現状荷室で困ったことはありません。 全高は地下駐車場でも大抵の場所なら利用できる実用的サイズとなっています。, 最大の特徴は、左リアに採用されたパノラマオープンドア。前後ドアを開けると広大な開口部を利用できます。 そのほか特徴的な装備として、前方に障害物があってもステアリングの角度で回避可能な場合はアラームが鳴らない、ステアリング感応式のクリアランスセンサーがオプションで用意された。, リアコンビネーションランプのうち、尾灯(テールランプ・ブレーキランプ)はテールゲート両脇に縦長のLED式ランプを装備。バックランプと方向指示器はテールゲートとバンパーとの境目部分に設置される。当初、VSCは4WD車にのみオプション設定されており、2WD車には装備できなかった。, 2004年9月の発売開始以降、2017年12月の販売終了まで軽自動車を除く個人向けの乗用車としては非常に珍しく発売開始から13年に渡って一切フルモデルチェンジが実施されなかった。単一車種としてトヨタの乗用車ラインナップでは(センチュリーの販売中止[2]に伴い)最古参の車種となり、海外メーカーまで含めても基本設計が古い部類の乗用車となっていた。, http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/11509534, https://jp.wsj.com/articles/SB11828848094781684513604581280681440845092, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トヨタ・アイシス&oldid=79807732, 2.0L車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」認定を取得。全車で光軸調整用ヘッドランプレベリング機構を追加。メーカーオプションにG-BOOK ALPHA対応HDDナビを追加。, 特別仕様車「プラタナ"G-Edition"」は「プラタナ」をベースに、フォーンの専用室内色や両側パワースライドドアなどを装備し、高級感とスタイリッシュさを演出した。, なお、特別仕様車の「プラタナ"Limited"」と「L"G-Edition"」も一部改良を行い、「プラタナ"Limited"」にはボディカラーに「ブラックマイカ」を、内装色に「ダークグレー」を追加し、バリエーションを拡げた。, VSC&TRCを全車に標準装備するとともに、「プラタナ」・「プラタナ"V-SELECTION"」はスポーツオプティトロンメーターの色をディープブルーに変更(「プラタナ」の1.8L車を除く)し、ブルーのアクセントを織り込んだジャージのシート表皮を採用。さらに、「プラタナ"V-SELECTION"」はセンターパネル・ドアトリム加飾をブルーのサイバーカーボン調に変更した。ボディカラーは新色の「ダークブラウンマイカメタリック」を含む8色とした。, 特別仕様車「プラタナ"V-SELECTION・Noir"」・「プラタナ"V-SELECTION・Blanc"」は「プラタナ」をベースに、「V-SELECTION」の装備品に加え、両側パワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付)や電動格納式リモコンカラードドアミラー(サイドターンランプ付)などを特別装備するとともに、ボディカラーを前者は「ブラック」、後者は「ホワイトパールクリスタルシャイン」とし、それぞれにコーディネートされた内外装を採用した。また、全車でドアミラーの意匠を変更(3代目ヴィッツより採用されたトライアングル形状のデザイン)している。, 「プラタナ」、「プラタナ"V-SELECTION"」のシート表皮や意匠を変更し、シートのメイン材には, 特別仕様車「プラタナ"V-SELECTION・Noir"」・「プラタナ"V-SELECTION・Blanc"」もベース車に準じた改良を受け、継続販売される。, 米国の保守的な報道機関TheBlaze(Blaze Media)は、この車名について、当時米国と対立していた. またアイシスは日本のみの販売のため、海外でもアイシスからの収益は極端に少なくトヨタのラインアップから外れることは当然といっても良いでしょう。, アイシスは、トヨタが販売するミドルクラスのミニバンであり、全国のトヨタ店(大阪地区のみ大阪トヨペット)で2004年9月28日から販売されました。 さらに2018年にプリウスαがフルモデルチェンジされ、生産終了となるアイシスに代わり次期プリウスαが後継車となる見込みです。, ここでは、2018年登場する新型プリウスα、現行型プリウスα、そしてアイシスのスペックを比較していきます。, 新型プリウスαは、現行となる4代目プリウスのパワーユニットを採用し、1.8Lエンジンと前後2つのモーターが搭載されています。 車種名のエクスワイアという意味には「殿」「様」という意味があります。 これは、男性の敬称を表す意味であり、このネーミングも高級感をだす狙いがあると考えられます。 エスクワイアの発売時期は、2014年10月の発売ではないかと言われています。 アクセスの開発では「アクセスとスペースの革新」を目指し車内空間を「柔(じゅう)・空間」をテーマに作られました。 2017年内に販売終了となれば2018年は在庫のみの販売となります。同時にトヨタ・ウィッシュも生産終了となるため、トヨタのミニバンは2018年には世代交代となります。 車中泊もできますよ。, 車格にしては燃費もいいかと。 内装はメーターおよびステアリングホイールのデザイン変更と、一部グレードにパドルシフトを採用しました。, 現在、アイシスの値引き額は30万円が目安となります。交渉次第では、オプション値引き・下取り価格も含めるとトータル45万円値引き購入も可能です。 アイシス. また、アイシスの生産終了時期についてトヨタからアナウンスはありませんが、生産終了のアナウンスが入ってから購入すればさらに値引き可能です。特にこれから値引き額が大きくなる時期である「6月・7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」の時に購入がおススメです。, 新車での人気がなくなったアイシスですが、中古車ではミニバンで比較的新しい車であることとトヨタ車ということもあり、人気のある車です。 英語で「古代エジプト豊穣の神」のこと。「乗る人すべての心を豊かにするクルマ」という意味。 2004年9月28日 ... 「Midship Runabout 2 Seater」の略。ミッドシップ方式の2人乗り小型車という意味。 1984年6月8日. 週末恒例車名の由来シリーズ。今週はちょっと前から気になっていた、トヨタの車。世界で問題になっているあの組織と同じ名称のトヨタ・アイシスを調べたいと思います。 「アイシス(Isis)」とは、古代エジプトの女神から由来しているのだそうです。 遠乗りしてもあまり疲れません。 トヨタは2017年内にアイシスを生産終了となる見方が強まってきました。 だと顔つきもスポーティな感じでそこも気に入ってます。, 右前方の視界が最悪です。ピラーが太すぎ。 ロールーフミニバンで同じハイブリッドのホンダ・オデッセイハイブリッドが378万円であるためお買い得ですが、新型プリウスαが登場した時、外観・内装の高級感がオデッセイと比較して見劣りしないかが重要です。, #プリウス 新型プリウスα微妙かも。なんか取って付けた感が、、、 pic.twitter.com/LtCLdY59Y6— たいち (@taichimunekata) 2017年4月12日, アイシスの後継車について紹介していきましたがいかがでしたか。今回のアイシスと同時にトヨタ・ウィッシュも販売終了となり、トヨタの代表的なロールーフミニバンが一気に2台無くなる見込みです。 2018.11.21 最小回転半径5.2JC08モード燃費(km/L)16.0 街中でも、レジャーでも、介護福祉にも使える実用的なミニバンとして、アイシスは人気を集めています。背が高いミニバンが主流となりつつある昨今、こういった背が低めで運転しやすいミニバンの需要は一定以上あるのでしょう。特に目立った欠点も見られないので、多くのユーザーに好まれています。, 目立った欠点がないと言っても、どれを購入しても良いというわけではありません。自分に適したグレードを買わなければ、やはり得をしたとは言えないでしょう。アイシスをより良く購入するために、グレードの違いについて知らなければなりません。, ※トヨタ アイシスは2017年12月をもって製造・販売が終了しております。以下内容は最終モデルの価格・グレード・装備に対しての比較・評価となることをご容赦ください。, ただし、LおよびL-”X SELECTION”以外には2.0Lエンジン搭載モデルが用意されています。1.8Lエンジンでも街中だけを走る分には十分な性能があるのですが、レジャーにも使いたいという場合にはやや力不足です。, では価格差を見てみましょう。最安価と最高値を比べると、34万円程度となります。価格だけ見ても、差が小さいのか大きいのか良くわかりませんね。価格と仕様の違いを見比べると、それが明らかになります。, Lはアイシスで最もベースとなるグレードです。Xセレクションはその廉価版グレードとなります。ここでは最安価の車=ベースグレードとするので、Xセレクションがベースグレードです。Lとの違いは、運転席アームレストの有無などにあります。, Gはディスチャージヘッドライトを搭載しているのが特徴的です。LやXセレクションはハロゲンライトとなっています。インテリアの質感も向上していますが、一言でLとの違いをまとめるなら「Lよりも快適性が増した」ということになるでしょう。, プラタナ及びVセレクションは、アイシスのスポーツタイプです。プラタナとそれ以外のグレードとでは、ボディサイズが異なります。, 以上がプラタナとそれ以外との違いです。プラタナとVセレクションはどう違うのでしょうか。それぞれ装備を見てみると、「プラタナは機能面においてLをベースとしている」 「VセレクションはGをベースとしている」と言えます。, 内装の加工・装飾や、エクステリアのパーツなど細かいところに、グレードごとの違いが現れます。, 実用性が高く評価されているアイシスですから、実用的な機能でどれほどの違いが出るのかにも注目したいところです。各グレードの代表的な装備のみを挙げ、その違いについて見てみましょう。, ドアを開くと、センターピラーも一緒に開きます。乗降スペースがとてもワイドになるという特徴がある、アイシスの装備の中で特に注目されている装備です。, ただ、助手席とリヤスライドドア両方を開けないと意味を成しません。使いタイミングがあまりないという人も多く、賛否両論あります。, 衝撃感知ドアロック解除システムは、車両に衝撃が加わると自動的に全てのドアを解錠します。, これは、エアバッグが作動するような重い衝撃のときに作動するので、いざというときドアが硬く閉ざされて外に出られないということがなく、安全です。, 「これが装着されていない車ではアウトバーンを走らない」と言われることがあるほどに、重要な安全装置となっています。これが全グレード共通の標準装備となっているのは、とても大きなポイントです。, TRCは、エンジンの過大な出力を抑えます。これによって、車輪のすべりが軽減され、車両が安定するのです。このほかにも、さまざまな予防安全装置が全グレード共通の標準装備となっています。, 間欠ワイパーは、一定の間隔を置いて作動するように作られているという点で、通常とは異なります。フロントワイパーは時間調整ができる点がとても便利です。装備されていない車に、後から取り付ける人も少なくありません。, スマートキーをポケットやカバンに入れていれば、運転席・助手席のドアハンドルを握るだけでドアがアンロックされるシステムです。, バックドアは、オープンスイッチを押すだけでアンロックされます。エンジンはブレーキを踏みながらスイッチを押すだけで始動するので、発進までキーを取り出すことはありません。, 助手席を倒すと、それがテーブルになります。これが全グレード共通の標準装備となっているのは、利便性を高めたアイシスならではと言えるでしょう。子供と二人で乗車する際は喜ばれるかもしれません。, 全グレード共通の標準装備では、予防安全装備や実用性の高い機能が多く揃っている印象を受けます。デュアルスライドドアや助手席側パワースライドドアなども、全グレードの標準装備です。多くの方が重視する装備が揃っています。, これだけでも走り出しには十分な装備内容となっているので、インテリアなどにこだわらない人はベースグレードがお買い得でしょう。グレードごとに違いが出るのは、主にインテリアとなっています。, プロジェクター式ハロゲンライトは、通常のハロゲンライトと比べて照射範囲が広く、明暗がハッキリとしています。中心部が特に明るいというメリットがあり、通常のものより視認性が高いです。, アイシスにはLEDヘッドランプの設定がなく、上位グレードはプロジェクター式ディスチャージとなっています。, ベースグレードですが、実用的な装備はほとんど揃っているのが特徴的です。インテリアもシート機構などは全グレード共通で、分割もロングスライドもできます。アイシスの売りのひとつでもある、多彩なシートアレンジがどのグレードでもできるというのが利点です。, ここでコストカットがされているからこそ、これだけの機能を備えながら価格を抑えることができているのです。インテリアにこだわる人には少し満足できないかもしれませんが、そうでない方は十分満足ではないでしょうか。, Xセレクションは、Lよりも安いです。運転席アームレスト、運転席シートバックポケットが無いというのが、その理由となっています。, リモコンドアミラーやアウトサイドドアハンドルもカラードではなく、ブラックとなっています。それらが必要ないと感じるなら、とても価値のあるグレードと言えるでしょう。, ディスチャージヘッドランプ(HID)というのは、簡単に言えばハロゲンライトよりも明るく消費電力が低いランプです。, フィラメントを使わずに発光するので、バルブの寿命もハロゲンより長くなります。HIDは非常に明るいライトですが、対向車にとってはとても眩しいです。, プロジェクター式になると、照射光が外に漏れにくくなるため、対向車にやさしいライトと言えます。これはハロゲンの場合も同じですが、デメリットを打ち消すために、それぞれプロジェクター式にしているのです。, 通常はメーター全体を発光させますが、これは文字の裏側から局部的に照らします。これによって針自体が発光しているように見え、明暗がクッキリとするのです。, 運転席側エアダクトに、高濃度タイプのプラズマクラスター発生器が装備されています。プラズマクラスターは、車内に漂っているカビ菌を不活化させ、空気をきれいに保ってくれる除菌イオンです。, 以上のように、GはLから実用的な機能が追加・強化されています。インテリアの質感も向上しており、より快適に過ごすことが可能です。運転していて快適・後ろに乗っていて快適というのが、Gの特徴と言えます。, Lと共通する装備が多く、基本はLの装備をベースとしていることがわかります。プラタナ専用装備は、エクステリアのパーツです。, 以上が装備されています。スポーティモデルということで、ホイールがアルミになっているというところも特徴的です。, 実用的な機能などはGのものと一致しますが、シルバーメタリック加工などGよりインテリアの質感は高くなっています。, 2.0Lのプラタナは16インチタイヤになり、ショックアブソーバーの減衰力が高められています。, スポーツタイプとしての魅力がとても高くなっているため、プラタナの購入を検討するのであれば、2.0Lエンジン搭載車の購入も併せて、ぜひ検討してみてください。, メーターが通常のものではなく、スポーツオプティトロンメーターというものになっています。これも発光方式の違いによって明暗がはっきり分かれて見やすいという特徴があり、さらにスポーツタイプとなり見た目にも楽しいです。, ライトもディスチャージとなります。他、運転式アームレストが角度調整式となったり、加飾がサイバーカーボン調となったり、さまざまな変更点があります。, 装備を見ていると、トヨタの車では珍しく、各グレードの役割がややわかりづらくなっているのではないかと、考えられます。, グレードを選ぶ際には、装備内容をしっかりと吟味して自分に必要な装備が揃うもの、不要な装備が少ないものを選ぶことが大切です。, そこで、今一度各グレードの魅力についてまとめました。そのグレードを購入したオーナーが、どのようにして選んだのかということにも触れるので、購入するグレードを決める際の参考に、どうぞ。, 全グレード共通標準装備がとても充実しており、それだけで必要十分な装備が揃う。本体価格が約207万円程度だということを考えると、割安です。, 「このクラスの中では居住性がトップクラスで高い」「十分快適に過ごすことができる」といった意見が、多く見られます。Lを選んでいる人は、お金と家族をとても大切にするやりくり上手な人と言えるのではないでしょうか。, HIDはとても明るく、本革ステアリングホイールのさわり心地はとてもスムースです。プラズマクラスターが搭載されていたり、セカンドシートにカップホルダーが追加されたりと、運転手以外も快適に過ごすことができます。, スポーツタイプが必要ない人で、HIDが欲しいのであればGを選ぶ価値はあるでしょう。, 実際プラタナを購入するなら2.0Lにするという人は、とても多いです。やはりスポーツタイプとして認知されていますから、動力性能が他グレードよりも高くなければ納得ができない人が多いのでしょう。, 装備がGベースのほうが良いという人は、Vセレクションを選びます。立ち居地がとてもハッキリとしているため、L同様選ばれやすいグレードです。, プラタナ専用装備や、2.0Lの性能に魅力を感じるのであれば購入する価値が大いにありますね。, Gは運転していて快適ですが、誰が選べばいいのかがわかりにくいという欠点があります。仕様を見ても、その立ち居地がわかりづらいのです。Lはベースグレードとしての立ち居地がハッキリとしています。必要な装備だけを整えて価格を抑え、選びやすいグレードです。, プラタナはスポーツタイプとして、サイズを変えて専用パーツを付けるといった差別化が図られています。エクステリアにこだわる人、2.0Lは動力性能にこだわる人にとって選びやすいグレードです。, このように、どの需要に対応するグレードかがわかりやすく、ベースグレードとプラタナは売れています。, 中でもベースグレードをおすすめするのは、誰にでも受け入れられやすいからです。プラタナはこだわる人にとって良い選択肢ですが、そうでない人には不要な仕様が多いので損をする選択肢となります。その点ベースグレードは誰が選んでも、少なくとも損をすることがありません。, ベースグレードを基点として考え、エクステリアに引かれるならプラタナ(1.8L)、動力性能などを求めるならプラタナ(2.0L)を購入する……。そのような選び方が、アイシスを最もお得に購入できる選び方ではないでしょうか。.
2020 アイシス 意味 車