サルマン国王は高齢な上に長期間のアジア歴訪のスケジュールであったため体調を考慮しサウジアラビアから事前に日本に運んでいたようです。, 自前のタラップだけではなく、サウジアラビアから飛行機10機、1500人を超す同行者とともに来日したことでも話題になりました。, 例えば国王のコーヒーだけを入れる人、トーブなどの衣装を手入れする人、など細かく分業されているため1つ1つに専門の人間が必要なのです。, この来日の日本滞在時では高級ホテルを1000室以上使用し、ハイヤーは500台手配したと言われています。, またホテルの部屋には国王専用のソファなどの家具まで運びこまれたということなのです。, 国王や富豪達は旅行先でも普段と同じ生活をするためお気に入りの家具を持ち込むことも可能なのです。, サウジアラビア国内にはサウド家ファミリーは何千人もおり、政府関係の要職、名誉職などを独占しておりその家族は優雅な生活をしています。, サウジアラビアのファハド王子が卒業パーティとしてフランスのディズニーランドを貸し切り19億円出費というのは最近のニュースです。, サウド家がスイスに行った際には夜8時頃から徹夜でスイスのデパートを貸し切りお買い物を楽しんだというニュースはサウジアラビアの新聞で取り上げられました。, 国内での普段の生活の中でもその富豪ぶりはすさまじく、宮殿内に商品やパンフレット等を持った販売員が直接伺いほぼ買占めることもあったといいます。, 買うばかりだと商品が増える一方なので買い物の趣味が高じて、自分で会社を持ち自分好みのものばかりを売っている王族関係者もいます, 自分が一番快適な空間でマッサージ等を受けられるのは富豪にのみ許された贅沢なのです。, サウジアラビア国内では国王一行が移動する車列に出くわし長時間一歩も動けなくなることがあります。, また動静が詳しく伝えられていないため突然王族がサウジアラビアを出国すると決まれば民間人のフライトはすべてキャンセルか遅延になります。, しかし石油などの天然資源は永遠にはもたないため、このような生活を大勢の王族たちが続けることに脅威を感じる若い王族たちがいることも事実です。, サウジアラビア, 生活, 富豪 saudiarabia@history. 「世界の0.0001%にプライベート・ジェットを売る男」の24時間|選ばれしエリートたちの「空飛ぶ贅沢」, 財産を築いた富豪が次に狙うのは「大統領」という最高の権力?|ディズニーやフェイスブック幹部の名も…. また動静が詳しく伝えられていないため突然王族がサウジアラビアを出国すると決まれば民間人のフライトはすべてキャンセルか遅延になります。 サウジアラビアの歴史・文化ナビではサウジアラビアの宗教や服装、言語などの暮らしの情報や石油・観光産業情報、国王(王族)についてなどサウジアラビアに関する様々な情報を紹介しています。, 2019/8/14 サウード家 ( آل سعود ‎ Āl Saʿūd 、 英語: House of Saud )は、 サウジアラビア の 王家 。 サウード家(آل سعود‎ Āl Saʿūd、英語: House of Saud)は、サウジアラビアの王家。, サウジアラビアの英語名に含まれる Saudi、アラビア語名に含まれる السعودية‎ al-Suʿūdīya は、いずれも「サウード家の」という意味である。, 元来、サウード家はアラブ人のイスラム教スンナ派のアナイザ族(英語版)に属するアラビア半島中部のディルイーヤの支配者だった。18世紀中頃、ムハンマド・イブン=サウード(英語版)(在位: 1744年 - 1765年)がイスラームの純化を唱えるムハンマド・イブン=アブドゥルワッハーブと盟約を結んで、ワッハーブ主義の保護者となる代わりにワッハーブ派勢力の世俗支配者としての正統性を認められて、勢力を拡大した。ムハンマドの興した第一次サウード王国は、マッカ(メッカ)とマディーナ(メディナ)の二聖都を征服。19世紀初頭までにアラビア半島の大部分を支配するまでに成長した。, オスマン・サウジ戦争(1811年 - 1818年)ではワッハーブ主義の拡大を恐れたオスマン帝国とそのエジプトのen:Egypt Eyalet(ムハンマド・アリー朝)太守ムハンマド・アリーの派遣した討伐軍により首都ディルイーヤが攻略され、崩壊した。, その後、トゥルキー・ビン・アブドゥッラー(英語版)がリヤドに移って1824年に第二次サウード王国を復興したが、ナジュド中南部の小勢力に留まり、Royal Civil Warとも呼ばれる1891年1月24日のen:Battle of Mulaydaではナジュド北部の支配者ラシード家(英語版)によって首都を奪われた。アブドゥッラフマーン・ビン・ファイサル・アール=サウード(英語版)はクウェートに亡命し、ジャバル・シャンマル王国がナジュドを支配した。, 1902年のリヤドの戦い(英語版)に至ってアブドゥルアズィーズ・イブン=サウードがリヤドを奪還し、サウード王国を復興した(ナジュド及びハッサ王国)。その後、en:Battle of Dilamとサウード・ラシード戦争(英語版)(en:Battle of Unaizah (1904)、en:Battle of Bekeriyah (1904)、en:Battle of Shinanah (1904)、en:Battle of Rawdat Muhanna (1906)、en:Battle of Tarafiyah (1907))が続いた。, 第一次世界大戦(1914年~1918年)でオスマン帝国はドイツ帝国などからなる中央同盟国の一つとして参戦。イギリスなどと戦い、中東各地で戦乱が起きた(中東戦域 (第一次世界大戦) )。, サウード家が関連する第一次世界大戦期および終戦直後の戦闘としては、en:Battle of Jarrab(1915年)、en:Al-Khurma dispute(1918年 - 1919年)、クウェート・ナジュド国境戦争(英語版)(1919年 - 1920年)がある。, 1921年にはラシード家を滅ぼしてナジュド・スルタン国が成立した(en:Conquest of Ha'il)。en:Ikhwan raids on Transjordan(1922年 - 1924年)。, ヒジャーズからハーシム家のフサインのヒジャーズ王国勢力を駆逐し(en:Saudi conquest of Hejaz)、1926年には現サウジアラビアの版図を征服(ナジュド及びヒジャーズ王国)。en:Ikhwan Revolt(1927年 - 1930年)。en:Ikhwan raid on Busayya、en:Battle of Sabilla、en:Battle of Jabal Shammar (1929)。, 1932年、アブドゥルアズィーズ・イブン=サウードが勅令によりサウジアラビアの建国を宣言、初代国王に就任した。1934年、サウジ・イエメン戦争、en:Idrisid Emirate of Asirを併合。, 一夫多妻制と諸部族の有力者の娘を娶ることで国家を統合するための政略結婚により[1]、初代国王アブドゥルアズィーズには、数は不確定ながら50人~200人の子供がいると言われ、王位継承権を持つ第2世代の王子は1900年生まれから1947年生まれまで36人を数えた。第2代国王サウード、第3代国王ファイサル、第4代国王ハーリド、第5代国王ファハド、第6代国王アブドゥッラー、第7代国王サルマーンのいずれもこの第2世代の王子であり、異母兄弟若しくは同母兄弟が年長順に王位継承を続けてきた。1975年には第3代国王ファイサルが甥のファイサル・ビン・ムサーイド(英語版)王子に暗殺された。, 1992年に制定された基本法により、サウジアラビア国王は初代国王アブドゥルアズィーズの男系の子孫であることが定められた。王族はワッハーブ派のムスリムとしか結婚が許されないため、海外の王侯貴族との政略結婚などはあまり行われていない。, サウード家はサウジアラビアにおいて、ワッハーブ主義の保護者としての正統性から絶大な地位を持ち、安定した政権を保ち続けている。だが、第5代国王ファハドの即位以来、「スデイリー・セブン」と呼ばれる国内の有力豪族スデイリー部族の母を持つ第5代国王ファハドの同母兄弟が中央政界で力を持っており、異母弟である第6代国王アブドゥッラーなどその他の王族と微妙な関係にあるとされた。, 第3世代となる初代国王の孫の世代は男性だけでも254人が公式に確認されており、王位継承問題が深刻化すると見られていたが、2015年に第7代国王サルマーンが、ナーイフ元皇太子の息子のムハンマド・ビン・ナーイフを王位継承順第2位となる副皇太子に就任させ、更に同年に王位継承順第1位の皇太子に昇格させたことによって、初めて第3世代が王位継承者に挙がることとなった。これにより第3世代への王位継承問題に道筋がつけられた。, なお、2009年時点までに第6世代まで誕生している。一夫多妻制により鼠算式に王族が増えていった結果、第6世代まで含めたサウード王家の総数は5000人以上[1]、一万人を超えるとも言われている。後者の場合、単純に総人口で割ると国民2700人前後に1人の割合で王族が居ることになる。, 産油国のサウジアラビアといえども、増えた王族全員が豊かな暮らしができるほど政府支出は負担しきれず、貧しい王族もいる。またムハンマド・ビン・ナーイフによる汚職取り締まりなどの改革に、一部の王族は不満を抱いていると報道されている[1]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サウード家&oldid=74846323. サウジアラビア国内では国王一行が移動する車列に出くわし長時間一歩も動けなくなることがあります。 . ©2020 KODANSHA CO.,LTD. 中東のお金持ち国家サウジアラビアが、財政破綻の危機に直面している。だが、緊縮財政など経験したこともない王族たちは、相も変わらずロンドンで、パリで、ロサンゼルスで、豪遊の限りを尽くしている。膨張し続ける王室、歯止めの効かない放蕩。 サウジアラビアの国王・王族, サウジアラビアは世界でも有数の原油生産国であり、国家歳入の約9割が原油収入で占めています。, サウジアラビアの国民の生活はその恩恵を受けており医療費、教育費は無料ですので必然的に収入に占める生活費は低く抑えられ他のことにお金を使うことができるのです。. サウジアラビア、王子11人拘束って・・・11人て! そもそも「サウジアラビアの王子」の定義は、王族の男子なわけで、日本で言うなら「男性の宮様」のことで、皇太子かどうかではありません。 サウジアラビアの国王が、1000人もの王族たちをつれて来日した!この訪問のために、サウジアラビア政府は東京都の高級ホテルを中心に1000室以上を予約したという。昨年2016年の9月にも、サウジアラビアの皇太子が天皇陛下と面会している。 PHOTO: KARL-JOSEF HILDENBRAND / PICTURE ALLIANCE / AFLO, 大西洋を見下ろす高台に建つモロッコ離宮。塀沿いに監視カメラがずらり PHOTO: SAMUEL ARANDA, 2015年に即位したサルマン国王は、初代サウジアラビア国王の25男 PHOTO: SIMON DAWSO / BLOOMBERG / GETTY IMAGES, 75年前は、砂漠の油田地帯をラクダが闊歩していた PHOTO: DMITORI KESSEL / THE LIFE PREMIUM COLLECTION / GETTY IMAGES, 中東のお金持ち国家サウジアラビアが、財政破綻の危機に直面している。だが、緊縮財政など経験したこともない王族たちは、相も変わらずロンドンで、パリで、ロサンゼルスで、豪遊の限りを尽くしている。, とりわけ裕福な王族は、フランスの城やサウジの宮殿を所有し、スイスの銀行口座にひそかに金を預け、アバヤの下にオートクチュールの衣服をまとい、世界有数の大型ヨットに乗って一般国民の目につかないところで遊びほうけている。, サルマン国王は、ただの金持ちレベルの者から億万長者にいたるまで、生まれ落ちた瞬間から特権と富に馴れきった王族たちをまとめ上げなければならない。, アラムコがニューヨークやロンドンの証券取引所に上場して新たに監査が入れば、政府の資金の流れが明らかになり、王族に流れる金の動きも知られてしまうかもしれないからだ。, 「サルマン国王になってから、王族たちの享受する物質的特典はいっそう増えている。恩給制度の本質は変わっていません」, 2016年の夏に国王がその離宮を訪れた際には、国王一行を乗せて町を巡るために、数百台の黒のメルセデスのセダンとレンジローヴァーが列をなしていた。宮殿内に自前の医療施設と最高級レストランの厨房を備えており、フランスから空輸したロブスターやキャビア、トリュフを使った料理が饗される。, 1943年にサウジを訪れた米「ライフ」誌が、当時の様子を伝えている。初代のアブドゥルアジーズ国王が、御用車のパッカードがパンクしたため道端で修理を待っていると、ラクダに乗った羊飼いが通りかかった。国王は羊飼いに、金貨を何枚か与えたということだ。首都リヤドでは、貧しき民のために「ラクダ1頭が丸ごと入るくらい大きなかまど」で炊き出しをおこなったと記者は綴っている。, むやみに競争相手の多い一族のなかで、サルマンには強みが1つあった。王位継承順位は、必ずしも年齢に準じるわけではない。サルマンの母ハッサ・アッスデイリは父王の寵愛する妃で、妃には7人の息子がいた。サルマンを含む同母兄弟は「スデイリ・セブン」と呼ばれ、強力な勢力を誇っていたのだ。. All rights reserved. 2019/8/14 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2017年4月サウジアラビアのサルマン国王が来日した際、自前のエスカレーター式タラップで降りてきた姿を見た人は多いのではないでしょうか? 一夫多妻制で初代国王には36人の男子がいたため、第2代国王から第7代国王まで兄弟で王位継承を続けてきた。 1986年 に「国王陛下」から「 二聖モスクの守護者 」と呼称を変更した。
2020 サウジアラビア 王族