, 面白い動画や画像、ショートフィルム、映画予告編、アニメーションなどを毎日紹介するよ!, 500キロのダイナマイトでクジラを爆破。しかし火薬量が多すぎて、降り注いだ肉片で被害甚大という事故の瞬間. <耳マンのそのほかの記事> 「リバース・スピーチ」。それは楽曲の歌詞や人の会話などを録音して逆再生すると、明瞭な言葉や文章が浮かび上がるというもので、リバース・スピーチ研究家デイヴィッド・ジョン・オーツ氏によって名づけられた。 アプリの様子を見ていると逆再生をすることによって面白動画を作るという需要があるように思えます。 普段は普通に見ている動画でも逆再生で見ることによって面白い動画に見えるなんてこともあるのかもしれませんね。 雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。, 1989年から1996年まで放送されていた「ドラゴンボールZ」は言わずと知れた「ドラゴンボール」の続編で、日本のみならず世界中で放送され大ヒットしたアニメである。, そのED曲の中に、アニメ開始から1993年9月まで流れていた「でてこいとびきりZENKAIパワー!」のイントロで不思議な言葉が聞こえてくるのだ。, 何を言っているのか聞き取れず、なんとなく不気味で、外国語? 効果音? とずっと謎のままだったのだが、あるときその謎が解けたのだった!, 実は2010年に、作曲した池毅氏のブログによってすでに明かされていたというED曲の秘密。世間一般にはその数年後に突然知れ渡ったのだとか…。それにしても、アニメ開始から20年以上も経ってからED曲に込められたメッセージの謎が解き明かされたのだ!, 隠されたメッセージとは、「あー、この曲をつくるにあたっては、スズキケンジ・イケタケシ・トキエダタツヒロ・ウチダタカシ・ヤマモトケンジ・ヤナギハナエ・ノムラタカシが頑張ったんだよ」だった。, 呪文のような変な声は逆再生によるもので、呪いでも外国語でもなく、遊び心溢れるものだったのだ。, 2013年から2015年に放送されていた「ドラゴンボール超」のEDでも、隠れたメッセージが存在していた。その曲は第60話から第72話まで流れていた「炒飯MUSIC」の出だし。同様に逆再生が使われているのだ。, このメッセージは、「ドラゴンボールZ」での逆再生メッセージがすでに知られていたので、もしやと思った人は多いようだ。, ドラゴンボールZのED曲には、逆再生で制作陣のメッセージが込められていた、という雑学について紹介させてもらった。, さらに、ドラゴンボール超のED曲にも「すべてのドラゴンボール好きに捧ぐ」という逆再生のメッセージが隠されていた。この曲は、歌っているロックバンド「アルカラ」のメンバーが小学生時代に影響を受けたドラゴンボールへの敬意を込めて作られたという。, ちょっとした遊び心から、当時見ていた子どもが大人になって、同じような遊びを取り入れてくれるなんて、頑張って作ったかいがあったんだなと感慨深い。大人になってもこんなワクワクするような良い仕事をしたい!. googletag.enableServices(); j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'? googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-ArticleText', [[336, 280], [300, 250]], 'div-gpt-ad-1570465739405-0').addService(googletag.pubads()); window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; googletag.pubads().enableSingleRequest(); window.googletag = window.googletag || {cmd: []}; }); googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-ArticleMainTopRight', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1570465623307-0').addService(googletag.pubads()); }); googletag.cmd.push(function() { new BlogParts(54, "https://blogapi.nicoblomaga.jp/").load(); googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-LeftMid', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1570465552319-0').addService(googletag.pubads()); new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], })(window,document,'script','dataLayer','GTM-WJRXML'); Tags: PRODUCTION, 事例, 動画制作, 動画展開方法, 広告効果, 映像制作, 紹介, 現実世界ではありえない世界観をつくる逆再生動画。撮影した映像の時間の流れを逆に再生する、CM、やYouTubeなどで人気の映像技法です。この記事では、逆再生動画の効果や、逆再生動画事例を紹介します。, 逆再生動画とは、撮影された映像の時間の流れを逆にすることで、現実にはありえない映像を作る撮影技法のことです。時間の流れを変化させることで、映像に驚きやアクセントを加えます。, 逆再生動画は、どのような撮影に向いているのでしょうか?まず、被写体に一連の動きと変化があることが大前提です。この動きがダイナミックであればあるほど、逆再生動画のおもしろさも増していきます。液体がこぼれたり、物が壊れたりする逆再生動画は、このタイプです。, ほかによく見られるのが、「タネあかし」として逆再生動画を使用する手法です。結末を最初に見せて、その後にその過程を逆再生で見せていきます。このタイプは、結末と過程のギャップが大きいほど、視聴者に強いインパクトを残します。, ドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏の対決が注目を集めた2016年アメリカ合衆国大統領選挙。そのテレビ討論会に合わせて発表されたのがこちらの動画です。パーティーホールでボロボロになった男女が、何かを争っているシーンから始まります。, 2人の戦いの過程が逆再生動画で映し出されると、奪い合っていたものも明らかに。2人が争っていたのは、Audiを運転する権利だったんですね。壊れたものが戻っていくのは、逆再生動画ならではの映像です。「次のドライバーは、賢く選ぼう」という字幕を、今の米国民はどう思うのでしょう?, “How do you judge a book?” = 「どうやって人の中身を判断する?」というタイトルの、化粧品ブランドの動画です。椅子に座った男性モデルが胸をこすると、不思議な模様が浮かび上がります。一体これは何なのでしょうか?, そのタネあかしは、動画の後半に。彼は、「ゾンビボーイ」という通称で知られる、全身にタトゥーを入れた有名モデルなんです。メイクをした方が素顔が分かる、強烈な違和感を放つ動画です。before, afterに意外性があるほど、逆再生動画は魅力的になります。, こちらも、逆再生動画をタネあかしとして使った動画です。展示されているカラフルな石を掃除機にセットすると、先端から美しい砂が噴出。繊細な模様が掃除機で描かれていきます。, 実は、こちらは砂絵を掃除機で吸引するようすを逆再生したもの。美術品のような石は、掃除機内で圧縮された砂だったんです。吸うための機械である掃除機で、何かを描き出す。その逆転が、視聴者に驚きを生みます。, NYのファッションブランドPhillip Limが、アメリカの有名ディスカウントストアTargetとのコラボレーションのために制作した逆再生動画です。, リーズナブルなコレクションらしさを示す普段の街角で、脱ぐ→見せる→着るという通常とは逆の流れで、アイテムが紹介されていきます。もし逆再生でなかったら、シンプルな服なので、あまり服に注意がいかなかったかもしれません。逆再生することで、本来の主役である服を際立たせることに成功しています。, 逆再生ならではの世界観が魅力的な動画ばかりでしたね。普通の動画も、時間の流れを逆にするだけで、思いがけずおもしろい動画になる可能性を秘めています。, 弊社ではクライアントの皆さまの個性を引き出し、視聴者に強い印象を残す映像制作を得意としております。ぜひ一度お問合せください。. (function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start': googletag.defineSlot('/64270640/kr-PC/krPC-LeftTop', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1570465477431-0').addService(googletag.pubads()); document.write("
2020 逆再生 面白い