第41回(1991年) ダイイチルビー 来たら仕方ないのエアスピネルは勝ち切れないが飛ばなかったか…^^; 好きな騎手:田辺裕信ジョッキー ◎ ?ガリバルディ 7着(9番人気) 6 着 注 ?ホッコーブレーヴ 第07回(1973年) キョウエイグリーン が、ここでムーアJ…はい、後方待機組にした私の予想は、 前々走は◎本命で的中、そ... 2 着 △ ?フェイムゲーム 第14回(1964年) シモフサホマレ 第45回(1995年) ハートレイク 苦手な騎手:横山典弘ジョッキー 第47回(1997年) タイキブリザード, 第48回(1998年) タイキシャトル 第35回(1985年) ニホンピロウイナー 第31回(1997年) タイキシャトル 第67回(2017年) サトノアラジン 第24回(1974年) キョウエイグリーン, 第25回(1975年) サクライワイ 敢えて来たら仕方ないはラッキーライラックにしましたが、 【スプリンターズS】グランアレグリア圧勝!サンデーレーシング・吉田俊介代表「めちゃくちゃすごかった」. 第52回(2002年) アドマイヤコジーン グランアレグリア(西:Gran Alegria )は、日本の競走馬。 主な勝ち鞍は2018年のサウジアラビアロイヤルカップ(GIII)、2019年の桜花賞(GI)、阪神カップ(GII)、2020年の安田記念(GI)。 2019年のJRA賞最優 … 第30回(1996年) フラワーパーク 〒135-8721 東京都江東区越中島 2-1-30 第39回(2005年) サイレントウィットネス 第31回(1981年) タケデン 第24回(1990年) バンブーメモリー 第15回(1965年) パナソニック 4回中山9日目, 20/06/07  そんな私の予想は、 第21回(1987年) キングフローリック 第48回(2014年) スノードラゴン 第29回(1979年) ロイヤルシンザン 第08回(1958年) ラプソデー 第17回(1967年) ブツシヤン 第21回(1971年) ハーバーゲイム 第54回(2004年) ツルマルボーイ 第05回(1971年) ケンサチオー 第50回(2016年) レッドファルクス 第41回(2007年) アストンマーチャン 第70回(2020年) グランアレグリア, 国際競走指定前: 国際G1昇格後: 第12回(1978年) メイワキミコ WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ, お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。, 20/10/04  第22回(1988年) ダイナアクトレス 好きな馬:エルコンドルパサー 第28回(1994年) サクラバクシンオー 第18回(1984年) ハッピープログレス, 第19回(1985年) マルタカストーム 第34回(2000年) ダイタクヤマト 5回阪神7日目, 19/05/05  第53回(2003年) アグネスデジタル 第46回(1996年) トロットサンダー 第50回(2000年) フェアリーキングプローン 第65回(2015年) モーリス 第43回(2009年) ローレルゲレイロ 第33回(1999年) ブラックホーク サンデーレーシング・吉田俊介代表「めちゃくちゃすごかった」 2020年10月04日 19時25分 グランアレグリアの鞍上ルメールはガッツポーズ。 グランアレグリアがJRA賞最優秀3歳牝馬に選出されました クラブ所属馬グランアレグリア(牝3歳 父ディープインパクト 母タピッツフライ 母の父Tapit 美浦・藤沢和雄厩舎)が、桜花賞(G1)に優勝したことが評価され、2019年度JRA賞最優秀3歳牝馬に選出されました。 第02回(1968年) スズハヤテ 第26回(1976年) ニシキエース 5回阪神6日目, 18/10/06  第61回(2011年) リアルインパクト 2回阪神6日目, 18/12/16  有限会社サンデーレーシング(Sunday Racing Co. Ltd.)は、日本中央競馬会に馬主登録をしているクラブ法人である。 愛馬会法人「有限会社サンデーサラブレッドクラブ」より匿名組合契約に基づく競走馬の現物出資を受けて、中央競馬などの競走に出走させている 。 そんな私の予想は、 第08回(1974年) サクライワイ 第20回(1970年) メジロアサマ Copyright © Sunday Thoroughbred Club all rights reserved. 第27回(1977年) スカッシュソロン 第42回(1992年) ヤマニンゼファー 第40回(2006年) テイクオーバーターゲット 第16回(1966年) ヒシマサヒデ 馬の力強さとスピード感を感じとっていただければ幸いです。, クラブ所属馬ラッキーライラック(牝2歳 父オルフェーヴル 母ライラックスアンドレース 母の父Flower Alley 栗東・松永幹夫厩舎)が、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に優勝したことが評価され、2017年度JRA賞の最優秀2歳牝馬に満票で選出されました。, 2月12日(水)にサンデーサラブレッドクラブホームページがリニューアルオープンしました。デザイン、画面イメージを一新し、さらに情報を充実。従来のパソコン、携帯電話に加えて、スマートフォンにも対応したしました。アドレスは共通で「http://www.sundaytc.co.jp」です。ぜひご利用ください。 また、会員様専用のメンバーズオンリーでは、ご出資馬の「レポートメール配信」やご登録馬の最新情報がひと目でわかる「登録馬最新情報一覧」など新規機能追加を行いました。右上の入力画面からログインして、ご利用ください。ID、パスワードは、今までご利用いただいていたものをご入力ください。初めてログイン時のみ、パスワードとメールアドレスの再入力をお願いいたします。. 第68回(2018年) モズアスコット グランアレグリア号がスプリンターズS(G1)に優勝!! 2020年08月09日. 第51回(2017年) レッドファルクス 第05回(1955年) クリチカラ 第07回(1957年) ヘキラク 第04回(1970年) タマミ 第38回(1988年) ニッポーテイオー 第25回(1991年) ダイイチルビー 第27回(1993年) サクラバクシンオー 第26回(1992年) ニシノフラワー 第02回(1952年) スウヰイスー 5月17日(日)には東京競馬場で牝馬限定のヴィクトリアマイル(G1)が開催予定となっています。現状はギリフルゲートになりそうですが、アーモンドアイが今年初戦を迎えますがどんな結果を出すか、そして... 俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。 第06回(1972年) ノボルトウコウ 第66回(2016年) ロゴタイプ 去勢明け初戦はかなりネックではあるが…... 俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。 第57回(2007年) ダイワメジャー 第47回(2013年) ロードカナロア 第30回(1980年) ブルーアレツ 4回東京1日目, 18/06/03  第06回(1956年) ヨシフサ 国際競走指定後: 来たら仕方ないで切ったユーキャンスマイルは4着に飛んでくれましたが…^^; クラブではこれを機に新しいロゴマークを制定しました。 グランアレグリア(西:Gran Alegria[1])は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2018年のサウジアラビアロイヤルカップ(GIII)、2019年の桜花賞(GI)、阪神カップ(GII)、2020年の安田記念(GI)、スプリンターズステークス(GI)。2019年のJRA賞最優秀3歳牝馬。, 2016年1月24日、北海道安平町のノーザンファームで誕生[1]。一口馬主法人「サンデーサラブレッドクラブ」より総額7000万円(1口175万円×40口)で募集された[2]。馬名の意味はスペイン語で「大歓声」[3]。, 美浦・藤沢和雄厩舎に入厩。2018年6月3日の新馬戦(東京芝1600m)でクリストフ・ルメールを鞍上に迎えてデビューし、終始楽な手応えで2着ダノンファンタジーに2馬身差を付けて楽勝する。勝ち時計は2歳の新馬戦としては破格の1分33秒6であり[4]、従来の2歳新馬レコード[注 1]であった1分34秒7を実に1秒1も更新する驚異のレコードタイムであった[5]。, 夏場は休養にあて、10月6日のサウジアラビアロイヤルカップで復帰。牡馬相手かつ休み明けでプラス18キロの馬体重ながら、単勝1.3倍の断然人気に推される。ゲートで立ち遅れて後方からのスタートになったが、掛かり気味に2番手に取り付くと、直線は余裕の手応えで抜け出し、2着ドゴールに3馬身半差をつける圧勝で無傷の重賞制覇を遂げた[6]。, クリストフ・ルメールが香港国際競走に騎乗するため、同日の牝馬限定戦である阪神ジュベナイルフィリーズを回避して翌週の牡馬相手である朝日杯フューチュリティステークスに出走。1980年のテンモン以来38年ぶりの牝馬による同レース制覇が期待され、単勝1.5倍の支持を集めた。しかし、レースでは2番手を追走したものの、直線入口でアドマイヤマーズに交わされると内にモタれる様子を見せ、最後はクリノガウディーにも交わされて3着に敗れた[7]。, 陣営は桜花賞のトライアルレースを使わずに、2019年4月7日の桜花賞本番に直行。レースは3~4コーナーでグランアレグリアが動いて直線入り口で逃げたプールヴィルに並び掛け、直線で先頭に立つとあとは独走状態となり、後続に2馬身半差で圧勝して牝馬クラシック1冠を獲得した。勝ち時計1分32秒7は、前年のアーモンドアイを0秒4上回るレースレコード。中111日での勝利はやはりアーモンドアイの中89日を更新する新記録。桜花賞を年明け初戦の馬が制したのも初となった。鞍上のクリストフ・ルメールは桜花賞連覇。管理する藤沢和雄調教師は2004年のダンスインザムード以来15年ぶり2度目の桜花賞制覇となった[8]。, 5月5日のNHKマイルカップでは朝日杯FS以来となるアドマイヤマーズとの2強対決が注目された中で1番人気に推される。レースでは直線で桜花賞のような鋭い伸びを見せられず4位入線となった。さらに、直線コースで外側に斜行し、5位入線のダノンチェイサー(鞍上川田将雅)の進路を狭くしたため、5位に降着となった[9]。鞍上のルメールは3月2日に不注意騎乗で騎乗停止処分を受けたにもかかわらず、短期間で不注意騎乗を繰り返したため過重制裁を適用、5月11日 - 26日(開催6日間)の騎乗停止処分を受け、騎乗予定があった東京優駿など[注 2]での騎乗ができなくなった。, 夏は休養に充て、秋は3歳牝馬としては異例のスプリンターズステークスからの始動を予定[11]していたが、左前脚に溜まっていた膿の完治が難しいと判断され回避することが決まった[12]。, 復帰を予定していたマイルチャンピオンシップも回避し[14]、およそ7ヶ月半振りの実戦として阪神カップ(GII)に出走。自身初となる1400メートルながら堂々の1番人気に推されると、レースでは好位追走から直線で抜け出すと後続を寄せ付けず、2着フィアーノロマーノに5馬身差をつけ完勝[15]。ブランクを感じさせない勝利で重賞3勝目を挙げた他、同レース創設以来初めての3歳牝馬の優勝となった[15]。古馬相手の勝利にルメールは、「直線(で)追ったら彼女ははアッという間に抜け出したのでビックリしました」と話し[13]、それを聞いた藤沢は「あのくらい走っても不思議ではない。驚くことじゃない」と語った[13]。, 2020年1月7日に行われたJRA賞各賞の発表では、オークス馬ラヴズオンリーユーや秋華賞馬クロノジェネシスを抑えてJRA賞最優秀3歳牝馬に選出された[16]。1月23日には国際競馬統括機関連盟によるワールドベストレースホースランキングが発表、グランアレグリアには117のレーティングが与えられた[17]。これは3歳牝馬としては世界1位である[18][注 3]。, 昨年のJRA賞の受賞式でサンデーレーシング代表の吉田俊介から春のローテーションとして、高松宮記念からヴィクトリアマイル、安田記念と出走するプランが発表された[19]。, 古馬初戦は高松宮記念に出走。主戦のルメールが当日ドバイで騎乗予定のため、池添謙一との初コンビを結成した[20]。同レースには前走オーシャンステークスを快勝したダノンスマッシュや昨年のスプリンターズステークス覇者タワーオブロンドンをはじめ、自身含むマイルGI馬が複数頭出走するなどの豪華メンバーが集合した[21]。その中で最終的に2番人気の支持を受けると、レース本番、重馬場ながら前半3F34秒5のスローペースで先行馬有利の展開となった中、自身は直線で後方から追い込んだものの一歩届かず3位入線、1位入線のクリノガウディーが降着となったため、繰り上がりで2着となった[22]。レース後に鞍上の池添は「これだけの馬なので、結果を出さないといけなかった」と惜敗に悔しさを表すコメントをした[22]。, 次走に予定されていたヴィクトリアマイルは熱発により回避し[23]、安田記念に直行。鞍上はルメールがアーモンドアイに騎乗するため、前走に続き池添謙一が務めた。史上初の芝GI8勝目の記録がかかるアーモンドアイが圧倒的人気を背負う中、単勝12.0倍ながら3番人気に推された[24]。レースではスタートでアーモンドアイが出遅れて後方からの競馬となる中、自身は中団からレースを進め、直線に向くと抜群の手応えで抜け出し、外から追いすがるアーモンドアイや内から迫るインディチャンプを2馬身半の差を着けて完勝。前年の桜花賞以来のGI2勝目を飾った[25]。鞍上の池添はレース後、「今日は本当にすごいメンバーを相手に勝つことができて、 自分の仕事が出来て良かったです」とコメントした[25]。, 夏場の休養を経て、2度目のスプリント戦となるスプリンターズステークスに出走。鞍上は3戦ぶりにルメールが戻った。春秋スプリント制覇を狙うモズスーパーフレアをはじめ、ダノンスマッシュやダイアトニックといった実績馬が集まった中[26]、1番人気の支持を受けた。レースは道中の位置取りが後方になってしまうも、前半がハイペースになったことでモズスーパーフレアら先行馬が直線で失速。外から進出した本馬は強烈な末脚で各馬を抜き去り、内から進出したダノンスマッシュに2馬身差をつけゴール。前走安田記念に続くGI連勝、桜花賞と合わせてGI3勝目を飾った[27]。また、この勝利はディープインパクト産駒として初のスプリントGI制覇となり、鞍上のルメールはJRA重賞100勝を達成した[27]。, 第2回 タイレイ / 第3回 ブランドソール / 第4回 バンナーゴール / 第5回 ミスセフト / 第6回 ヤマイワイ / 第7回 ブラウニー / 第8回 ハマカゼ / 第9回 ヤシマドオター, 第10回 トサミツル / 第11回 ツキカワ / 第12回 スウヰイスー / 第13回 カンセイ / 第14回 ヤマイチ / 第15回 ヤシマベル / 第16回 ミスリラ / 第17回 ミスオンワード / 第18回 ホウシユウクイン / 第19回 キヨタケ, 第20回 トキノキロク / 第21回 スギヒメ / 第22回 ケンホウ / 第23回 ミスマサコ / 第24回 カネケヤキ / 第25回 ハツユキ / 第26回 ワカクモ / 第27回 シーエース / 第28回 コウユウ / 第29回 ヒデコトブキ, 第30回 タマミ / 第31回 ナスノカオリ / 第32回 アチーブスター / 第33回 ニットウチドリ / 第34回 タカエノカオリ / 第35回 テスコガビー / 第36回 テイタニヤ / 第37回 インターグロリア / 第38回 オヤマテスコ / 第39回 ホースメンテスコ, 第40回 ハギノトップレディ / 第41回 ブロケード / 第42回 リーゼングロス / 第43回 シャダイソフィア / 第44回 ダイアナソロン / 第45回 エルプス / 第46回 メジロラモーヌ / 第47回 マックスビューティ / 第48回 アラホウトク / 第49回 シャダイカグラ, 第50回 アグネスフローラ / 第51回 シスタートウショウ / 第52回 ニシノフラワー / 第53回 ベガ / 第54回 オグリローマン / 第55回 ワンダーパヒューム / 第56回 ファイトガリバー / 第57回 キョウエイマーチ / 第58回 ファレノプシス / 第59回 プリモディーネ, 第60回 チアズグレイス / 第61回 テイエムオーシャン / 第62回 アローキャリー / 第63回 スティルインラブ / 第64回 ダンスインザムード / 第65回 ラインクラフト / 第66回 キストゥヘヴン / 第67回 ダイワスカーレット / 第68回 レジネッタ / 第69回 ブエナビスタ, 第70回 アパパネ / 第71回 マルセリーナ / 第72回 ジェンティルドンナ / 第73回 アユサン / 第74回 ハープスター / 第75回 レッツゴードンキ / 第76回 ジュエラー / 第77回 レーヌミノル / 第78回アーモンドアイ / 第79回グランアレグリア, 国際競走指定前:
2020 サンデー レーシング グランアレグリア