Spirit Halloween Superstores <フィリング> 公衆トイレは下が大きく空いていて、 … バスルーム(トイレ)のドアは未使用時は開けておく 3. ⑧焼けたら取り出して、冷ます ブラウンシュガー 75g これらがハロウィンにまつわる話だ。起源などには色んな説があるが、真偽はともかく、ハロウィンの背景を知っていると、きっと楽しさも倍増するはずだ。, さて、今年こそは仮装して、ハロウィンの主役を気取ってみてはいかがだろうか。といっても、その種類は千差万別。数もとても多い。選ぶ基本は、自分のお気に入りキャラクターや、友達をアッと驚かせる凝ったものを選べばいいのだが、いくつか知っておきたい留意点もある。 ▼The Old Town Music Hall 140 Richmond St., El Segundo ● 親は、子供の回るルートを必ず把握する 2.着ていく場所を考える パンプキン(ペースト) 1缶(425g) 笑う時は歯を見せて笑う 7. ▼Downtown Anaheim周辺の数カ所 Spirit Halloween Superstores ● 道路を渡る時、必ず四方を確認する オンラインで型紙が手に入るサイト。ハロウィン料理のレシピも充実, 材料(8~10人分) www.westhollywoodhalloween.com 普通の本屋でも割引品がある 10. Party America ⑤375°Fに熱したオーブンで、6~9分焼いて冷ます   www.spookmaster.com ■10月中の水曜日~日曜日と11/1(土) ●古典ホラー映画の上映会。最新技術を駆使したホラー映画もいいが、必要以上に想像力を駆り立てる無声白黒映画の方が、恐怖感は倍増する, ハロウィンには欠かせない、カボチャのランタンとお菓子の作り方を紹介しよう。スーパーで買うのとは違って、今年は手作り感に満ちた素敵なハロウィンが過ごせるはず。ぜひ、家族揃ってチャレンジしてほしい。, ●パンプキン・カービング101 開催地がゲイやレズビアンの街でもあることから、行き交う人のコスチュームはとにかくド派手で奇抜でセクシー。ガイコツやモンスターの定番コスチュームはもちろん、ドラッグクイーンやコールガールなど、かなり刺激的。入場は無料で、食べ物の露店やライブ会場やダンスエリアなども。 ●パンプキンマスターズ ● ハロウィンの夜は、家でも子供だけにしない ●スプークマスター ④③を1/4インチの厚さに伸ばし、好みの形にくり抜く Coffin, Tristam P.; Cohen, Hennig, (editors), 『家族という神話: アメリカン・ファミリーの夢と現実』ステファニー・クーンツ、筑摩書房, 1998.3.   www.pumpkin-carving.com www.jack-o-lantern.com     ●11月1日の「万聖人の日」と、翌日2日の「死者の祭り」。メキシコ文化に根ざした伝 統のフェスティバル アメリカ人はマスクしないって本当? コロナウイルスが世界的に感染拡大して現在、アメリカ合衆国のトランプ大統領がマスクの使用について 「自主的な物」 「やらなくてもいい」 「自分はやらないと思う」 などと発言をして、世間で話題になっています。 "The Sorrowful Sound" in the, Kochan, Alexis and Julian Kytasty. ● 他人の家の庭庭や通路を使って近道しない ● もらった菓子類は、必ず大人がチェックし、安全を確かめてから食べさせる(果物類は、切って中身を確認する) Warp + Weft: D’Angelo :: Voodoo: Reveille Magazine, Neo-Soul's Familiar Face; With 'Voodoo,' D'Angelo Aims to Reclaim His Place in a Movement He Got Rolling, $10 for a Plain CD or $32 With the Extras Published: December 27, 2004, 2005–2006 State Arts Education Policy Database, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ合衆国の音楽&oldid=77673242. 74, Baraka, pg. West Hollywood Halloween Carnival Party City   http://olvera-street.com/html/dia_de_los_muertos.html もうすぐハロウィン!カボチャのランタンを飾ったり、パンプキンパイを食べて仮装パーティーに出かけたりと、あらためてアメリカにいることを実感する時期。でも毎年同じじゃつまらない。ちょっと知識も貯めて、いままでとは違うハロウィンを楽しんでみませんか?, 仮装パーティーで楽しく過ごすイメージが強いハロウィンだが、アメリカではれっきとした伝統行事。ハロウィンとはそもそも、カトリックの万聖節(AllSaint’s Day)の前夜祭のこと。ちなみに万聖節とは、聖人たちを讃えるためのお祭りで、ハロウィンの語源も、「神聖な(Hallow)」と「夜(Evening=een)」からきている。 タマゴ 1個 About.com: R&B - Neo-Soul: What Is Neo-Soul?   毎年50万人の人出で賑わう全米で最大級のハロウィンカーニバル。サンタモニカ通りを1マイルにわたって車両通行止めにし、色んな人が思い思いのコスチュームで通りを練り歩く。   ■10/31(金)・6:00pm~12:00am ◆無料, 巨大お化け屋敷の登場! バーベルケーキ教室 顔型の無料ダウンロードやカボチャの話が充実 スモールトークが大好き 5.   水木日・7:00pm~1:00am / 金土 ・ 7:00pm~2:00am ●ワンちゃんたちのハロウィンコスチュームパレード。ペットが主役のハロウィンイベントとしては世界最大!毎年600匹を超えるワンちゃんが、可愛いコスチュームに身を包み、街を大行進 9, cited in Garofalo, pg. www.lapdonline.org, <全米展開店舗> 黒のスウェットを用意。白のフェルトを細く切り、それを骨(骨格)のように組み合わせて貼り付ける, ハロウィンが始まる1カ月ほど前から、アメリカ各地で色んなイベントが開催される。特にハロウィン当日の夜には、教会、学校、コミュニティーなどで多彩なイベントが目白押しだ。コスチュームの心配はもうなくなった。後は、ハロウィン気分をさらに高める楽しいイベントに出かけるだけ。, 奇抜な衣装を楽しめる 砂糖 大さじ1 まず生活習慣やマナーに関する内容をざっと箇条書きにしてみます。 1. 仮装パーティーで楽しく過ごすイメージが強いハロウィンだが、アメリカではれっきとした伝統行事。 ハロウィンとはそもそも、カトリックの万聖節(AllSaint’s Day)の前夜祭のこと。   Hispanic or Latino By Race, Highlights of the 2001 National Household Travel Survey, Professional Football Widens Its Lead Over Baseball as Nation's Favorite Sport, Washington Post, America is losing its middle income neighborhoods, Beginning Too Soon: Adolescent Sexual Behavior, Pregnancy And Parenthood, “Hooking Up: The Relationship Contexts of "Nonrelationship" Sex”, http://jar.sagepub.com/cgi/content/abstract/21/5/459, Nearly 3 in 10 young teens 'sexually active', http://www.usnews.com/usnews/culture/articles/020527/archive_020860.htm, http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324475804578200632534332700.html, http://books.google.com/books?id=iALd6WoGtPEC&printsec=frontcover, Life in the USA: The Complete Guide for Immigrants and Americans, Guide to American culture and customs for foreign students (US Army Intelligence), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ合衆国の社会&oldid=79996069. ☎323-769-0195   4.親の勝手で選ばない <アイシング>   Papers of Dillon S. Myer.   他にもアメリカ=アングロサクソン系の伝統的な音楽には、様々な ブロードサイド (broadside)、滑稽話、ほら話、鉱山労働・海難事故・殺人などにまつわる受難歌などが含まれている。 95, Bergey, Berry, "Government and Politics" in the, Cornelius, Steven, "Campaign Music in the United States" in the, Blum, Stephen, "Sources, Scholarship and Historiography", Unterberger, Richie with Tony Seeger, "Filling the Map With Music" in the, 2005 Yearend Market Report on U.S. 塩 小さじ 1/2 家の中では土足でオーケー 2. 参考:ロサンゼルス市警ウェブサイト 昔、ケチで嘘つき、おまけに大酒飲みのジャックという、とんでもない男がいた。ある日、酒を買うお金が底を尽きたジャックは、思案した挙句、こともあろうに悪魔をだまして銀貨を手に入れた。年月が流れ、ジャックの寿命も終わってしまったが、生前の悪行の行き過ぎで、ジャックは天国はもちろん、地獄からも門前払いを受ける。行き場を失ったジャックは、悪魔から石炭に火をつけたカブのランタンをもらい、それを灯しながら永遠に冥界をさまよい続けた。 ☎213-625-5045 ● 「トリック・オア・トリート」の際は走らない 園内を何気に歩いていると、出るわ出るわのお化けたち!ベンチの後ろから、木の陰から、前列に並ぶ人の間からと、あらゆるところから色んなお化けが登場するのだ。園内には、何と1000人(?)以上のお化けがウヨウヨしているから、アイスクリームやポップコーンを食べならが歩いている人は要注意!   Spooktacular Halloween Parade & Fall Festival タマゴ 大2個 214; cited in Garofalo, pg.     2007年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年4月12日閲覧。。, アメリカの音楽業界においては大手レコード会社が優位に立っているものの、一方でインディーズ音楽業界も存在する。インディーズ音楽の主要な基盤は、地方から外への販路をもたない、もしくはあっても限られているような地方のレーベルである。アーティストがインディーズレーベルからレコードを出し、十分な名声を獲得してからメジャーレーベルと契約することもあれば、あえてインディーズレーベルにとどまり続けるものもいる。一般的な音楽とスタイル面で似ていることもあるが、多くのリスナーにとってインディーズの音楽は、あまり聞く機会がなかったり、特殊だったり、受けが悪かったりすることが多い。インディーズのアーティストが、自身の曲をインターネットでファンに公開していることも多い[99]。各種レコード中心のアーティスト以外にも、コミュニティ楽団、結婚式などでの歌手・バンド、ラウンジ歌手、ナイトクラブのDJなど、音楽にたずさわる様々なプロフェッショナルがいる。アメリカ音楽家連盟(en:American Federation of Musicians)は、プロ音楽家を対象としたアメリカ最大の労働組合である。とはいえ、音楽に関する安定雇用下にある加入者は、全加入者の15%にすぎない(2000年時点)[102]。, 音楽はアメリカの教育において重要な地位を占めており、ほとんど全ての教育過程に組み込まれている。公立の小学校では必修科目、その後は選択科目となるのが一般的[103]。一般的な高校では、コーラスをメインにした声楽と、大人数のスクールバンド形式をとる器楽のクラスが開講される。演劇科による舞台製作の一部として音楽が組み込まれる場合もある。公立・私立ともに、学校が音楽クラブ・グループへの出資を行うことはよくあり、その場合スポーツの対抗戦で演奏を行うマーチングバンドが含まれることが多いが、これはジョン・フィリップ・スーザのバンドが1880・90年代に大人気となったことから始まった傾向である。, 小規模ながら重要な音楽アカデミーや音楽大学も存在するが、アメリカにおける音楽の高等教育は、主に大規模な総合大学が担っている。大学の音楽学部は、スポーツイベントに不可欠なマーチングバンドから、バーバーショップ・グループ、グリークラブ、ジャズバンド、交響楽団に至るまでさまざまなバンドへの出資を行うことがある。また、外国の演奏家を招いてコンサートを行ったりなど、音楽に関する交流活動への出資も行うことがある。音楽学科を設けて数々の音楽スタイルについて研究している大学もある。, アメリカにおける、音楽に関する学術研究は、音楽史・音楽学の他にも、社会階級・民俗や宗教上のアイデンティティ・性別と音楽との関係などについても研究が行われている。アメリカ音楽に関する学術研究は、19世紀終わりごろのアリス・フレッチャーとフランシス・ラ・フレッチェによるオマハ族の音楽についての研究にはじまる。これはアメリカ民族学局およびピーボディ考古学・民族学博物館のための研究であった。, 1890年代から20世紀初めにかけて、インディアン・ヒスパニック・アフリカ系・アングロサクソン系といったアメリカの各民族に対して音楽学上の録音がなされた。これは主に議会図書館音楽部長オスカー・ソネック(en:Oscar Sonneck)以下の指揮のもと、アメリカ議会図書館によって行われた研究であった[104]。この一連の研究を行った研究社には、アメリカ民俗音楽アーカイブの設立者であるロバート・ウィンスロー・ゴードン[105]、ジョン・ローマックス、アラン・ローマックスなどがいる。アラン・ローマックスは20世紀のルーツ・リバイバルの一因となった民俗音楽収集家の中でも最も有名である[106]。, アメリカ音楽に関する20世紀初めの研究は、ヨーロッパ由来のクラシックの伝統をもっとも研究上の価値があるものとして解釈する傾向があり、一般民衆の民族的・宗教的・伝統的な音楽は下級のものとして評価されており、美術的・社会的な価値は少ないと見られていた。ヨーロッパ諸国の歴史と比較して、アメリカの音楽には歴史が足りないとされ、その結果アーサー・ファーウェルが『アメリカの音楽(Music in America)』(1915)で書いたように、文筆家はアメリカの文化からどのような音楽の伝統が生まれるか検討するようになった。1930年、ジョン・タスカー・ハワード(en:John Tasker Howard)による、アメリカで作曲されたコンサート音楽に注目した『我々のアメリカ音楽(Our American Music)』が研究のスタンダードになった[107]。音楽学者チャールズ・シーガーによる20世紀半ばの研究以来、アメリカの音楽史は、人種や先祖について理解することと緊密に結びついているとされることが多くなった。この観点のもと、アメリカにおける様々な人種・民俗のバックグラウンドにより、ヨーロッパ・アフリカ・インディアンの音楽要素がそれぞれの領域を超えて変容していったような一定の文化変容が促進された一方で、人種同士の音楽上の分断という考え方も進んだ[104]。ギルバート・チェイスの『アメリカの音楽、ピルグリムから現在まで(America's Music, from the Pilgrims to the Present)』は、アメリカ全体の音楽を検討したメジャーな研究としては最初の例である。チェイスはこの中で、アメリカのフォークの伝統はコンサート音楽よりも文化的に重要であるとの見方を示した。アメリカ特有の音楽的アイデンティティについてチェイスが行った分析は、既成学会においていまだに優勢な見解の地位を保っている[107]。しかし1960・70年代のほとんどの音楽学者は、主にヨーロッパ由来のクラシック・オペラのスタイル、時にアフリカ系のジャズなど、分野をアメリカ音楽の中の特定分野に限定しつつ、ヨーロッパ音楽の研究を続けていた。これより後世の音楽学者・民族音楽学者は、国民の音楽アイデンティティから、特定の時代の特定のコミュニティにおける個々の技法・スタイルまで様々な研究を行っている[104]。近年のアメリカ音楽に関する研究では、チャールズ・ハム(en:Charles Hamm)の『新世界の音楽(Music in the New World)』(1983)やリチャード・クロフォード(en:Richard Crawford)の『アメリカの音楽生活(America's Musical Life)』(2001)などが有名[108]。, アメリカの祝日の中には、音楽が重要な役目を果たすものがいくつかあり、特に音楽が重要になるのがクリスマスの祝いである。クリスマスの音楽は、さやかに星はきらめきなどの宗教歌や、ジングルベルなどの世俗的な歌などがある。また、国歌の「星条旗」をはじめとする愛国歌は独立記念日の祝賀において重要である。他にも、アメリカ全土での祝祭にはならない地方の祝日においても、音楽が一定の役割を果たすものは多くある。特に有名なのがマルティグラで、これはニューオーリンズで行われる、音楽と踊りのパレード・祭りである。, アメリカでは、多数の音楽祭が行われており、演じられるスタイルもブルースやジャズから、インディーズロックやヘヴィメタルまで様々なものがある。全米に知られたアーティストがほとんどいないような、地方のみに対象を絞った音楽祭もある。こういった音楽祭は地方の興行主によって運営されているのが普通である。大手のレコード会社は、ロラパルーザやオズフェストといった音楽祭をみずから主催して、大勢の観客を動員している。, gov/edis/negro_spirituals.htm,1921年、トーマス・エジソンによる録音、1924年発表, そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。議論は, Radano, Ronald with Michael Daley, "Race, Ethnicity and Nationhood" in the, Wolfe, Charles K. with Jacqueline Cogdell DjeDje, "Two Views of Music, Race, Ethnicity and Nationhood" in the, McLucas, Anne Dhu, Jon Dueck and Regula Burckhardt Qureshi, pp 42–54, Cowdery, James R. with Anne Lederman, "Blurring the Boundaries of Social and Musical Identities" in the, Means, Andrew.
2020 アメリカ 伝統文化