スデイリー・セブン(アラビア語: السديريون السبعة‎ As-Sudayrīyūn as-Sabʿah、英語: Sudairi Seven)とは、サウジアラビアの王家サウード家のうち、初代サウジアラビア国王アブドゥルアズィーズ・イブン・サウードと彼が最も寵愛したスデイリー家出身の女性ハッサとの間に生まれた7人の男子のこと。 寵愛したハッサ妃との間に生まれた7人の男子のことをスデイリーセブンといい、現在サウジアラビア王族の中で一番勢力を持っています。 今日(3月11日)はいよいよサウジアラビアの「怒りの日」です。サウジアラビア各地でデモ行進が予定されています。一体、このデモ行進がどれだけ大きい規模になるのか、また当局は力ずくでデモ行進を解散させるのか?、、、、、予測できないことが山ほどあります。 スデイリー・セブン(アラビア語: السديريون السبعة‎ As-Sudayrīyūn as-Sabʿah、英語: Sudairi Seven)とは、サウジアラビアの王家サウード家のうち、初代サウジアラビア国王アブドゥルアズィーズ・イブン・サウードと彼が最も寵愛したスデイリー家出身の女性ハッサとの間に生まれた7人の男子のこと。, 王位継承権を持つ7人の男子と、彼らの子や孫が王家の中で権勢を振るい、実際に7人のうち4人が王位継承順第1位となる王太子に指名され、このうち即位前に病死しなかった2人が国王に即位した。2015年に第6代国王アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズが死去し、スデイリー・セブンの一人であるサルマーンが即位した際には、スデイリー閥によって前国王アブドゥッラーの人脈が排除され、王室内でのスデイリー閥の主導権が強められたとされている。また、男子の他にハッサ妃は4人の女子ももうけた。, 王位継承順に挙がった人物を太字で記す。スデイリー・セブンの子は初代国王の孫の世代で、「第3世代」となる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=スデイリー・セブン&oldid=79649822, アブドゥッラフマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ(1931年 - 2017年)、防衛副大臣(1978年 - 2011年), トゥルキー・ビン・アブドゥルアズィーズ(1934年 - 2016年)、防衛副大臣(1968年 - 1978年). サウジアラビアの国王・王族, ムハンマド皇太子は2018年現在、32才ととても若く、経済や教育改革に燃える有名な皇太子です。, サウジアラビアの次世代を担う注目されている若きムハンマド皇太子についてご説明します。. サウジアラビアの歴史・文化ナビではサウジアラビアの宗教や服装、言語などの暮らしの情報や石油・観光産業情報、国王(王族)についてなどサウジアラビアに関する様々な情報を紹介しています。, 2018/9/14 saudiarabia@history. 3月12日に来日予定のサウジアラビアのサルマン国王。さすが一夫多妻制の国、家系図が複雑すぎます…。そして、世界最大級の産油国は同行する王子の人数や荷物の量など、外遊の規模もすご … サウジアラビア前国王アブドゥルアジーズ国王が最も寵愛した妻ハッサ妃がスデイリー家出身なのです。 . 2018/9/14 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); サウジアラビア前国王アブドゥルアジーズ国王が最も寵愛した妻ハッサ妃がスデイリー家出身なのです。, 寵愛したハッサ妃との間に生まれた7人の男子のことをスデイリーセブンといい、現在サウジアラビア王族の中で一番勢力を持っています。, 前国王アブドゥルアジーズが亡くなった後、スデイリー家の影響を高めるため亡き国王アブドゥルアジーズの派閥は排除されつつあります。, 正式な名前はムハンマドビンサルマンといい、サルマンの息子ムハンマドという意味の名前です。, スデイリーセブンの1人ナイフビンアブドゥルアジーズの子、ムハンマドビンナイフという人物は現皇太子ムハンマドビンサルマンの前に力を持っていました。, 同じムハンマドという名前ですが、ナイフの息子であるムハンマドでありサルマンの息子より26才年上になります。, ムハンマドビンナイフはアメリカ留学の経験があり、アメリカ連邦捜査局やロンドン警視庁でテロ訓練なども受けています。, 皇太子時代に投降したテロリストと謁見した際、テロリストの隠し持っていた爆弾により負傷しその後皇太子を解任されたのです。, ムハンマド皇太子は32才という若い皇太子ですが、事実上のサウジアラビアの国政、外交、経済、宗教上すべての上で絶大な権力をにぎっています。, 2015年、前国王が逝去後、父サルマン国王の国防相を引き継ぎ以来、さまざまな活躍をしています。, イエメンのフーシ派との戦闘を指揮、2017年カタールとの国交断絶などイランへの圧力強化、国内では汚職一層に力を入れています。, 経済では脱石油をかかげ、外資系企業誘致に力を入れるなど様々な方面での改革を推し進めているのです。, また女性の参政権や運転免許解禁などにもムハンマド皇太子が助力したとされており国内外では注目されているのです。, サウジアラビア、リヤドのキングサウード大学卒業し学位を取得したムハンマド皇太子は知識豊かで聡明であることでも知られています。, サウジアラビアでは若き皇太子が国王になると安定した長期政権になると期待されているのです。, サウジアラビア ムハンマド皇太子 精悍でハンサムな顔だちに、目尻に愛嬌のある笑顔。若き皇太子は女性の自動車免許を解禁し、石油依存からの脱却も掲げて、サウジアラビアに近代化と自由をもたらすと期待されていた。だがそれも、2018年10月にトルコでジャマル・カショギ氏の殺害事件が起きるまでのこと。 中東のお金持ち国家サウジアラビアが、財政破綻の危機に直面している。だが、緊縮財政など経験したこともない王族たちは、相も変わらずロンドンで、パリで、ロサンゼルスで、豪遊の限りを尽くしている。膨張し続ける王室、歯止めの効かない放蕩。
2020 サウジアラビア ハッサ妃