実は、バイデン氏は小児性愛者なのでは... 2020年のアメリカ大統領選にトランプ氏の対抗馬として立候補しているバイデン氏。 ブリスマとcefc バイデン氏、不正疑惑のウクライナ企業幹部と面会か 米報道 【ワシントン=中村亮】米紙ニューヨーク・ポストは14日、バイデン前副大統領が息子ハンター氏の仲介で、不正疑惑の渦中にあったウクライナ企業の幹部と面会していたと報じた。 バイデン氏には認知症の疑惑や悪魔崇拝など、陰謀論に近い噂まで、話題に事欠かない人物。, 薬物騒動や中国やロシアからの金銭受け取り問題など、父よりスキャンダラスな人物なんです。, ハンター氏は、中国共産党が新疆ウイグル自治区住民を監視するために使用するアプリに投資しているといわれています。, 2013年12月、当時のバイデン副大統領と息子のハンター氏は、米空軍機で中国北京を訪問。, 10日間の滞在中、中国政府系・中国銀行子会社と米投資会社ローズモント・セネカ・パートナーズ(Rosemont Seneca Partners)とが10億ドル(=1062億円)を出資し、, (ちなみにこの10億ドルは、後に15億ドル(=1650億円)に増額されています。), 同社は、中国のMegvii(メグビー)が開発した顔認識プラットフォーム「Face++」に投資しています。, 人種や性別、感情の状態、年齢、眼鏡をかけているかどうか、どれくらい目を見開いているかといったことまで検出することが可能で, それぞれの顔の『点データ』を83箇所検出・分析することで極めて正確な顔認識を実現しています。, 「Face++」の顔認識技術は、中国公安当局が実施している監視カメラにも採用されています。, これは、新疆のウイグル自治区住民に対する人権弾圧にも導入されていると言われており、, このことを暴露した『秘密の帝国』(2018年)の著者ピーター・シュバイツァー氏は、2019年3月のインタビューで, 「ハンター・バイデン氏は、自身の投資会社と中国政府系銀行との間で、上海自由貿易地域での取引ができる。これは米大手金融ブラックストーン、バンクオブアメリカ、ゴールドマンサックスでも、成し得ない取引だ」, 2015年、ハンターの渤海収穫は中国の軍事請負業者と力を合わせました。中国航空工業集団(AVIC)、アメリカの部品メーカーを買収。ヘニゲスオートモーティブ。, AVICは、中国独自の戦闘機やドローンを製造するために米軍の技術を盗むことで有名です。, 2017年8月、ハンター氏は中国の億万長者である、CEFCチャイナエナジー社イェ・ジャンミン会長に紹介料として1,000万ドルを支払う様要求したことがわかっています。, これは、父のバイデン氏が副大統領のときで、自身の人脈への紹介料だったとのことです。, 他にも、2013年にエアフォース・ツー(副大統領乗機)でバイデン氏が訪中した際、同行したハンター氏は中国人実業家と面会しています。, その後は中国国有企業の支援を受けたプライベートエクイティファンド運用会社の取締役を退くとともに、, 父親のバイデン氏が2020年アメリカ大統領選で当選した場合、全ての外国関連の仕事を控えると約束しました。, バイデン氏は、トランプ政権が行ってきた対中制裁関税を撤廃する意向を表明しており、バイデン氏が大統領になれば、中国に対して融和政策を取ることは間違いありません。, ハンター氏は、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社「ブリスマ・ホールディングス」の取締役を務めています。, この月額5万ドルは、ウクライナ政策に関与していた父・バイデン氏を利用したと見られています。, (2014年4月、ロシアの侵略を受けたウクライナの指導者に対し、横行する汚職を撲滅させるため、ウクライナの担当者にバイデン氏を起用していました。), 役員になってからわずか12ヶ月後には、同社取締役会顧問のバディム・ポザルスキーからハンターへ以下のメールが送られていたことも判明。, 「親愛なるハンター、ワシントンへ招待してくれて貴方の父上(バイデン氏)と会い、しばしご一緒できたことを感謝します。まことに名誉であり喜びでした。昨夜お話ししたように、今日再びコーヒーでも飲みながらお会いできれば幸いです。いかがですか?正午ごろであれば、貴方のオフィスによることができます。飛行場へゆく前かその途中に。早々アイフォーンより発信」, この汚職問題について捜査していたビクトール・ショーキン検察総長は、2016年の解任されています。, ショーキン氏の解任については、バイデン氏がウクライナ政府に働きかけたという疑惑があります。, ウクライナがショーキンを更迭せず、他の腐敗防止の要求に応じなかった場合、アメリカによる10億ドルの保証付き融資を差し控えるとバイデン氏は脅したと言われています。, メールのデータについては、ハンター氏が2019年4月にパソコンの修理を依頼し、放置されていたPCから流出。, トランプ氏はウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領へバイデン親子を捜査するように圧力をかけていたようで、, この電話対談後、ウクライナへの軍事援助2億5000万ドルについて、一時停止したとも言われています。, 2014年、ハンター氏は、ロシアのエレナ・バトゥーリナ氏から350万ドル(=3億6900万円)の電信送金を受け取っていたことがわかっています。, 2014年2月14日、バトゥーリナ氏が『コンサルタント契約』でローズモント・セネカ・ソーントン社の銀行口座に350万㌦を送金した。同社は13年5月28日にデラウェア州ウェルミントンで法人化された、ハンター氏が共同設立者の投資会社だ, アメリカ上院からの報告によると、ハンター氏は、売春や人身売買のリンクに直接関係していて, そして興味深いことに、ロシアがウクライナのクリミア半島を侵略したのは、バトゥーリナ氏が送金したその月のことでした。, これらの金銭に受け取りについては、父のジョー・バイデン氏が半分もらっていたという話も出て来ています。, ポップ(ジョーバイデン)へとは違って、私(ハンター)は貴女(ハンターの娘)に貴女の給料の半分を与えさせません, これは、ウクライナ、中国、ロシアなどから支払われる売上の半分を バイデンには渡しているが、オレは娘のお前にまで分け前を渡すつもりはないからね, たとえば、バイデン氏の兄弟である、ジェームス・バイデン氏は「アメリコア」という医療会社を始めましたが、, 50万ドル以上のお金をその会社から個人の銀行口座に不正送金した、FBIの家宅捜索を受ける羽目になりました。. ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めた 。 この期間で月額5万ドル(約536万円)の報酬を受けていた 。. エブリイホーミイホールディングスは、グループ9社を「足し算」ではなく「掛け算」による相乗効果でさらに発展。「食の総合プロデュース企業」として、今後より一層地域の皆さまの食卓・暮らしの中に、鮮度にこだわる「新鮮力」として、新しい価値を提供し続けてまいります。 この地域で「食」を提供し続け、お陰様で40周年を迎えます。 米国現地時間10月14日朝、米紙ニューヨーク・ポストは、大統領選前の「10月のサプライズ」として、バイデンの息子ハンター・バイデンのウクライナでの汚職スキャンダルに関する電子メールが、暴露されたことを報じた。, このニュースはすぐに多くの米国メディアに取り上げられ、上院国土安全保障・政府問題委員会が調査に介入することになった。公開されたメールによると、ハンターは2015年に、父親のバイデン前副大統領をウクライナのガス会社「ブリスマ・ホールディングス」の幹部に紹介したことが明らかになった。当時、ウクライナ側の事務を担当していたバイデンは、2016年にブリスマ社の汚職事件に介入し、米国の10億ドルのウクライナ支援を保留して、ブリスマを起訴したビクター・ショーキン検察官を解雇するようウクライナに迫って脅していた。, 暴露された電子メールによると、2015年4月17日、ブリスマ取締役会顧問のヴァディム・ポザルスキーがハンターに電子メールを送り、バイデンと同氏との「密談」を明らかにしたという。彼はメールで「親愛なるハンターさん、ワシントンDCに招待してくれてありがとうございます、そしてお父さんに会って一緒に時間を過ごす機会を与えてくれてありがとうございます ……. それは名誉であり、喜びでもありました。」, エネルギーに関する学歴や経験がないにもかかわらず、ハンターはブリスマ取締役会顧問を務めた後、毎月同社から最高5万ドルの「報酬」を得た。2014年5月12日、つまりハンターがブリスマ取締役に入社した直後に、ポザルスキーはハンターに電子メールを送り、父親の政治的影響力を使って会社を助けてほしいと要請したという。メールはまた、ハンターのビジネスパートナー、ブリスマ取締役会のもう一人のメンバーであるデボン・アーチャーにも送られた。アーチャーは最近詐欺罪で判決を受けたばかりである。, 衝撃的な秘密が隠された電子メールは、デラウェア州のコンピューター修理店のオーナーを経由して、トランプ大統領の個人弁護士である、元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニ氏が提供したものだという。店主によると、2019年6月4日に、ある人が水に浸かったアップルのノートパソコンを修理に出したところ、その後に代金が支払われずに回収されなかったと語った。彼は何度もこのお客さんに連絡しようとしたが、返事はなかった。, そのため、店主はコンピューターの検査を余儀なくされた。彼が気づかなかったのは、ハードディスクにはハンター・バイデンの薬物使用やポルノのビデオなど、大量の秘密が隠されていたことだ。店主はこれがハンター本人のパソコンだとは断定しえないが、パソコンにはボー・バイデン財団(BBF)のラベルが貼られていたことだ。, 2019年末、店主はこの事件を連邦政府に報告した後、パソコンとハードディスクは連邦捜査局(FBI)に没収されたが、その後の消息が明らかになっていない。店主はトランプ大統領の支持者であるため、ハードディスクの中身のコピーをジュリアーニの弁護士ロバート・コステロに渡した。, 今年9月下旬、ニューヨーク・ポスト紙はジュリアーニからハードドライブのコピーを入手した。, バイデンはウクライナでの仕事のことを息子に話したことはないと公言しているため、もしこのメールが本当だと証明されることになれば、唯一の解釈は「バイデンは嘘をついている」ということになるだろう。, 看中国は伝統文化の復興を理念とし、現代の情報社会で有意義な情報を読者の皆様にお伝えすることを使命としています。心の癒しとなる話題と共に、明日を読み解く鍵をお届けいたします。, ハンター・バイデン(イメージ:Wikimedia Commons / Center for Strategic & International Studies /, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). その翌月、ハンター氏はウクライナのエネルギー企業ブリスマ・ホールディングスの役員に名を連ねた。国務省は同社とオーナーのオリガルヒ、ミコラ・ズロチェフスキー氏の腐敗を認識していた。 2020年アメリカ合衆国大統領選挙の候補者である「ジョー・バイデン」の息子が、色々とやらかしていると話題になっています。, 2020年11月3日には、トランプ氏かバイデン氏が大統領になるわけですが、バイデン氏は息子の問題が報道され不利な状況に立たされそうです。, ジョー・バイデン氏の次男です。父親であるジョーバイデン氏が77歳ですので、息子といいつつ、年齢は50歳ですね。, そんなハンターバイデン氏が過去に、不正なお金をもらっていたり、薬物に手を出したり、中国と深い関わりを持っていたりと、様々な問題がここに来て明らかになってきているのです!!, 2020年のアメリカ大統領選挙は、バイデン氏がずっと有利と言われてきましたが、ツイッターでは, アメリカでは、バイデンさんの息子さんとバイデンさん自身の大変な不祥事が明るみに出て、ツイッターやらフェイスブックがそのバイデンさんに関する事件を検閲してバイデンさんに不利な投稿を削除しまくったことでさらに大騒ぎになっているのに、なぜ日本ではそれを全く報道しないんだろう?, ジョー・バイデンの息子ハンター・バイデンがコカイン使用で売春婦を利用。端的に言って育ちがめちゃくちゃ悪い。類は友を呼ぶというが、米民主党支持者の層がよくわかる。まともな人は嫌悪感しかない。「そんな育ち」にしたジョー・バイデンに。, など、ここにきて大炎上しております。一体どんな問題を起こしてしまったのでしょうか。, それではハンターバイデンの問題行動や騒動を紹介していきます。大統領選挙に影響しまくるレベルの問題が多過ぎて驚きました。, 問題の1つ目が、中国から不正な資金を受け取っていた問題です。2020年の9月29日に行われた討論会で、バイデン氏はこの事実を否定していますが、, 財務省の資料によるとこれは事実であり、中国共産党や富裕層(オリガルヒ)から、数百万ドルの資金を受けていました。日本円で言うと1億とかのレベルのお金ですね。, 父親であるジョーバイデン氏自身も中国共産党とは強い密接関係があるそうです。親子で中国に訪問した際に、息子のハンターは中国の実業家と面談している事も判明しています。ちなみにこの訪問は2013年に行われた訪問ですが、訪問後に25億ドルをハンターの設立した会社に送っていることが明らかになっています。, ハンターバイデンは、2014年〜2019年までウクライナの天然ガス会社である「ブリスマ・ホールディングス」の取締役を務めていました。, 2019年にトランプ大統領は、ウクライナの大統領に、ウクライナでのバイデン親子の動きを調査するようにお願いしたが、アメリカ国内で権力違反と批判され、調査することはできなかったみたいです。, 2020年10月、ジョーバイデンと、ブリスマ・ホールディングスが繋がっている証拠が出てきました。息子のハンターバイデンが自分のPCが壊れたので修理に出していたのですが、なかなか取りに来ないとのことで、修理屋さんがPCの中身を確認したところ、ハンターのPCであることが判明し、トランプ大統領の個人弁護士であるルーディ・ジュリアーニ氏が中身をゲットし、公表しております。, すごいのが「Twitter」と「Facebook」が、ウクライナ問題の暴露記事をネット上から消したことです。企業と政治家が癒着しているのではないか!?とアメリカでは大騒ぎになっておりました。, 米国上院の国土安全保障委員会は、ハンターバイデンが人身売買をしているウクライナやロシアに女性にお金を送っていると報告しております。, ハンターバイデンはこの報道に関しては全否定していますが、報告書によると、ウクライナやロシアの人身売買、アダルトエンタメに関わりのある個人に「数千ドル」ものお金を渡していたとされています。. ハンター氏は、2014年から2019年まで、 ウクライナの天然ガス会社「ブリスマ・ホールディングス」の取締役を務めています 。 この期間、 月額5万ドル(=536万円)の報酬を受けていました 。 月額ってす … ロバート・ハンター・バイデン(英語名:Robert Hunter Biden、英語通称名:Hunter Biden、1970年2月4日 - )は、アメリカ合衆国の弁護士、実業家。元アメリカ合衆国副大統領で2020年アメリカ合衆国大統領選挙の民主党候補となったジョー・バイデンの次男である。デラウェア州ウィルミントン出身。, 2006年、ハンターは叔父のジェームズ・バイデンと立ち上げたLLP(有限責任事業組合)を通じてヘッジファンド会社のパラダイムグローバルアドバイザーズLLC(Paradigm Global Advisors)の株式を取得した[1][2]。2008年のパラダイムの財務諸表監査では「財務諸表が適時に作成されていない」「投資助言業者への支払いがファンドの支出に計上されていない」などの会計上の問題が指摘された。パラダイム社は1991年、世界平和統一家庭連合(旧・世界基督教統一神霊協会=統一教会)の創立メンバーの一人の義理の息子、ジェームズ・パクによって設立された。同社が運営するファンドの一つは2009年、後に80億ドルのネズミ講事件で有罪となった資産家アレン・スタンフォード(英語版)と関係があり、アレン・スタンフォードの会社はパラダイムのファンド・オブ・ファンズ(他のファンドに投資するファンド)の一つの販売を請け負う一方、そのファンドに数百万ドルを投資していた[2]。2010年、パラダイム社は任意清算を申請した。, 2009年、ハンターは元アメリカ国務長官・ジョン・フォーブズ・ケリーの継子で加工食品事業で財を成したハインツ家の跡取りであるクリストファー・ハインツとそのイェール大学時代の学友で資産家のデボン・アーチャーと共同で、ローズモント・セネカ・パートナーズを立ち上げた。 そして2020年9月29日、大統領選のテレ... 2020年のアメリカ大統領選でトランプ大統領の対抗馬として出馬しているバイデン氏。 2014年、デボン・アーチャーはローズモント系列の不動産投資ファンドの売り込みでウクライナを訪れた際、ガス会社ブリスマの共同創業者のミコラ・ズロチェフスキーと接触。のちにブリスマの役員となり、直後にハンターもブリスマに加わった[2]。, 2013年に行われた薬物検査でコカインの陽性反応が出たため米海軍予備役を除隊処分を受けていたことが2014年10月に明らかになった[3], ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めた[4]。この期間で月額5万ドル(約536万円)の報酬を受けていた[2]。, 2019年、ドナルド・トランプ大統領は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話会談の中で、バイデン親子のウクライナにおける活動について捜査するよう促した。後に、この要請が明るみになるとナンシー・ペロシ下院議長らは反発、大統領が国の安全保障を脅かし大統領宣誓と憲法に違反していると批判、大統領の弾劾手続きに向けた調査の契機となった[5]。しかし、当該企業の役員就任について2019年10月15日に放送されたABCニュースとのインタビューで「今思えば、まずい判断だった」と発言した[6]。, 2020年10月の大統領選挙直前、ハンターが数年前、副大統領を務めたジョー・バイデンをブリスマ・ホールディングスの関係者に紹介したことを示唆する内容の電子メールがハンターのノートパソコンから送られたとする記事がニューヨーク・ポストに掲載されたが、TwitterとFacebookは同記事をプラットフォーム上から消した。ロン・ジョンソン上院議員は両社が政治的に偏り、バイデン親子を攻撃から守ろうとすると指摘した[7]。, 2013年、ハンターは上述のデボン・アーチャー、クリス・ハインツと共に設立したローズモント・セネカ・パートナーズを通して、中銀国際が支援する中国系企業であるBohai Industrial Investment Fundとハーヴェスト・ファンド・マネジメント(英語版)と共にBHRパートナーズ(英語版)を設立した[8][9][10] 。, 右派の政治コンサルタント及び作家であるピーター・シュバイツァー(英語版)が2018年に出版した著書『Secret Empires: How the American Political Class Hides Corruption and Enriches Family and Friends』[11]によれば、2013年12月ジョー・バイデンが副大統領として中国を公式訪問した際ハンターも同行した。その後ローズモント・セネカ・パートナーズに中国の銀行から10億ドル(約1100億円)の出資金が振り込まれ、それは後に15億ドル(約1650億円)に増額されたという[12]。, ハンターの弁護士ジョージ・メジレスが代理で発表した声明によると、ハンターは2019年10月末に中国国有企業の支援を受けたプライベート・エクイティ・ファンド運用会社を退職し、また父親のジョー・バイデンが大統領に就任した場合、その在任期間中に外資系企業への勤務や取締役就任を控えると表明した[13]。, Son of former Vice President of the United States Joe Biden, Template:SHORTDESC:Son of former Vice President of the United States Joe Biden, “The Biden family’s strange business history”, https://www.politico.eu/article/joe-biden-presidential-bid-family-business-history-democrats/, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50831860Q9A011C1000000/, https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-15/PZFANB6TTDS001, “Chinese Fund Backed by Hunter Biden Invested in Technology Used to Surveil Muslims”, https://theintercept.com/2019/05/03/biden-son-china-business/, "Bohai, Harvest and U.S. Investment Firms Expand Target for Outbound Fund", “民主党大統領候補人気トップのバイデン氏の落とし穴 二男に中国から利益誘導の疑惑”, https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-14/PZCJ8P6JTSE801, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ハンター・バイデン&oldid=80343495. 2020年11月のアメリカ大統領選挙で、トランプ氏の対立候補として出馬しているジョー・バイデン氏。 公開されたメールによると、ハンターは2015年に、父親のバイデン前副大統領をウクライナのガス会社「ブリスマ・ホールディングス」の幹部に紹介したことが明らかになった。 親子、孫と三代でご愛顧頂いているお客様や、長年ご支援頂いているお取引先様など、皆様に頂いたこれまでの「ご縁」に感謝しながら、これからもグループ各社の業態特徴を生かし、より豊かであたたかい食卓を提案し続けます。, エブリイ所属するプロゴルファー・関藤直熙選手が2020年10月22日(木)~25日(日)米国カリフォルニア州で開催される「ZOZOチャンピオンシップ」に出場することを受け、10月13日(火)福山市長への表敬訪問・出場壮行会を開催いたしました。, 株式会社エブリイに所属するプロゴルファー・関藤直熙選手が、2020年10月22日(木)~25日(日)、米国カリフォルニア州で開催される「ZOZOチャンピオンシップ」に出場することが決定いたしました。, 株式会社エブリイでは、2020年10月1日より、オリジナル電子マネー付きポイントカード「エブリカ」の決済機能が搭載されたスマホアプリ「エブリイアプリ」を新たにリリースすることといたしました。, 【エブリイ】エブリイ所属プロゴルファー・関藤直熙選手 「ZOZOチャンピオンシップ」に出場決定. All Rights Reserved.. バイデン氏優勢というネットニュースが多く見られる... 中国のMegvii(メグビー)が開発した顔認識プラットフォーム「Face++」に投資. Copyright (C) 2018-2020 看中国 / Vision Times Japan. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 CREATIVE LIFE.All Rights Reserved. ハンター・バイデンは、2014年から2019年まで、ウクライナの天然ガス会社であるブリスマ・ホールディングスの取締役を務めた 。 この期間で月額5万ドル(約536万円)の報酬を受けていた 。. 中盤までは、世論調査によるとバ... 2020年秋のアメリカ大統領選に、トランプ氏の対抗馬として立候補しているバイデン氏。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2020年の秋のアメリカ大統領選に、トランプ氏の対抗馬として出馬しているバイデン前福大統領。 実はバイデン氏、クローン(人造人間)やロボット... https://risazoo.com/wp-content/uploads/2020/06/sukima-2.png. ブリスマ、ブレッタ、そしてブルースターは、2016年の間ずっとウクライナでの未解決の問題を解決しようとし続け、メモには国務省とキエフの米国大使館がブリスマの事件解決に支援を求めて様々な接触があったことが列挙されている。 ハンターバイデンは、2014年〜2019年までウクライナの天然ガス会社である「 ブリスマ・ホールディングス 」の取締役を務めていました。 その時に、毎月5万ドル(536万円)をハンターバイデンは受け … 2020年現在77歳とかなりのおじいちゃんで... バイデン氏は、失言が多く認知症と言われていたり、さらに小児性愛者という噂まであります。 ハンターバイデンは、2014年〜2019年までウクライナの天然ガス会社である「 ブリスマ・ホールディングス 」の取締役を務めていました。 その時に、毎月5万ドル(536万円)をハンターバイデンは受け …
2020 ブリスマ ホールディングス