少年サッカー指導者には、本当にダメコーチが数多く存在します。そして、そんな指導にあなたの大切なお子さんが犠牲になってしまっている可能性もあるのです!是非参考になさって下さい。 コンビネーションプレーの基礎となる部分なので、低学年生にお勧めです。, コンフォートゾーンの外側に連れ出すということは、選手に新たな課題を与え、チャレンジさせること。. サッカーコーチが現場で生きる知識を学べる大学です。, 少年サッカーで子どもたちがポジションが分からない、細かなポジショニングが理解できない現象。 「スポーツを上達させたい!」 少年サッカーのコーチをする上で大切なことは、選択するプレーを教えることではありません。子どもたちがプレーを選択できるようにすること。, 指導をするコーチが、勝ちにこだわり過ぎると子どもは上手くなりません。育成年代、特に少年サッカーでは、コーチはチームを勝たせることを目的にしてはいけません。少年サッカーのコーチは子どもたちを上手くすることを目的に指導をすることが大切。, 同じような意味だけど少年サッカーのコーチの心構えで子どもたちが上手くなるか、将来が大きく変わってしまいます。, 少年サッカーのコーチは、勝たなければならない、Jリーグや大人のサッカーチームを指導している訳ではありません。子どもたちは成長の過程です。出来なくて”当たり前”。, 少年サッカーの指導をするコーチは「なんで出来ないんだろう?」と分析して少しでも子どもたちが上手くなるように導いてあげることが大切です。そのためには子どもの成長過程を理解し、その年代にあった指導をしてあげること。ワールドカップに出場している世界一流の選手と同じプレーを求めてはいけません。もっと子どもたちのために指導者が考えなくてはいけません。, 少年サッカーのコーチを始める場合、低学年の子どもたちを指導することが多いと思います。でも、サッカーの指導は低学年の方が難しいんです。何故かと言うと子どもたちの理解力もないし、視野も狭いし、サッカーをするには足りないことばかりなんです。, 小学低学年の指導は、いくらサッカーを知っていても子どもの成長過程を知らないと間違った指導になってしまいます。この年代で間違った指導を受けた子どもたちは、低学年のうちは勝てることが多くても、学年が上がるにつれて勝てなくなってしまいます。理由は、プレーを教えているけど理由を教えてないから。低学年のうちに理解するために必要な考え方や正しく理解出来るようになるための知識を入れてあげることが必要です。, 平均的な成長をしている子どもで自分と味方選手の関係に気づくのは、小学3年生くらい。「そんなことない」と思うかも知れませんが、子どもが話すことを聞いてみてください。「僕が」「僕は」ばかりですよね。相手のためにとは考えられないんです。, 「僕はこうしたかったのに」「僕はこう思ったのに」全部、『一人称』なんです。ねっ、この年代の子どもたちの脳は、そこまでしか理解出来ない。その子どもたちに味方選手や相手選手を意識がいくことはありません。, でも大人がやらせると出来るんです。例えば『団子サッカー』をやめさせようとしますよね。子どもたちに「広がれ」とか「寄るな」と言えば団子サッカーをやめさせることは出来るんです。でも、それは子どもたちのためにはならない。大人のエゴを子どもたちに押し付けているだけなんです。, もう一度言います。それって、大人のエゴなんですよ。子どもが理由を理解できるようになってから団子サッカーをやめさる方が子どもたちのためになるのです。, 子どもたちは成長過程の中なんです。プレーだけでなく、”できること”と”できないこと”があるのをコーチが理解して指導をしなければいけないんです。言葉を話せない小さい子どもに「なんで話せないの?」って言ってるのと同じなんですよ。大人は出来るかもしれないけど子どもはできない。当たり前ですよね。でも少年サッカーのコーチは、ソレをすぐに忘れてしまう(笑) 詳細は以下のリンクをご覧いただくとして、僕個人を意見を言わせていただくと「大賛成」です。... 少年サッカーの試合におけるコーチング!! 観ているだけでは意味がありません。指示を出しても子どもは上手くなりません。, 少年サッカーで伸びる子と伸びない子の違いは保護者にあった!?子どものために保護者ができること. あるサッカー少年団の50代の男性コーチは、技術の劣る子を罵ったり、個人攻撃をするところが問題でした。 「少年サッカーは6年間で結果を出さなくてはいけない」と主張したため、「結果よりも全員の底上げを」と考えるコーチとたびたび対立しました。 実際に私は10年間あまりJリーグ下部組織チームでサッカーコーチをさせていただいてきた経験から、さまざまなチームのコーチの指導を見てきました。, それに私自身高校時代は体罰のあるような理不尽な指導に悩まされた経験もあることから、本当に指導者の重要性を人一倍考えてきたわけです。, なぜなら、サッカーの技術は本当にその教わっているコーチによって大きく左右されてしまうからです。, 実際に私の指導してきたJリーグ下部組織チームの代表の方は、本当に選手を上手くすることが上手な方でした。, そう、彼に指導を受けた選手達は本当に魔法のようにサッカーが上手くなってしまうのです!, そして、選手もやる気にみなぎってチーム自体も強くなって、周りのチームとはまったく質の違うサッカーをするようになっていってしまうのです!, 私もその代表の背中を10年間みてサッカー指導を学ばせてもらいましたが、本当に子供は指導している大人次第で良くも悪くもなってしまうといった事実を目の当たりにしてきました。, 飼い主の言うことをまったく聞かずに、「ワンワン」吠えている犬も、プロの教育を受ければ、たくさんの芸を覚えるくらいの犬に育ってしまいます。, ですので、もしあなたのお子さんがダメコーチに教わっているかどうかを確かめる意味でも、, もし、今回の特徴が、あなたが現在教わっているコーチに多く当てはまるのであれば、正直環境を選び直した方が良いと私は本気で思います。, 後悔しないサッカー人生を歩んでいただけるよう、是非最後まで目を通していただきたいと思います。, ちなみに私はサッカー指導者として、1度も子供の前ではたばこを吸ったことがありません。, 今では私もたばこは吸いませんが、過去に吸っていた時期でもそれは必ず守っていました。, というのも、私が勤めていたJリーグアカデミーチームでは、そもそもたばこを子供の前で吸う事自体が禁止だったからです。, もちろん子供の前では当然で、子供がいなくてもそういった意識で生活している指導者がもちろん本当に良い指導者です。, 大人だから良い。子供だからダメ。なんて考えているような指導は大きな間違いなわけです。, 指導者がポケットに手を突っ込んで指導していたり、だらしないカッコをしていても当然よくありませんし、, 子供からのあいさつを待っているようなコーチは、子供の鏡になるという意識がまったくないコーチだと私は思います。, ちなみに私はYouTubeをつかって子供に直接学んでもらえるスポーツメンタルトレーニング講座を無料で開講していますので是非こちらもご覧になって下さい!, その指導者がトレーニングでさまざまな選択肢を与えてあげられていないなと丸分かりなんですよ。, 『お前がバカだからだよ!お前が何も教えてあげられてないからだろ!子供のせいにすんな!選手のプレーがお前の頭の中だよ!』, そして、そんな指導が当たり前だと思っている保護者の方も早くこういった指導が本当はだめだということに気が付いてほしいものです。, 子供はスポーツをやっていればだれでも辞めたいといった時はあるものです。ですが、原因と対処を考えれば必ずその悩みは乗り越えられるはずです。, これも先ほどの暴言を吐くコーチとリンクして、自分の指導力のなさを選手のせいにしてしまって起こる行為です。, なぜなら、『走る』といった行為にも、子供自らが上手くなるためにと思って走らない限りは心のどこかで手をぬいてしまうからです。, なので、ちゃんと体力をつける上でそういった体力トレーニングを行うのなら分かりますが、それでもだたの走りといった行為自体しなくても、トレーニングの設定次第でいくらでも体力を強化するトレーニングをすることはできます。, たしかに、小学生や高校サッカーくらいのレベルまでであれば、根性論を叩きこんで走りこみをすれば勝てるチームをつくることは可能かもしれません。, ですが、私の知り合いの後輩はJリーグ下部組織チームで育ち一度も高校まで走らされた経験がなくプロになったと言います。, 走ったから上手くなるといったわけではないということはこういった事からも分かります。, 勘違いしてほしくないのは、もちろん体力トレーニングを否定しているわけではないことです。, 画像出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2016/07/03/200610/, 当時、中学2年だった中田選手は甲府北中のサッカーコーチをしていた皆川さんという方に、試合に負けた理由で罰走として50本のダッシュを命じられたといいます。, 子供たちは不承不承ながら当然のことのように「罰」を受けたのですが、ヒデだけはベンチの脇に立って走ろうとしないのです。怪訝に思った私は、
2020 少年サッカー コーチ