All Rights Reserved. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. 得失点差; 3. ロシア - ロシア・サッカープレミアリーグ順位表、試合結果、試合日程、他ロシア・サッカープレミアリーグに関しての詳細的なデータをまとめています。得点ランキング、アシストランキング、クリーンシートランキングなども公開。 勝点; 2. | プレミアリーグ順位表ページです。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の海外サッカーページです。最新のニュース、速報、コラム、日程、結果、順位などを素早くお届けします。 2020年4月4日(土)~12月6日(日)に行われる、高円宮杯 jfa u-18サッカープレミアリーグ 2020のページです。リーグ概要、日程・結果、チーム紹介等の情報を配信しています。 All Rights Reserved. この項目では、2019-2020年シーズンのプレミアリーグ (PL)について述べる。, プレミアリーグ2019-2020 (2019-20 Premier League)は、第1シーズンが行われて以来、28回目のプレミアリーグである。リヴァプールが初のプレミアリーグ優勝を達成した (フットボールリーグ時代も含めると19回目)。, 新型コロナウイルスの影響で、2020年3月11日に試合が組まれていたマンチェスター・シティ対アーセナルの試合が、アーセナルの多数の選手とスタッフが別の感染確認者と接触していたことによって、予防的措置で、外からの接触を避けることにしたため、延期された[1][2]。2020年3月12日にはアーセナルのミケル・アルテタ監督に陽性反応が見られ、監督と接触したスタッフが隔離され、トレーニングセンターでは徹底除菌がされることになった[3][4]。2020年3月12日にはレスター・シティの3人の選手が感染の症状を見せたことを、監督のロジャーズが明らかにした。レスターのすべての選手が検査を受け、2020年3月12日に結果がわかることになっている[5]。2020年3月12日には、2020年3月9日に、風邪の症状をしていた、チェルシーのフォワード、カラム・ハドソン・オドイが陽性反応を示したことを発表したうえで、選手やスタッフを隔離することを明らかにしている[6]。, これを受け、2020年2月13日に、プレミアリーグは緊急の会議を行い、今後の試合の開催をどうするかについて、協議を行い[7]、その結果、2020年4月3日まで、リーグ戦のすべての試合を延期することになった[8]。プレミアリーグのCEO・リチャード・マスターズは「この前例のない状況で、私たちはクラブ、政府、イングランドサッカー連盟 (FA)、フットボールリーグ (EFL)と緊密に協力しており、選手、スタッフ、サポーターの健康と福祉が優先事項としています」とのコメントを発表した[8]。, 2020年3月19日になって、プレミアリーグの中断期間を、2020年4月30日まで延ばすことを明らかにした[9]。この理由について、プレミアリーグでは「COVID-19 (新型コロナウイルス)の推移は依然不透明で、選手、スタッフ、サポーターの健康と安全が我々の優先事項」と説明している[10]。今後は、「安全が確保された上でできるだけ早く、2019~20年シーズンを再開し、国内、欧州ともに全ての試合をプレーできる方法を見つけていきたい」と述べていた[10]。, しかし、2020年4月3日になって、中断期間を2020年5月初め以降に延ばすことを明らかにした[11]。, 2020年4月3日にプレミアリーグ所属20のクラブが「サラリーに関する会議」を行い、プレミアリーグのクラブが年俸の削減に向けて協議入りすることで合意を見た[12]。プレミアリーグの声明によれば、「2019-20シーズンが中断してから、相当額の継続した損失に直面する中、雇用を守るために、プレミアリーグのクラブは全会一致で年俸の30%に相当する額の削減ないし放棄に関して所属選手に相談することで合意した」としている[12]。, 2020年4月4日にイングランド・サッカーのプロ選手協会がプレミアリーグ側から出された選手の年俸を3割削減することに反対する声明を明らかにした[13]。声明では「12カ月分の3割削減は計5億ポンド (約665億円)以上に相当し、政府にとって2億ポンド (約266億円)以上の税収減となる」としている[13]。, また、プレミアリーグ側からイギリスの国家医療制度 (NHS)に対して2千万ポンド (約26億6千万円)を寄贈することに関して選手協会は、「歓迎するが、もっとはるかに大きな額を出せるはずだ」と主張している[13]。, 2020年4月17日、テレビ電話という形で、すべてのクラブの関係者による会議が行われ、新しいプレミアリーグの日程案が示されて、協議が行われたが、この会議では結論は出されなかった[14]。, ヨーロッパで、スポーツビジネスの専門家であるサイモン・チャドウィックは現地メディアのインタビューに対して「起こりうる事態を想定するのは時期早々かもしれないが、事態が深刻化すればフットボール界に迫る問題は多々あるだろう。まず、日程問題はかなり深刻だ。すでに試合が開催できる枠はほぼ埋まっており、3月と4月までも試合開催の影響を受けることになればシーズンが短縮される可能性もある。」と見解を示した[2]。, 2019-2020年シーズンのプレミアリーグのクラブ数は前年同様の20。ノリッジ・シティ、シェフィールド・ユナイテッド、アストン・ヴィラがプレミアリーグ (PL)に昇格。, 2019年8月10日に開幕し、2020年5月17日閉幕の全38節・380試合で行われる[34]。, 最終更新は2020年8月1日の試合終了時出典: Premier League順位の決定基準: 1. イタリア・セリエa. 【LEGEND STADIUM×SOCCER KING オリジナル動画】日本代表のために今だから話せること, Jクラブも支援!クリエイティブスキルが学べる 「CREATIVE GYM」が11月開講クラスの申込受付中!, ついに本領発揮の久保がコメント「個人としても満足」…一方リーガでの先発への思いも?, 久保建英、ELデビューで1ゴール2アシストの大活躍!…ビジャレアルは5発で乱打戦制す, 「制御不可能」「先発を確保しないわけが…」鮮烈パフォーマンスの久保を現地紙が絶賛!, アストン・ヴィラFWワトキンス、アーセナル戦2発に歓喜「アーセナルファンなんだ。嬉しくてたまらない」. Copyright (C) 2020 Sportsnavi Inc. All Rights Reserved. Copyright (C) Kyodo News Digital Co., Ltd. All Rights Reserved. 【UEFAチャンピオンズリーグ出場条件】 問題は、なぜトッテナムはそんなことができたのか、そしてそれを模倣することはできるのか、ということだ。すでに人が言っていることを得意げにまとめてみても仕方ないが、可能性をリストアップしてみる。, ほぼ毎シーズン、獲得したうちの誰かは当たっている。でもなんで上手なのかはわからん。すまん。わからんわ。いきなりトートロジーっぽくて申し訳ないが。わからんが、トッテナムは2000年代からずっと、英国系を中心に若手を獲得するというトライアンドエラーを繰り返してきた。その蓄積かもしれない。ただし、これは人の引き抜きや模倣でそのうち追いつかれてしまう部分だ。, 要するに若い選手を買って長く使っている。契約年数が長くなれば単年の償却費負担は小さくなるし、若い段階から使えば、契約が更新できなくても売るときに高く売りやすいから、次の選手も買いやすい。そうでない例を挙げてみると、例えばマン・シティは基本的にブレイクしきった段階で買って30過ぎまで使い切ることが多いから単年の負担も高いし、売る頃にはすっかりベテランなので売っても二束三文だ。, これはもう予測というか事実で、スパーズは売上高に対して偶発債務(条件を満たすと発動する負債)がめちゃでかい。タイトル取ったときのボーナスの比重を高くする代わりに、人件費を抑えているのだ。, ケインの例のように、契約解除金を設定しないか、しても相当高めにしておくことで、引き抜かれるのを極力防ぐ。選手の入れ替えがあるとそれだけボラティリティが高まるし、費用上もなるべく長く在籍してもらったほうが旨味がでる。, 分母を大きくしようと思うと、高値で売却できることも大事だ。2010年代のスパーズは、この見極めもうまかった。モドリッチ、ベイル、ウォーカーはわかり易い例だが、カーディフからコウルカーに900万ユーロ出させるとか、トロントから(トロントから!)デフォーに730万ユーロ出させるとか、ケヴィン・ヴィマーとベンタレブで合わせて4,000万ユーロ近く稼ぐとか、そういう細かいところがうまかったのだ。さっき書いたように、若い選手が多いから価格が上がりやすいというのは大きいだろうが、デフォーまでそこそこで売れるのはよくわからない。売り先に対する分析が細かくて、提案営業ができていたのかもしれない。, ④で長期契約を結んだとはいえ、選手からは不満も出てくる。なにせ右を見ても左を見ても、隣の芝は青いのだ。半分冗談ではあるが、そういうときに、ロンドンにあるというのは割と有利に働くのではないだろうか。少なくとも、リヴァプールやマンチェスター、バーミンガムにあるクラブと比較したら、給料以上のものが提供できると思われる。, でもこのやり方、選手がいつまでも低待遇で我慢する秘密があるか、魔法が解ける前に収入規模で他の5クラブに追いつくかどっちかしないと、どっかで維持できなくなる。そして実際そうなった。, まず、人件費が爆増した。まだ業界トップのマンU、シティ、リヴァプールなどと比べると低い水準にあるが、売上と違って給与は一度上がると下がらないから、成績が下がればすぐ苦しくなる。, ケイン、ソン・フンミン、アリの給与は契約更改で上がってしまった(それでも後者二人の給料はびっくりするくらい安いが。スパーズ以外のビッグ6ならどこで1.5倍はもらえるだろう)。エンドンベレは初っ端から週給20万の大盤振る舞いだ。2018年には「給料が安すぎる」といってダニー・ローズが反乱を起こしていたが、多分ケインやその他の選手も、クラブとは緊張関係にあっただろう。今もあるかもしれない。, また、さっき挙げた5つのうち、⑥以外は全部、維持できる期間に限りがある。維持できなくなるとどうなるかというと、エリクセンのように普通に契約を消化されて、無料か安値で放出しなければならなくなる。エリクセン、ヴェルトンゲン、ワニャマ、ジョレンテ、デンベレといった辺りからは売却益があまり取れていない。スパーズはもともと総収入に占める選手売却益の比重が高い。つまり売る方にも結構依存していて、ずっと歯車を回し続けるのはやはり難しいのだ。, また、いかに人件費が勝ち点との相関が強いといっても、説明力は(たしか)0.5から0.6程度しかないから、成績の変動は他の要素でも簡単に起こりうる。また、金を積むと良い人材が取れるというのは市場が効率的であることを前提としているが、例えば監督やコーチについての市場は選手のそれよりも遥かに非効率だろうから、ハズレを引いてしまう可能性も高い。何が言いたいかというと、上で書いたのは全部、「比較的安価に、有能と想定される人材を取り揃え続けるための術」だから、実行できたところで勝ちを保証してくれるわけではないということだ。まあ、コーポレートサイドができることとしてはそんなもんなんじゃないかという気がするが。, 話が長くなったが、人材関連投資に対するポイント収益性において、スパーズという例は確かにある。でもそれをずっと維持し続けるのは難しく、2010年代のスパーズはそれこそ奇跡的なアウトパフォーマンスだった。, じゃあそれが真似できんのか?と期待したいところだが、中堅勢力自身のポイント収益性もすごい勢いで下がっているのである。, 例えばエヴァートン。2017年以降の人件費の伸びは凄まじい。ベルナルジ、ミナ、ゴメス、ピックフォード、シグルズソンといった辺りは移籍金も高かったが給料のインパクトも大きい。その結果、売上高人件費率は100%を超えてしまった。こんな水準は何年も維持できない。かなり危ない橋を突っ走っているのだ。, この投資を支えるためにオーナーのモシリから3億ポンドの貸付がブチ込まれているが、そこから売上を生み出すのは簡単ではない。優れた人材を雇えばいいと言っても、それもまた金がかかる。しかも、他の19のクラブも(何なら他のリーグも)みんな同じことを考えているのだ。レスターやセインツ、ウェストハムも同様で、それぞれ収入の7割から8割を人件費に充ててかなり危ない橋を渡っているが、勝ち点は思うように伸びない。つまり、サッカー面で上手くやり続けること(だけ)でビッグクラブに成長するというのは、実際問題かなり難しいのだ。, 勝ち点の収益性が一定の水準に収束すると想定すると、資産回転率を高めていかなければならない。でないと、赤字こきまくってしまうからである。オーナーが金を入れ続ければキャッシュフローは回るが、FFPに引っかかってしまう。だから売上を大きくしなければならない。, エヴァートンの資金の使い途(2019年時点)を2016年時点のシティと比べてみると、固定資産への投資が小さいのが分かる。, 買収後にスタジアムの拡張工事、トレーニングコンプレックスの建設などインフラを整備したシティと比べると、エヴァートンはまだ投資先がサッカー面にとどまっているが、収入を増やそうと思うと、遅かれ早かれスタジアムやトレーニング施設に手を付けることになる。グディソン・パークはエティハド・スタジアムと比べると小さく、1試合あたりの平均観客数は約1万人も少ない。この間、5億ポンドで新しいスタジアムを建てる計画が通ったのは、このハンデを克服するためだ。, スポンサーシップ収入はどうだろうか。エヴァートンもこの10年で3倍まで増やしているが、上位クラブがそれ以上の勢いでスポンサー契約を増やしていくので、差は開く傾向にある。市場がグローバルに広がれば、人気があるクラブほど海外でスポンサーを見つけやすくなる。倍々ゲームだ(つらい)。, シティは、オーナーと関係が深い会社(エティハド航空、エティサラート、アーバルなど)からの契約を積み重ねて滑走路を作り、次に、営業チームを強化してグローバルにスポンサーを獲得していった。その強化も、イングランドだけでなく、アメリカ、日本、中国、南米、インドと各大陸に統括会社を置き、姉妹クラブを作ることで、世界で同時多発的に露出できますという形にした。, あるいは、トッテナムが北米でやったように、比較的手がついておらず、先行者優位が取れそうな地域に重点的に営業をかけるという手もある。スパーズは2010年代の前半から北米市場を重点的に攻めており、そのために招聘したグローバルパートナーシップのヘッドを結果が出ないので1年で解任したり、結構アグレッシブな人事をしていた。現在、アメリカにあるファンクラブの数ではトッテナムはプレミア最多だ。, ただしこれも、よほど空白地帯があるのでない限り、その国出身の選手がいるとか(例えばフリーデル、デンプシー、イェドリン)、オーナー企業がその国の会社だとか(例えばレスターとタイ)、あるいは極端な話その国にチームがあるとか(例えばCFGの姉妹クラブ)、特別な条件がないと一旦シェアを得ても長期的に維持するのは難しいように思われる。一般的なビジネスと違って、スポーツで競争を避けるというのはかなり難しい。, いずれにせよ、すでにリソースを持っている上位クラブに挑戦しよう、追いつこうと思うと、どうしても先行投資が必要になる。シェイク・マンスールやアブラモヴィッチがこれまで10億ポンドも突っ込んできたのも、それだけ積んで初めて、ビッグクラブとまともに優勝を争い、リーグにおいて優位に立てる、ということの裏返しでもある。それくらい、人気、ブランド、戦力、組織のあらゆる面で、伝統的なビッグクラブが積み上げてきたものは大きいということだ。まあミランみたいに自分からボロボロ取り崩していくところもあるが。, 今シーズンはこれまでのところ、ビッグクラブとその他の成績が割と拮抗しているが、やっぱり不確実性はスポーツ観戦の醍醐味なので、道のりは厳しいが、エヴァートン、レスター、ニューカッスル、ウェストハムといった中堅どころには頑張ってほしいところ。多分、本気で追いつこうと思えば、かなり高い確率でFFPのVA(一定期間の赤字許容ルール)を使うことになるのではないだろうか。, sakekovic_14さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog
2020 プレミアリーグ 順位 1920