成績:3戦3勝 5着 13 プリンスリターン 牡2 55 原田和 1.1/4 347.1 16着 3 ペールエール 牡2 55 マーフィー 3 8.8, 勝ち馬:サリオス 15着 15 メイショウチタン 牡2 55 松山 4 117.0 13着 5 マイネルグリット 牡2 55 国分優 5 174.2 朝日杯fs 阪神1600芝 12/15 1着 6 サリオス 牡2 55 ムーア 01:33.0 2 2着 8 タイセイビジョン 牡2 55 武豊 2.1/2 5.8 3着 9 グランレイ 牡2 55 池添 1.1/4 229.3 4着 14 タガノビューティー 牡2 55 和田 クビ 61.6 5着 13 プリンスリターン 牡2 55 原田和 1.1/4 347.1 6着 1 ジュンライトボルト 10着 12 レッドベルジュール 牡2 55 スミヨン ハナ 5.9 1着 6 サリオス 牡2 55 ムーア 01:33.0 2 朝日杯フューチュリティステークス(あさひはいフューチュリティステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。, 競走名の「フューチュリティ(Futurity)」は、英語で「未来」「将来」を意味する[3]。, 欧米では1786年のニューマーケット競馬場(イギリス)を皮切りに2歳馬の競走が行われていた[4] が、日本では1946年秋の東京競馬場で初めて3歳(現2歳)馬による競走が行われた[4]。その後も各地の競馬場で3歳(現2歳)馬の競走が行われるようになり、1949年には関東地区の3歳(現2歳)馬チャンピオン決定戦として「朝日杯3歳ステークス(あさひはいさんさいステークス)」が中山競馬場で創設された[4][5]。以来、2013年まで長らく中山競馬場で行われてきたが、2014年より施行場を阪神競馬場に変更した[4][5]。競走名は2001年より馬齢表記を国際基準へ改めたことに伴い、現名称に変更された[4][5]。, 創設当初の施行距離は芝1100mで、1959年より芝1200mへの変更を経て、1962年以降は芝1600mで定着している[4][5]。, 競走条件は1991年に牡馬・牝馬のチャンピオン決定戦を明確にすることを目的として「牡馬・セン馬限定」となったが、2004年より「牡馬・牝馬限定」に変更され、以降はセン馬(去勢した牡馬)が出走できなくなった[4][5]。外国産馬は1971年から、地方競馬所属馬は1995年から出走可能になったほか、2010年からは国際競走となって外国馬も出走可能になった[4]。, 翌年の3歳クラシックレースにも直結する重要なレースとして位置づけられているほか、過去の優勝馬からは古馬になっても大レースを優勝する馬が出るなど、さまざまなカテゴリーで活躍馬を送り出している[4][5]。, 出馬投票を行った馬のうち、優先出走権を得ている馬から優先して割り当て、その他の馬は通算収得賞金が多い順に割り当てる。, 地方競馬所属馬は、同年に行われる下表の競走のいずれかで2着以内に入着すると、本競走の優先出走権が与えられる[1][6][7]。, 上記のほか、中央競馬で施行する芝の2歳重賞で1着となった地方競馬所属馬も出走申込ができる[1][6]。, 2015年の1着賞金は7000万円で、以下2着2800万円、3着1800万円、4着1100万円、5着700万円[1][2]。, 本競走創設の発起人となったのは、馬主会の重鎮であった2代目中村勝五郎の息子・中村正行(3代目中村勝五郎)である。中村は当時騒擾事件が頻発していた競馬のイメージ改善を図るため、競馬ファンであった朝日新聞編集局長の信夫韓一郎に社賞の提供を持ちかけた[8]。当初は最高格競走である東京優駿(日本ダービー)への提供を企図していたが、当時の国営競馬(農林省競馬部)が一社のみに許可を出すことを良しとしなかったため、代わりに3歳馬のチャンピオン決定戦という性格を持つ特別競走を新設することになった[8]。朝日新聞記者で当時父親が同社企画部長を務めていた遠山彰によれば、当時は社内でも競馬を社会悪と見なす意見が多く、この件が諮られた部長会では激論が交わされたといい、遠山は「父は当然賛成に回ったが、反対派を説き伏せ、決断を下したのは、役員でもあった信夫だったろう」と推測している[9]。「新聞社の名がつく競走ならば競馬の社会的信用も高められる」との考えから、競走名は「朝日盃三歳ステークス」とされた[8]。, 戦前から競馬を敵視しつづけた朝日新聞社が競馬を大衆娯楽・スポーツと認めたことは他の大手マスメディアを刺激し[8]、1955年までに読売カップ(読売新聞社)、毎日王冠(毎日新聞社)、東京新聞杯(東京新聞社)、NHK杯(日本放送協会)、日本経済賞(日本経済新聞社)、産経賞オールカマー(産経新聞社)といった競走が次々と新設された[8][10]。, なお、第二次世界大戦終結より間もない物資不足の時代であったことから優勝カップは中村が戦前に獲得していた「アラブ大ハンデ」の優勝カップを彫金師の信田洋が仕立て直す形で製作された[8]。このカップは各年度優勝馬主の持ち回りという形で提供されている[8]。また、副賞には中村家の食客であった東山魁夷の12号大の絵がたびたび提供された[10]。, 競走名は第1回から第52回が「朝日杯3歳ステークス」、第53回以降は「朝日杯フューチュリティステークス」[4]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=朝日杯フューチュリティステークス&oldid=78961679, この項目では、日本(中央競馬)の2歳GIについて説明しています。外国のフューチュリティステークスについては「, 中山競馬場70年史編集委員会(編)『中山競馬場70年史』(日本中央競馬会中山競馬場、1998年):1949年 - 1997年, 『日本の競馬 総合ハンドブック2013』 62頁 発行:一般社団法人中央競馬振興会(1984年 - 2012年、馬主名義除く). 8着 16 ラウダシオン 牡2 55 ルメール 1/2 18.0 母:サロミナ 朝日杯フューチュリティS(gi)で1番人気に推されたのは、ダノンプラチナ。スプリンターズSから中山大障害まで今秋のgi では1番人気が連敗中だったが、その悪い流れを断ち切るべく、ダノンプラチナの鞍上・蛯名正義騎手は「先週と同じ気持ちで乗った」という。 12着 11 カリニート 牡2 55 幸 3 453.0 母父:Lomitas, 参照:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1576384728/. 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第71回: 2019年: サリオス: 成績: レース映像: 第70回: 2018年: アドマイヤマーズ: 成績: レース映像 14着 10 エグレムニ 牡2 55 福永 クビ 146.8 11着 4 トリプルエース 牡2 55 ビュイック クビ 37.9 競馬予想のウマニティが朝日杯フューチュリティS2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 9着 7 ウイングレイテスト 牡2 55 松岡 2 43.5 ※1956年以降の中央競馬のレース結果が対象です。 ※チェックのない場合は、すべて選択となります。 ※馬齢・賞金は現在の表記にて統一しています。 父:ハーツクライ 6着 1 ジュンライトボルト 牡2 55 岩田康 クビ 66.8 4着 14 タガノビューティー 牡2 55 和田 クビ 61.6 3着 9 グランレイ 牡2 55 池添 1.1/4 229.3 朝日杯フューチュリティステークス(あさひはいフューチュリティステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 2着 8 タイセイビジョン 牡2 55 武豊 2.1/2 5.8 7着 2 ビアンフェ 牡2 55 藤岡佑 アタマ 12.6 競馬予想のウマニティが朝日杯フューチュリティS2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 主な勝ち鞍:サウジアラビアロイヤルC(G3)(2019)
2020 朝日杯フューチュリティステークス 結果