2016.11.18. 4年に1度、大統領選挙が始まると共和党、民主党各大統領候補が熾烈な戦いを繰り広げます。, 日本に居ながら、その規模の大きさが伺える大統領選挙ですが、一体、選挙自体にどれくらいの費用がかかっているのでしょうか?, 「政治に必要なものは2つある。1つはお金、2つ目は何だったか思い出せない。」これは第25代アメリカ大統領を当選に導いたマーク・ハンナ議員の言葉です。, 2008年、2012年、2016年の大統領選で各候補が使った資金が以下になります。, アメリカ大統領選挙史上最も費用がかかったのは、2012年のオバマ・ロムニーの年で、両陣営の総コストは2,335億円。, なお、トランプ氏が当選した2016年は、史上初めて資金集めが劣勢だった候補者が勝利した回となっています。, 参考までに、2017年に行われたイギリス総選挙では、75の政党、15の選挙活動団体が支出した合計資金は、4,160万ポンド、日本円で約578億円。, 2017年フランス大統領選挙で使われた選挙費合計は、1657万ユーロ、日本円で約208億円になります。, 日本では、2017年の衆議院選挙を開催するにあたり国から支出された費用は約600億円でした。, こうした各国の選挙費用と比較しても、アメリカの大統領選挙は群を抜けて高いことが分かります。, これにはいくつかの理由がありますが、1つはアメリカという広大な国土を移動して選挙活動をしなければいけない点、2つ目が、長い選挙機関。各州の予備選挙や党員集会から計算すると2年間の活動をしなければなりません。, そして最後が広告宣伝費の多様化。以前まではテレビCMなど限られた広報ツールを使用していましたが、最近では、SNSなどネット広告をはじめ、各候補の宣言PRのための手段が多様化しました。, 世界的にも高い選挙資金を必要とするアメリカ大統領候補ですが、各候補は選挙資金をどのように集めているのでしょうか。, 大統領選の資金調達方法は、個人や企業、団体からの寄付や政治資金パーティの実施、そして自身の資金などが挙げられます。, この内、特に資金集めに大きな影響を与えているのが、2010年からスタートしたスーパーPACという団体です。, 以前は、PACへの献金は一人5,000ドルまでの上限額が設定されていましたが、2010年アメリカ最高裁で、候補者から独立した政治団体への献金に上限を設けてはいけないという判決がでました。, つまり、大統領候補は、スーパーPACによって富裕層や企業から無制限に巨額資金を得ることができるようになったのです。, スーパーPACは、支持する政治家の対立候補へのネガティブキャンペーンなどの広告を実施し、選挙活動に大きな影響を与えています。, また、企業から政治家個人への献金は禁止されているものの、実質的には、政治資金団体経由で特定の政治家へお金を流すことが可能なため、企業癒着の温床であると揶揄されています。, アメリカでは、前述したスーパーPACによって企業は自由に政治家に寄付を行うことが認められています。, こうした献金に対するルールの違いは、日本とアメリカの政治参加方法への意識の違いともいえるかもしれませんね。, トランプ氏優先とみられていた資金力争いですが、2020年春以降に突入してからバイデン氏がトランプ氏の資金残高に迫る勢いで献金を獲得しています。, 前回大統領選挙のトランプ氏のように、資金力の差がそのまま結果に繋がるというわけではありませんが、各候補者の広告宣伝戦略などに大きな影響を与えることは間違いありません。, 資金面からアメリカ大統領選挙をみてみると普段と違う気づきや発見があるかもしれませんね。. 米ドル/円、104~106円のレンジを抜けることはなさそう 最後に、今後、目先1週間程度の相場展開について、考えてみたいと思います。 基本的には、今後3週間は、米大統領選を意識した動きになりますので、方向感はなくなってくると見ています。 米ドル/円、104~106円のレンジを抜けることはなさそう 最後に、今後、目先1週間程度の相場展開について、考えてみたいと思います。 基本的には、今後3週間は、米大統領選を意識した動きになりますので、方向感はなくなってくると見ています。 Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo!ファイナンスのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, 過去6カ月間の支持率の推移 ※RealClearPoliticsが各世論調査の結果から集計した平均支持率(出所:RealClearPolitics), 写真は9月29日(日本時間30日)に行われた第1回目のテレビ討論会の様子。本来、テレビ討論会は3回にわたって行われるが、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染によって10月15日に予定されていた第2回目の討論会は中止となり、22日の討論会が候補者同士による最後の勝負の場となる (C)Bloomberg/Getty Images News, 増税を公約に掲げているバイデン候補だが、当面は新型コロナウイルス対策で財政は拡張的になると今井氏は予想している (C)Scott Olson/Getty Images News, ■米大統領選の動向に注目が集まる展開へ 米大統領選まで、いよいよ3週間を切ってきました。ここからは、金融市場も、米大統領選の動向に注目が集まる展開となってくるでしょう。 その間は、余程の大きなものでなければ、他の要因は無視されるのではないかと思います。 そこで、今回はまず、米大統領選の行方について、考えてみることにします。■世論調査などは、バイデン氏が優勢だが 現状、各世論調査では、バイデン候補がトランプ大統領を大きく上回る状況となっています。 フロリダ州やペンシルベニア州など、勝負のカギを握るといわれている接戦州(スイング・ステート)においても、バイデン氏が軒並みリードをしています。 しかし、前回、大統領選が行われた2016年、3週間前の時点では、クリントン候補がトランプ候補をリードしていたにも関わらず、そこから逆転を許し、負けてしまったことが多くの人の記憶に残っているので、まだ、先行きはわからないと、慎重な意見が多いようです。■2016年とは状況が違う。バイデン氏勝利を予想 ただ、前回は、クリントン候補の私用メール問題が出てきたことが決定打となりましたので、今回は、状況が違うのではないかと思います。 ここにきて、米国で新型コロナウイルスが再拡大の兆候を見せていることや、ワクチンの治験が軒並み休止になっていることなど、コロナ対策を軽視してきているトランプ大統領には、不利な状況にもなってきています。 そういうことを考えると、バイデン候補に新たなスキャンダルでも出てこない限り、今回は、バイデン候補が勝つのではないかと、私は考えています。 来週、10月22日(木)には、2人の第2回目のテレビ討論会が予定されていますが、そこが最後の勝負の場です。ほぼその段階で、勝敗の行方が見えてくるのではないかと思います。■バイデン氏勝利なら、金融市場は徐々に好意的に さて、そこで、バイデン候補が勝利した場合の、金融市場への影響について考えて見ましょう。 バイデン候補は、端的に言えば、増税政策を掲げています。しかし、それは長期的な政策であり、すぐにその方向に舵を切るわけではありません。 それよりも、バイデン候補は当面は、コロナ対策を重視した政策を採るでしょうから、むしろ、短期的に財政は緩む、つまり、拡張傾向になると思います。 勝負が決まった時点での、超短期的な市場の反応は、正直、よくわかりませんが、継続的に金融市場が崩れることはないのではないかと思います。 むしろ、中国との貿易摩擦の激化を避けられるということで、徐々に金融市場は好意的な反応をするようになるのではないかと、私は考えています。■米ドル/円、104~106円のレンジを抜けることはなさそう 最後に、今後、目先1週間程度の相場展開について、考えてみたいと思います。 基本的には、今後3週間は、米大統領選を意識した動きになりますので、方向感はなくなってくると見ています。 これまで、米ドル/円は104~106円のレンジを、当面、どちらからに抜けることはないと言い続けてきましたが、それは今後も続くと思います。■クロス円も逆張りが有効なレンジ相場へ クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)に関しては、日足のチャートを見るとよくわかりますが、下落トレンドのあとは、それぞれ3分の1から半値ほど戻して(つまり上昇して)、その後、力尽きて緩んできているという展開を見せています。 ここからは、おそらくレンジ相場に変わっていくでしょう。 こういうときは、とにかく逆張り戦略が有効です。 米ドル/円は104~106円、ユーロ/円は122.50~124.50円、英ポンド/円は135~137.50円、豪ドル/円は74~76円ぐらいのレンジを想定しておきたいと思います。, Copyright (C) 2020 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd. 記事の無断転用を禁じます。. © Copyright 2020 お金のカタチ. ■2016年の為替市場は、年前半に円高が進み、10月以降は米ドル高が進行する展開となりました。年前半は、①中国景気の悪化懸念、②原油価格の大幅下落、③米国景気の不透明感等を背景に、リスク回避の姿勢が強まり、円を買う動きが強まりました。特に6月は、英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択されたことから英ポンドは暴落、他の通貨も調整を余儀なくされました。円/米ドルは一時100円を割るまで急騰しました。 一日で4円値幅を往復した米ドル/円. ドル円、104円台半ばで膠着。いよいよ米大統領選挙がスタート(11/4朝) 3日(火)の外国為替市場でドル円は方向感に欠ける展開(米大統領選挙を前に様子見ムードが広がる)。 ■10月以降は、好調な米国景気を背景に年内利上げが意識されたことや11月の米大統領選挙でトランプ氏が勝利したことで財政拡大型の景気回復期待が強まったことなどから、米ドル高が進みました。, ■新興国では人民元等が弱くなる一方、ブラジル・レアルが堅調に推移し、対円で二極化が進みました。ブラジル・レアル高は政権交代と経済政策への期待が背景です。また、主なアジア通貨は新興国の中では下落率が相対的に低く推移しました。, ■トランプ次期米大統領の経済政策や米利上げへの期待から米ドル高モメンタムが働きやすい環境となりそうです。一方、過度なドル高は米企業の収益を圧迫する懸念があり、「強いアメリカ」を志向するトランプ次期米大統領が過度なドル高を容認しない可能性もあります。次期政権のムニューチン次期財務長官の今後の発言には注意が必要です。, 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会, Copyright © Sumitomo Mitsui DS Asset Management Company, Limited, 商品の特徴、投資信託の基準価額、分配金、運用状況、販売会社の一覧などを掲載しています。, 専門家の分析によるマーケットレポートや、世界各国の株式・為替など最新市場動向を掲載しています。, 投資に関する基礎知識や投信の仕組み、資産運用シミュレーションなど、資産形成に役立つ様々なコンテンツを掲載しています。. 米大統領選挙の投票が3日行われた。ところで、前回、2016年の米大統領選挙の投票日は11月8日だったが、時差の関係で開票が進む日本時間の9日は、歴史的な大逆転劇が演じられ大乱高下の主舞台となっただけに、本4日の値動きも注目度が高まりそうだ。 All rights reserved. (1ドル110円換算) アメリカ大統領選挙史上最も費用がかかったのは、 2012年のオバマ・ロムニーの年で、両陣営の総コストは2,335億円 。 なお、トランプ氏が当選した2016年は、史上初めて資金集めが劣勢だった候補者が勝利した回となっています。 FXを取引するすべての人に本当に必要な情報を初心者向けFX関連情報と為替相場解説・予想, 3日(火)の外国為替市場でドル円は方向感に欠ける展開(米大統領選挙を前に様子見ムードが広がる)。, 〇ドル円大統領選前に104円台半ばで様子見ムード〇ユーロドル欧米株上昇とユーロ売りポジションの調整に一時1.1740まで急伸後1.1700近辺に反落〇ドル円テクニカル、ファンダメンタルズとも下落リスク警戒される〇ドル円大統領選がいずれの結果でもドル売り円買いか〇バイデン優勢とみられるが、サプライズによるボラティリティ上昇には要注意〇本日の予想レンジ:103.50ー105.50, 3日(火)の外国為替市場でドル円は方向感に欠ける展開(米大統領選挙を前に様子見ムードが広がる)。�@新型コロナウイルスの感染拡大懸念や、�A米大統領選挙を控えたポジション調整が重石となり、米国時間午後にかけて、安値104.44まで下落しました。しかし、�B欧米株の上昇を背景にクロス円相場が堅調に推移すると(バイデン氏の勝利を見据えた株高→円売り)、ドル円も下げ渋り、本稿執筆時点(日本時間4時40分現在)では、104.60近辺まで持ち直す動きとなっております。尚、この日発表された米9月製造業受注(結果1.1%、予想1.0%)は市場予想を上回る結果となりましたが、市場の反応は限定的となりました。, 3日(火)のユーロドル相場は急伸後に伸び悩む展開。�@欧米株の上昇を背景としたリスク選好のドル売り・円売り圧力や、�A米大統領選挙を控えたポジション調整(短期筋によるユーロショートの手仕舞い)、�Bロンドンフィキシングに絡むユーロ買いが支援材料となり、米国時間午後にかけて、高値1.1740まで急伸しました。しかし、一目均衡表転換線及び基準線に続伸を阻まれると、�C欧州圏における新型コロナウイルスの感染拡大懸念(ユーロ圏の大半の国でロックダウン開始)や、�DECBによる追加緩和観測が重石となり、本稿執筆時点(日本時間4時40分現在)では、1.1700近辺まで反落する動きとなっております。尚、昨日はオーストラリア中銀(RBA)が予想通り政策金利を0.25%から0.10%へ引き下げると共に、量的緩和の拡大を決定しました。また、ロウRBA総裁も声明で「理事会は少なくとも3年はキャッシュレートの引き上げを予定していない」と表明するなど、総じてハト派寄りの結果となっております。, ドル円は、10/7に記録した約3週間ぶり高値106.12をトップに反落に転じると、10/29に一時104.03(約1ヵ月半ぶり安値)まで下落しました。この間、一目均衡表転換線や基準線、ボリンジャーミッドバンドを下抜けした他、強い売りシグナルを示唆する一目均衡表三役逆転や移動平均線のパーフェクトオーダーも成立するなど、テクニカル的にみて、「地合いの弱さ」を印象付けるチャート形状となっております。, ファンダメンタルズ的に見ても、�@日米金融政策の方向性の違いや、�A米国ファンダメンタルズの先行き不透明感、�B米中対立激化懸念、�C米政治の先行き不透明感(米大統領選挙の結果に対する不透明感)、�D朝鮮半島や中東、香港や中央アジアを巡る地政学的リスク、�E新型コロナウイルスの感染拡大(欧米を中心にロックダウン再開→欧米経済の先行き不透明感→リスク回避ムード再燃)、�F日本経済の先行き不透明感(本邦の景気先行き不透明感→デフレ懸念→円の実質金利上昇→円高)、�G実体経済と株価の乖離(過剰流動性相場の巻き戻しリスク)、�H米追加景気対策の後ずれ観測(財政の崖リスク)、�I米財政収支赤字の拡大(米債の格下げリスク)など、ドル円相場の下落を想起させる不安材料が山積みの状態です。, 以上の通り、ドル円相場は、テクニカル的にも、ファンダメンタルズ的にも、下落リスクが警戒されます。新型コロナウイルスに関する続報や、欧米株及び欧米長期金利の動向、米大統領選挙に関するヘッドライン(開票速報)を睨みながらも、当方では引き続き、ドル円相場の下落をメインシナリオとして予想いたします(米大統領選挙の地域別開票速報が本格化するのは日本時間午前10時以降の可能性大)。, 尚、今回の米大統領選挙後のドル円相場を見据えると、�@トランプ米大統領再選のケース、�Aバイデン新大統領誕生のケース、�B投票やり直しなど新大統領がなかなか決まらない最悪のケース、のいずれにおいてもドル円相場の下落が予想されます(�@の場合は米議会のねじれ継続に伴う米追加景気対策の後ずれ観測や、米中対立激化を通じたドル売り・円買いが続くと予想。�Aの場合は米政治の先行き不透明感の解消を通じて当初はドル買い・円売りが強まると見られるものの、一巡後はトリプルブルー成立を通じた増税への想起から株式市場が値崩れを起こす展開が想定される為、結果としてドル円は下落に転じると予想。�Bの場合は米政治の先行き不透明感を背景にリスク回避ムードが強まり、ドル円相場の急落に繋がる恐れあり)。今回の米大統領選挙はバイデン氏優勢と見られるものの、4年前の米大統領選挙では世論調査が一切あてにならなかったことは記憶に新しく、今回もサプライズ発生に伴うボラティリティの急拡大に注意が必要でしょう。本日の予想レンジ:103.50ー105.50注:ポイント要約は編集部, ドル円は9月21日安値を割り込んで一段安に入ったため、日足チャート上の下値支持線は3月9日のコロナショック暴落時の安値101.17円まで切り下がった印象だ。, ドル円は、10/7に記録した約3週間ぶり高値106.12をトップに反落に転じると、今週末(11/6)にかけて、約8ヵ月ぶり安値となる103.18まで急落しました(3/12以来)。, 6日の東京市場は、ドルが小高い。ザラ場ベースでは、直近安値を更新する局面も観測されたが、その後はドルの買戻しが優勢だった。, 3日の東京市場は、レンジ取引。値動き20ポイント程度の凪相場で、動意らしい動意はほぼうかがえなかった。. 米金利上昇とトランプ期待継続でドル円110円台回復. 米大統領選が近づき、しばらく気迷い相場か。米ドル/円は、引き続きレンジトレードで!(今井雅人), 米ドル/円の104~106円を想定したレンジ取引が一番いいか。相場が崩れた理由は?(今井雅人), 米大統領選挙後のマーケットの動きを予想。カギとなる財政支出は、上院選の結果次第か(志摩力男), 米大統領選、トリプルブルーなら増税を掲げるバイデン氏勝利でも株高・円安に!(西原宏一), 米大統領選で「増税」掲げるバイデン氏が当選しても、中長期では株価にポジティブか(志摩力男). All Rights Reserved. 安倍首相とトランプ次期大統領の会談を控えた早朝の外国為替市場でドル円は110円を超え約5か月ぶりの高値をつけています。 edited by:編集人K 日本円(JPY)の記事. アメリカの現地時間で2月3日(月)に今年の米大統領選へ向けた候補者選びの初戦がアイオワ州で開かれました。 実際の投票日は11月3日(火)ですので、ちょうど9ヶ月後になります。 「こんなに早くから始まるの?」と思う方もいるはずですが、これから9カ月をかけて米大統領選は争われます。 大まかですが、米大統領選のスケジュールをまとめてみます! 円/米ドルは一時100円を割るまで急騰しました。 10月以降は、好調な米国景気を背景に年内利上げが意識されたことや11月の米大統領選挙でトランプ氏が勝利したことで財政拡大型の景気回復期待が強まったことなどから、米ドル高が進みました。 【ポイント2】新興国は対円で二極化. 2016年のアメリカ大統領選挙の際、ドル円相場はとてつもなく大きく動きました。 トランプが勝つ方向に動いたときに 大きくドル安/円高 になり、そのスピードはとてつもないものでした。
2020 大統領選挙 ドル円 2016