GK:高丘陽平 日程の差が出ているのか、横浜FMの攻撃を防ぎ切れない鹿島だが39分、こちらも鋭い攻撃から反撃に出る。左サイドのハーフウェイライン付近から土居が前線へロングボールを配球すると、相手の最終ラインの背後をとった上田が目一杯伸ばした右足で華麗にトラップ。絶妙なコントロールで懐に収めた上田は、DFに体をぶつけられながらも右足でシュートを突き刺し、1点差に縮めた。 連勝中の鹿島(6位/勝ち点45)は1-0で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを1人変更して、直前にベンチ外となった三竿の代わりに永木をチョイス。一方で、前節ベガルタ仙台に1-0で辛勝して連敗をストップさせた名古屋(5位勝ち点45)は、その一戦から前田が外れて古巣戦の相馬が起用された。 1-3で敗れた直近のサンフレッチェ広島戦から1週間ぶりの試合となる横浜FM。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)との日程の兼ね合いで生じた怒涛の22連戦を終えて、今回は5日の調整期間があった中、スタメンは広島戦から6人変更。畠中は累積警告で出場停止となり、マルコス・ジュニオールや伊藤、水沼が起用された。 早くも追いかける展開となった鹿島がボールを保持して試合は推移していくなか前半半ばにアクシデント。成瀬と衝突した和泉がプレー続行不可能となり、荒木がイン。一方、名古屋も20分を過ぎたあたりから足を痛めていたオ・ジェソクが負傷交代となり、両チームとも33分に選手交代を余儀なくされた。 ★予想スタメン[4-4-2] 2020年11月3日(火) 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ エヴェラウド(後33) DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也
◆鹿島vs名古屋ハイライト
上田、エヴェラウド、遠藤のゴールはいずれもスーパーゴールに《J1》. コンディション面では相手に分がある中で、シーズン当初から積み上げてきたポゼッションサッカーをどこまで体現できるか。攻撃重視の横浜FM相手となるだけに、大きなチャンスが訪れる可能性は多い。 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎え、1-0で勝利。再び連勝を記録した。 その後、5分の後半アディショナルタイムも経過し試合終了。アウェイの鹿島が見事な逆転劇を演じ、過密日程の中2試合ぶりの白星を上げた。一方、敗れた横浜FMは2連敗となった。 これで2点差を追いついた鹿島。選手を入れ替えてテコ入れも図りつつ試合を進めると迎えた84分、その交代で入った伊藤が右サイドからクロスを上げると、ペナルティアークでフリーとなっていた遠藤が左足ボレー。丁寧かつ正確に叩いたシュートがゴール右に吸い込まれ、とうとう逆転に成功した。 仙台戦も難しい試合となった中、勝負強さを見せられたことはチームとしてはプラス材料。今季初の連敗からすぐに抜け出せたことは成長の証と言える。 内田篤人選手は、1988年3月27日生まれ。 出身は、静岡県田方郡函南町です。 小学校は地元のサッカー少年団、中学校は部活で楽しくサッカーをしていた内田選手。 高校では、サッカー王国静岡の名門のひとつ、清水東高校に進学します。 鹿島アントラーズのdf内田篤人選手は、2010年から2017年までドイツ・ブンデスリーガのシャルケでプレーしていた。 ドイツでプレーしていた内田選手には、チームメイトとのエピソードが豊富にある。今回は内田選手と大の仲良しだったマヌエル・ノイアー選手とのエピソードを紹介する。 DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 シャルケで約7年間プレーした内田篤人は、この歴史あるクラブにおいて今も忘れられていない。それは彼のプレースタイルと人柄によるところが大きい。いずれもルール地方の“スタイル”にマッチしたからで … 同勝ち点対決となった一戦はアウェイの名古屋が決定機をいきなりモノにする。6分、古巣戦となる和泉に蹴られる形でマテウスがボックス右で倒されてPKのチャンスを獲得。キッカーを務めた金崎がGK沖の逆を突くシュートをゴール右に蹴り込んで名古屋が幸先良く先制に成功した。 幸先よく先制した横浜FMはさらに畳み掛ける。27分、カウンターから右サイドを持ち上がった水沼から左のエリキに展開し、一度ボールを中央のJ・サントスへ。ゴール前の密集を狙った突破は失敗するが、こぼれ球をエリキがボックス左から流し込み、追加点を挙げた。 横浜F・マリノス 2-3 鹿島アントラーズ エリキ(前27) GK:沖悠哉 ◆ラスト5試合、上位フィニッシュへ貯金を【横浜F・マリノス】 この試合もACLの影響で前倒し開催。序盤からボールを保持する横浜FMに対して、待ち構える鹿島という構図が展開される中、10分にFKから鹿島にチャンス。敵陣の浅い位置から蹴り込んだボールをエヴェラウドが頭で折り返したが、2試合ぶり先発の伊藤にクリアされた。 オリジナル10同士の白熱した戦いに先手を打ったのはホームチーム。17分、エリキとのコンビで左サイドを突破した小池がグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ水沼が相手に競り勝ち、右足アウトサイドで押し込んだ。 【名古屋】 名古屋から移籍し、今季から鹿島でプレーする和泉は、チームで唯一明治安田J1全27試合に出場。3得点を記録していた。, 31日、明治安田生命J1リーグ第25節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で名古屋が勝利を収めた。 [日産スタジアム] FW:金崎夢生 【横浜FM】 75分に中盤の要である米本が負傷でピッチを退いた名古屋は81分、敵陣左サイド深くでFKを獲得。マテウスがアウトスイングのクロスを供給すると、ファーサイドの金崎がヘディングシュート。GK沖のビッグセーブでこぼれたボールに相馬が反応したものの、GKの正面に飛ばしてしまう。 明治安田生命J1リーグ第31節、横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが3日に日産スタジアムで行われ、2-3で鹿島が逆転勝利を収めた。 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 61分に土居と遠藤を投入して攻撃の活性化を図りにかかる鹿島だったが、62分にイエローカードを提示されたファン・アラーノがその5分後に2枚目のイエローカードを貰い退場に。20分以上も1人少ない状況での戦いを余儀なくされた。 遠藤康(後39), 【明治安田生命J1リーグ第31節】 ファン・アラーノの退場響いた鹿島は3試合黒星《J1》, 【J1注目プレビュー|第25節:鹿島vs名古屋】2位を目指す分水嶺、勝ち点で並ぶ“シックスポインター”. GK:ランゲラック まずはしっかりと守備を整えて戦い、機を見て前線の個の力を生かすことが勝利へのカギとなる。古巣対戦の金崎夢生の活躍にも期待がかかる。 【J1注目プレビュー|第31節:横浜FMvs鹿島】真価が問われる両者の対決、攻撃サッカーで上回るのは? 監督:アンジェ・ポステコグルー 前半終盤から名古屋陣内に一方的に攻め込んだ鹿島は後半立ち上がりも依然として攻勢。55分には自陣からドリブルで持ち運んだファン・アラーノがボックス中央手前からミドルシュートを放つも、GKランゲラックが立ちはだかる。 ◆再び連勝街道へ、威厳を取り戻すための正念場【鹿島アントラーズ】 GK:沖悠哉 監督:マッシモ・フィッカデンティ, 内田篤人が引退後にしたいことは「手を繋いで一緒に幼稚園の送り迎え」、妻への引退報告も語る, 鹿島が2点差から横浜FMに逆転勝利! 内田 篤人(うちだ あつと、1988年 3月27日 - )は、静岡県 田方郡 函南町出身の元プロサッカー選手。 ポジションはdf(右サイドバック)。 元日本代表。 日本代表ロールモデルコーチ。 13:00キックオフ 2位を目指す鹿島としては連敗は許されない状況。試合数こそ違うものの、ここでライバルを倒して上に行区ことができるのか、チーム力、そして真価が問われる一戦となりそうだ。 このまま逃げ切った名古屋が2-0で完封勝利。2連勝で暫定ながら2位に浮上した。一方、連勝が「2」でストップした鹿島は3試合ぶりの黒星。上位進出に向けて痛い敗戦となっている。 [県立カシマサッカースタジアム] MF:稲垣祥、米本拓司 横浜FMも13分、3試合ぶりの先発となった水沼の縦パスに反応したジュニオール・サントスにゴールチャンス。続く14分には左サイドのエリキのクロスを、またもJ・サントスが頭で合わせるが、惜しくも枠を捉えれなかった。 【鹿島】 チームも久々にミッドウィークに試合がないことで束の間のリフレッシュ期間に。再びエンジンをかけるためにも、この上位を争う一戦は勝利したいところだ。 前節はホームに名古屋グランパスを迎えたものの、0-2と完敗。策にはまり、3連勝を逃した。 さらに、この試合ではMF和泉竜司とMF三竿健斗が負傷。加えて、MFファン・アラーノが出場停止となり、敗戦の上にケガ人とチームにとっては苦しい状況だが、ここでこそ積み上げてきたものが試される時だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] FW:土居聖真、エヴェラウド 劣勢の横浜FMも60分にCKからJ・サントスがヘディングシュートを放つが、鹿島の勢力は衰えない。62分には速攻を許し、小泉に迫られるが、ここは懸命に戻ったエリキがシュートブロック。するとそのエリキ、69分のカウンターの場面でジュニオール・サントスからボール受けると、ボックス左でカットインからシュートへ。決定機だったが、惜しくも右に外してしまった。 内田篤人「引退するわ、すまんな」代表のチームメイトたち「おつやで〜」メールポチー hadmin 2020年11月9日 1 : 風吹けば名無し : 2020/11/09(月) 16:47:41 ID: CIofJq+Y0.net MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス 8月中旬から約2カ月半にわたった22連戦も終了。久々に1週間試合が空いたことは、チームにとって何よりもプラス材料と言えるだろう。 クラブの発表によると、和泉は左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断。全治は6~8週間とのことだ。 同勝ち点対決は名古屋に軍配! 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、1-0で勝利。3連敗を免れることとなった。 17:00キックオフ ◆意地を見せて一歩前へ【名古屋グランパス】 FW:土居聖真、エヴェラウド DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人、ティーラトン 直近5試合は4勝1敗。アウェイ3連戦がありながらも着実に勝ち点3を積み上げ、上位争いに踏みとどまった。シーズン当初の不甲斐ない姿はもうなくなった。 仕切り直しとも言えるこの一戦、DF畠中槙之輔こそ出場停止だが、ベストメンバーを揃えられる状況だ。アンジェ・ポステコグルー監督が誰を並べるのか。そして、システムはどうなるのか。見応え十分な試合となりそうだ。 上田綺世(前39) 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と対戦し3-1で完敗。ここにきて不安定な戦いを見せることとなってしまった。
2020 内田篤人 シャルケ チームメイト