ、ムウタズィラ派を開く。ムウタズィラ派は合理的ではあったが、彼の精神修行法は神秘主義 (スーフィズム) につながっていった。, ヤジーディー派はイラク北部のヤジーディー民族だけに信じられており、シーア派に加えキリスト教ネストリウス派、ゾロアスター教、呪術信仰が混交している。聖典はコーラン、旧約聖書、新約聖書。自らがマラク・ターウースと呼ぶ堕落天使サタンを神と和解する存在と捉え、サタンをなだめる儀式を行うことから悪魔崇拝者と誤解されることもある。, 1990年時点のキリスト教人口は約100万人である。最大の分派は5割を占めるローマ・カトリック教会。アッシリア人だけはいずれにも属さずキリストの位格について独自の解釈をもつアッシリア東方教会 (ネストリウス派) に属する。19世紀まではモースルのカルデア教会もネストリウス派に属していたが、ローマ・カトリック教会の布教活動により、東方帰一教会の一つとなった。, サービア教はコーランに登場し、ユダヤ教やキリスト教とともに啓典の民として扱われる歴史のある宗教である。マンダ教はそのサービア教と同一視されてきた。バプテスマのヨハネに付き従い、洗礼を非常に重視するため、水辺を居住地として選ぶ。ティグリス・ユーフラテス両河川のバグダード下流から、ハンマール湖に到る大湿地帯に多い。古代において西洋・東洋に広く伝播したグノーシス主義が原型と考えられている。, ユダヤ教徒はバビロニア時代から現在のイラク地方に根を下ろし、10世紀に到るまでユダヤ教学者を多数擁した。イスラエル建国以前は10万人を超える信者を居住していたが、移民のため、1990年時点で、ユダヤ教徒は数百人しか残っていない。, イラク | イラン | クウェート | サウジアラビア | ベネズエラ |  リビア | アラブ首長国連邦 | アルジェリア | ナイジェリア | アンゴラ | エクアドル. 2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO... Weblioでは、統合型辞書検索のほかに、「類語辞典」や「英和・和英辞典」、「手話辞典」を利用することができます。辞書、類語辞典、英和・和英辞典、手話辞典は連動しており、それぞれの検索結果へのリンクが表示されます。また、解説記事の本文中では、Weblioに登録されている他のキーワードへのリンクが自動的に貼られます。解説文で登場した分からないキーワードや気になるキーワードは、1クリックで検索結果を表示することができます。, 3名の主権評議会、カーシムが首相・国防・最高司令官を兼任、アーリフを副首相兼内務大臣、自由将校団から数名登用、国民民主党・, All text is available under the terms of the, World Economic Outlook Database, October 2019, https://web.archive.org/web/20100303081312/http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100220/mds1002202148007-n1.htm, http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM15013_V11C11A2000000/, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51698900R01C19A1FF8000/, http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070619_worlds_worst_currencies/, IRAQ: Christians live in fear of death squads. イランにはその他少数派の宗教が複数存在する. イラン イスラム 共和国と イラク共和国 は、 西アジア ・中東に位置する国です。 両国とも国民のほぼほぼが イスラム 教を信じていますが、 スンニ派 と シーア派 の割合が違うのがポイント。 イラン・イラク戦争についてわかりやすく解説していきます。現在の国際情勢を理解する上でも重要な出来事の原因などを理解しておきましょう。今日の世界では、中東地域ほど対立や戦闘が多い地域はありません。中東に関する爆撃やテロ攻撃、そして不安定な情勢 イランの宗教では、イランにおける宗教について解説する。2011年のイラン国勢調査によると、イラン人全体の99.8%がイスラム教徒であり、0.2%が公式に認められた少数派の宗教であるキリスト教、ユダヤ教、ゾロアスター教徒である。ただし、無宗教およびその他の宗教はイラン政府によって承認されていないため、イランにおける宗教分布の正確な数は不明である。 イラン・イラク戦争の停戦後、イラン政府は復員兵士の雇用促進を図るため、海外への「出稼ぎ労働」を奨励しました。 当時、バブル経済に沸いていた日本では円高が進んでおり、イランの人々にとって、日本はとても魅力的な出稼ぎ先でした。 詳細は「 イラクの宗教( 英語版 ) 」を参照 イスラム教 が国民の 99 %を占め、次いで キリスト教 0.8 %、 ヒンドゥー教 、その他 (0.2 % 以下) である。� イスラム教徒の内訳は シーア派 60 - 65 %、 スンナ派 32 - 37 % である 。 イランでは 1979年 に シーア派 による イスラム革命 があり、 親米 で 君主制 を行っていた パーレビー王朝 による 白色革命 や古代 アケメネス朝 ペルシア帝国 を称える イラン建国二千五百年祭典 の世俗性を批判していた ホメイニー の指導下、周辺の スンニ派 の アラブ諸国 とは異なる政治体制「 イスラム共和制 」を敷き、宗派だけでなくて 世俗主義 や君主制でも相容れないアラブ諸国の警戒感を強めた … イランの宗教割合を確認すると、圧倒的にイスラム教が大きな割合を占めていることが分かりますが、他にも少数派ではあるものの、およそ35万人のバハーイー教徒、20万人から30万人のアルメニア教会に属するアルメニア人を含む、およそ30万人から37万人のキリスト教徒が存在します。
2020 イラン イラク 宗教