今から約40年前の1979年12月ソ連がアフガニスタンに侵攻を開始しました。ソ連とアフガニスタンの小競り合いにアメリカなどの他国も加わり、アフガニスタン侵攻は10年にも及びました。 しかし、な … **********************************************, https://www.bbc.com/news/world-asia-54718437, モハマド・ラヒドの温かく陽気な表情は、動機付けを行うビデオ投稿を通して広がり、彼の死後オンラインで広く共有されている。, 「人生は挑戦、痛み、悲しみ、プレッシャー、そして問題に満ちている。それでも、人々の唇には笑顔がある。」彼は言う。, 月曜日、22歳の学生は、アフガニスタンで最も古く、最も人気のある学校の1つカブール大学への銃撃者による攻撃で殺された20人以上の人々の1人であった。自分たちと自分たちの国のために未来を築こうとしている若い男女への暴行は、街の住民を揺さぶり、怒りを引き起こした。誰がそのような冷酷な殺人を犯すことができるのか理解するのは難しい。, イスラム国(IS)グループは犯行を認め、2人の覆面の攻撃者の写真を公開した。彼らは「裁判官と捜査官の卒業」の式典を標的にしたと言った。, ISは、国内の過激派の暗い世界に出現した最新の立役者であり、アフガニスタン政府とタリバンの武装勢力との間のすでに血なまぐさい戦争をさらに複雑にしている。タリバンよりもはるかに強力ではなく、最近、その国の東部でかつて支配していた領土のほとんどを失ったが、死者を出す攻撃を実行する能力を保持している。, タリバンと政府の両方がISと戦い、どちらもそれを疑惑と見なし、ジハード主義者を密かに支援し、彼らを使って動きの遅い和平交渉を弱体化させたと非難している。, アフガニスタンの初代副大統領であり、タリバンに発言する批評家であるアムルラ・サレハは、ISの声明を「偽物」と表現し、現場で見つかった武器はISが公開した写真の武器と一致しないと述べた。サレハはまた、攻撃の現場で明らかに発見された「タリバンの旗」を、ISではなくタリバンがそれを実行した証拠として指摘した。, 犯行現場を訪れた記者は、教室の弾痕だらけの壁に走り書きされた、特に親タリバンのスローガン「首長国よ、永遠なれ」の写真を撮った。, 覆面姿のIS過激派が攻撃に関与したことを否定し、タリバンを非難したとされるビデオがインターネットにアップロードされたとき、さらに不思議な展開があった。, ただし、ほとんどの専門家は、そのビデオが偽物であることに同意している。そして、タリバンが攻撃との関連を避けたいのなら、なぜ彼らは彼らと一緒に旗を現場に持ってくるのかは不明である。, タリバンの報道担当、ザビウラ・ムジャヒドは怒りの反論を発表し次のように語った。「加害者が戦闘中に壁に落書きを描く時間を見つけることは如何様に可能か?そして旗を掲げて現場を攻撃するのはどのような目的だろうか?」, タリバンの声明は攻撃を非難し、政府がISを支援していると非難し、グループが「宣伝」目的で暴行を行うことを奨励したことを示唆した。しかし、タリバンの暴力に対する批判は、2016年に市内の別の大学を襲撃し、13人が死亡したと広く信じられているため、かなり空虚になっている。, アフガニスタン紛争について広範な調査を行った上級アナリストのボラン・オスマンは、BBCに対し、双方がISについて「強く支持」しているが、タリバンまたは政府のいずれかが提起した主張を立証する実際の証拠はないと語った。, 政府の支持者は、タリバンが「ソフトターゲット」に対して攻撃を行ったと非難することが多いが、故意にそれらを主張せず、代わりにISが責任を取ることを許可し、国民の反発を避けながら暴力の混乱から利益を得ている。, これには前例がある。タリバンとその関連ハッカーニ・ネットワークによって実行されたと広く考えられている、多数の民間人死傷者による自爆攻撃が、時には主張されていないことだ。, しかし、タリバンはアフガニスタン東部でISと激しく戦い、反乱軍での地位を奪うことを許さないことを決意した。タリバンは、アフガニスタン政府が北部の2つの過激派グループ間の衝突中にIS戦闘員を救助するのを支援したと主張している。アフガニスタン当局はそれを否定している。, タリバンとの紛争が、政府がISに取り組むために費やすことができるエネルギーの一部を奪うことは間違いない。そして、戦争に疲れた国民にとって、過激派間の分裂は、広範囲にわたる暴力に直面して無関係に見える。, カブールの治安当局はまた、タリバンとISとの競争にもかかわらず、2つのグループが市内で攻撃を行う際に同じ後方支援ネットワークを利用すると信じていると述べた。, タリバンはアフガニスタン内の「イスラム政府」または「イスラム首長国」を実施したいだけだと公言し、他の国に脅威を与えないと主張している。一方、ISのアフガニスタン支部は中東の加盟組織とのつながりを誇示している。グローバルな「カリフ制」の考えである。, ISはまた、はるかに公然と宗派主義的であり、タリバンがしなかった方法で、結婚式、寺院、スポーツクラブでの血まみれの自爆テロでカブールのシーア派少数派を繰り返し標的にした。先月、ISは、異端者と見なされているシーア派イスラム教徒であるハザラ人が大部分を占めるカブール地区の授業センターの外で20人以上の学生を殺害した。, 2年前のインタビューで、カブール刑務所に収容されていた1人のIS囚人はBBCに語った。そのグループは、タリバンのよりナショナリストが注入した見解に対して彼らの考えでは、その地域の本物の混じりけの無い存在として、自分達を唯一の「本物のモスリム」と考えている。その囚人は、タリバンをパキスタンの諜報機関の「代理人」と言い放った。, ボルハン・オスマンによる米国平和研究所の調査によると、少なくともカブール周辺では、ISは、「パシュトゥーン人以外の大学生である中流階級の若い男女など、通常はタリバンに引き寄せられない人々の部分から採用しようとしてきた。, カブール大学の攻撃者の1人は、ISから「アナス・アル・バニシリ」という仮名で紹介され、伝統的に反タリバン感情の拠点であるパンジシール州とのつながりを示唆している。対照的に、オスマンは、タリバンは一般的に、より地方の、そして民族的にパシュトゥーン人のコミュニティから支援を受けていると記した。, ISによって実行された恐ろしい暴力は、流血がさらに緊張を高め、国民の間で幻滅を強めることで、アフガニスタン当局者とタリバンの間のすでに行き詰まっている和平交渉を混乱させる可能性がある。, 和平プロセスに反対するタリバンの強硬派からの亡命をISが引き付ける可能性があるという予測はこれまで実現できなかったが、攻撃はまた、2つの主要な戦争当事者間の合意が最終的に到達したとしても、グループがもたらす可能性のある継続的な危険を浮き彫りにしている。, オスマンはBBCに対し、ISをめぐる競合する物語は、「教育水準が高く、過激化した都市部の若者からの実際の脅威を見落とすリスクがある」と語った。現時点では、「この脅威を認めたり、何かをしたりする意欲はほとんどない」と彼は述べた。, 簡単にSNSに投稿することが可能であるので、陰謀も図り放題。なんでもありの世界になってきました。, 意図的な物事の刷り込みは、今まで、世界のメディアが行っていることから、SNSでやってもかまわないだろう。むしろ、俊足のSNSを利用する方が、効果的であると、一般『市民』は思うわけです。, こういうところを既存メディアは非難するでしょうが、彼らがいままでにやってきたことは、まさに現在SNSが行っていること。, さまざまな情報を我々は仕入れないといけないということですね。まさに、情報弱者は『意のままに繰られる』ことを覚悟しないといけないということです。. アフガニスタン紛争について広範な調査を行った上級アナリストのボラン・オスマンは、bbcに対し、双方がisについて「強く支持」しているが、タリバンまたは政府のいずれかが提起した主張を立証する実際の証拠はないと語った。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. アフガニスタンについて簡潔にただし十分に詳しく紹介していきます。宗教、歴史、人口、場所から分かる特徴などを確認していきましょう。中東または中央アジアに位置するアフガニスタンは、昔から様々な民族が行き来する国。しかしアフガニスタンは不幸にも、
2020 アフガニスタン紛争 原因 簡単 に