1.1 【強豪】明治大学(私立); 1.2 主なプロ野球選手(元を含む); 1.3 2018年ドラフト指名選手と指名漏れ. Copyright © 2018 野球場へ行こう! All Rights Reserved. © Copyright VICTORY SPORTS NEWS. プロスピaの選手寮についてまとめています。選手寮を使うことで選手枠に余裕ができてくるので、どんどん活用したいですね。選手寮の使い方や注意点についても書いていますよ。  SNSでも、いわゆるインスタ映えするような食事とは正反対の、シンプルなメニューをたびたびアップしている。本当は甘いものが大好きというダルビッシュだが、少なくとも現役の間は、それを心ゆくまで味わうこともないのだろう。, 若手選手の多くは、球団が運営する選手寮で生活する。そこでは、住居とともに食事も提供されるが、そのスタイルは球団ごとに特色がある。 加えて、とても美味しそうですね。, いくら量を食べろ、と言われても、その食事が美味しくないと、単なる苦行になってしまいます。 山本由伸のFA移籍はいつ?メジャーからの評価や巨人,ソフトバンクへ移籍の可能性について. 大半の球団は、ご飯は自分でよそうようになっているのですが、その量はどんぶりいっぱいに達する選手もいます。, 摂取するカロリーは、約4000キロカロリーを超えるほどで、一般的な成人男性のおよそ2倍にもなるそうです。, なかには、この量がなかなか食べられない選手もいるようで、この食事がかなりキツく、先進的に追い込まれてしまう選手もいるようです。, 次に栄養素。 2017/12/02 13:34, ノンフィクションライター 先発ピッチャーの場合、一回の登板で数キロ、体重が落ちることもよくあるそうです。, そのため、登板直前には、炭水化物を多く摂取し、エネルギーを蓄えるようにするそうです。, その他にも、より筋力をつけることが必要な選手は、低脂肪な食事に変え、肉などタンパク質が多い食事を摂ることで、筋力アップをサポートしているようです。, もちろん、試合前のアルコールを禁じたり、とにかく身体を大きくする必要がある高卒間もない選手には、とにかく食べること、身体を大きくするような食事指導も行っているようです。, 千葉ロッテマリーンズの公式YouTubeには、実際に寮に住んでいる選手の食事風景の動画がアップされています。, この動画を見ても、プロ野球選手の寮の食事はとんでもない量です。 そこで、プロ野球の寮では「食べる」ということを鍛えるように、食事のコントロールがされています。, まずは、その量。 熱狂的他球団ファンのプロ野球選手たち, スペシャルインタビュー 復活のカットボール! 中日レジェンド・川上憲伸のYouTube奮闘記, 演出音の是非、外国人選手枠の拡大の影響、6タテ発生……非常事態下のプロ野球から見えたこと, 最後の夏に賭ける実戦派バッテリー・野島勇太&上林直輝(神戸弘陵)〜プロ注目の逸材インタビュー, 1996年以来優勝なしも先発は充実。ジョーンズ加入で得点力アップ? 今年こそがんばれオリックス!, オンライン飲み観戦&反省会、ホテルからの上空観戦、球音を楽しむ日々、無観客でもプロ野球は楽しい. VictorySportsNews編集部, 漫画家・コラムニスト 目次. プロ野球の寮で寮長を務めているのはいったいどんな方なのか。そんな疑問から12球団の寮長を調べてみました!経歴から人物像が分かるニュースまでご紹介します! 野球選手は体が資本。常にいいプレーができるのは、それを支える体力があってこそ。その原動力となるのが食事だ。野球選手と食にまつわるエピソードを紹介していこう。 食事のルーティーン毎日、決められた食事を摂ることで有名だったのがイチロー。 プロ野球選手になると、誰しもが通る道があります。 それは、プロ野球での寮生活。 社会人からの入団で、入団前に妻子がある選手や、外国人選手を除いて、ほぼ全員がドラフトで入団すると、入寮するこ … プロ野球新人選手は、必ず寮生活をしないといけないのですか?社会人や大学生で、プロ野球選手になる前に既婚してる選手は、寮生活をしなくていいのですか? その場合でも、ルーキーの年は入寮しないといけないのですか? プロ野球の寮の食事も、選手たちが美味しく食べられるように工夫がされています。, 球団によっては、寮で出されている食事が1軍の球場グルメになっているところもあります。, 「食」に続いては、「住」。 1 「東京六大学野球」強豪明治大学を解説.  もう、ずいぶん前に朝カレーはやめているとのことだが、毎朝の食事が話題になっただけで経済を動かすほどのブームになるあたりは、さすがイチローだ。, ストイックな食生活を送っていることでも知られるのがダルビッシュ有(カブス)。あるテレビ番組の取材で「味がなくても必要と思えば食べるし、美味しくても体によくないものは食べない」と明言していたように、食事の基準は、野球選手として必要かどうか。 そのため「公民館以下」「プレハブ」といったような酷評が多く、選手からも不満が続出していたようです。, なんでも「あの寮から出られるようになるぐらい活躍する」という目標で頑張る選手も多くいたようです。, 二軍のフランチャイズ球場である横須賀スタジアムそばに、新築の寮とトレーニング施設を新築しました。, 大物ルーキーを獲得するにあたって、その選手に魅力的に感じてもらうためにも、二軍の施設、そして寮の充実さは欠かせないポイントとなっているようです。, プロ志望の選手によっては、設備の乏しさから、入団したくない…。とこぼす選手もいるようです。, プロ野球の寮に住む選手は、先程もご紹介したように、入団して間もない若手選手が多くいます。 絶命パークの意味理由は楽天ホームゲームワースト(シーズン最多敗戦)…2019年は名称変更か? 社会人になって間もない人たちと考えれば、遊びたい盛りであることは間違いないでしょう。, ちょっとはハメを外したくもなる選手もいそうですが、プロ野球の寮には門限はあるのでしょうか。, プロ野球の寮の門限はおおよそ23時ごろと言われています。  ちなみに、大阪桐蔭の西谷浩一監督は、甲子園のベンチでもよく目立つ恰幅のいい体格でおなじみだが、これは、こよなく愛し、常に近くに置いているベビースターラーメンのおかげ(?)だという。毎年、オフに藤浪晋太郎(阪神)が、数百袋もの大量のベビースターを抱えて西谷監督を訪問するのが定番となっている。, 帝京や大阪桐蔭だけでなく多くの強豪校で、たくさんお米を食べて、体を大きくして、パワーアップを図る「食トレ」は行われている。たしかに、しっかり食べて、まずはハードな練習をこなせる体を作らないことには、全国で勝負できないのも事実。 清宮フィーバーに沸いた2017年のドラフト会議を経て、自らの将来を決めた選手たちのお披露目となる、新入団選手発表会の季節がやってきました。プロ野球選手として新たな一歩を踏み出す選手たちにとって、新たな生活の場となるのが球団の寮。新人選手の入寮については、「時代に合っていない」「プライバシーを尊重すべき」などの声もありますが、寮生活は一体何のために必要なのでしょう?, 「今のご時世、寮はもう必要ないんじゃないかという意見もあると思いますが、私自身は必要だと思っています」 前横浜DeNAベイスターズ球団社長の池田純氏は、新たに球界入りする選手たちと直に接し、その成長を見つめてきた経験から寮生活の重要性を説きます。 「プロ野球選手には、野球一筋でずっとそれだけと向き合ってきたという選手が多くいます。そういう意味では、一般の社会と隔たりがあるように感じます。社会人として、そしてプロ野球選手としての“研修期間”は必要じゃないかと思います」 池田氏は、高校、大学、社会人とそれぞれの歩んできた道や経験、年齢によって大きな差はあるものの、野球に打ち込んできた選手たちが共通して学ぶべき社会人としての“イロハ”があると言います。 「社会人野球を経験して入団してくる選手は、やはり社会人としてのイロハがわかっている選手が多いですよ。でも、高校生でドラフト指名されて入団となった場合は、18歳の少年が突然プロになるわけです。これは日本独特の環境ですよね」 プロ野球選手としてはもちろん、社会人として、人間として成長過程にある選手たちをどう育てていくのか。それはある意味で、球団が担うべき“教育”だと池田氏は言います。 「“躾”と言うと誤解を招くかもしれませんが、野球の技術以外にも教えなければいけないことはたくさんあります。メジャーに限らず、アメリカでは高校からいきなりプロに行って、いきなり活躍するケースはほとんどありません。大学でいろいろなことを学び、自分のキャリアを考えながらプロに向かっていく。そういう道筋を社会として確立しています。プロで活躍できなくても、リーグからお金が出て大学に戻れる制度もあります。そういう意味では、競技の前にまず“教育”というのが根底にあるんです」 一方、日本では一度これと決めたらその道に没頭することが美徳とされ、学生時代の勉強もないがしろにされるケースも珍しくありません。 「“部活さえやっていれば机なんか捨てちゃっていいから”という空気もありますよね。一日中野球をしろとか、サッカーをしろ、といったなかで学生時代を過ごす選手も多い。だからこそ、寮が必要なんだと思います」, ベイスターズの球団社長として辣腕を振るった池田氏は、当時から球団の寮に注目し、その改革に乗り出していました。 「当時のベイスターズの寮は、『活躍したら出て行っていいよ』といったルールでした。まずそれを改めて、少なくとも入団から3年は寮生活を行うというルールにしました」 自由を制限されたと感じた選手たちからの反発はあったものの、池田氏は寮生活を経験することが彼らのその後のキャリアのためになると信じていたと言います。 「それまでも、寮から出ると開放感からか夜の世界を覚えてしまい、遊びがメインになってしまう選手がいたんです。以前、VICTORYのインタビューで、ダルビッシュ投手が『日本の選手がメジャーみたいに活躍できないのは、夜遊びに原因があるんじゃないか』と。ある程度遊ぶのも必要ですけど、バランスを崩したらいけませんよね」 寮生活の目的は、しっかりとした教育の下、社会人としてのイロハを身につけること。ベイスターズの寮では、毎週のように外部講師を招いて、さまざまなプログラムの講習会を開いていたと言います。 「税金のことから栄養学、筋肉のことまで、寮にいる選手たちにはいろいろな勉強をしてもらいましたね。複数年、一定のライン以上の活躍ができて、初めて退寮になるんです。私が社長だったときは、一軍でプレーする選手たちにも妻帯者以外にはなるべく寮に残ったほうがいいよと言っていました」, 退寮の制度の変更から手をつけた池田氏ですが、生活の場でもある寮の改革も同時に進めました。 「私が社長になる前は、寮の中でもたばこが吸えたんですよ。これには驚きました、すぐに撤去しましたよ」 池田氏が何より驚いたのが、プロアスリートが生活する場である寮に喫煙所があること。社会人としての教育と同時に野球に没頭できる環境づくりも徹底しました。 「イチロー選手は活躍してからもずっと寮にいたそうです。長嶋さんや王さんの時代でも同じですけど、プロ野球の球団の寮にはいつでもボールを打てるし、いつでも投げられる環境があるんです。思い立ったらすぐに練習ができる。寝るときにも、ピッチャーだったらボール、バッターだったらバットを枕元に置いて、いつでも練習できるくらいの環境があるんです」 プロ野球選手のなかには自宅に専用バッティングケージを作ったり、地下室にトレーニングルームを作ったりするケースもあるようです。 「内川聖一選手(ソフトバンク)の自宅がテレビで公開されていましたが、地下にはバッティングルームがありましたね」 しかし、新入団選手や若手選手がそうした環境を自力で手に入れるのは不可能です。しかし、寮の施設を利用すれば、いつでも練習できる環境が手に入るのです。 「イチロー選手はそういう意識が高くて、プロ野球選手である以上は、どんなに成功してお金を手にしても、いつでも野球に接していられる環境にいたいと思っていたんでしょうね。だから寮生活を続けていたんだと思います」 身体が資本の野球選手にとって重要な栄養面、食事でも寮生活のアドバンテージは少なくありません。栄養のバランスを考えた食事が提供されるのはもちろんですが、池田氏が明かしてくれたのは、ベイスターズ寮名物の「カレー」の存在でした。 「ベイスターズの寮にはいつでもカレーがあるんです。これは関係者の間では有名なんですが、大きいジャーの中にカレーとご飯がいつでもあるんです。卵やチーズなどのトッピングも置いてあって、選手たちはいつでも食べられるようになっています。栄養士とか寮母さんが提供する料理のほかにこのカレーが常備されているのは、選手によって食事の時間が定まっていないことも関係しています。ナイター設備がないところで試合をすることも多いファームの選手は帰りが早いんですけど、一軍でプレーしていると寮に帰ってくると寮母さんがもういないということもあるわけです。そういう選手たちがいつでも食べられるようにカレーが用意してあるんです」, 「寮母さんが言っていたんですが、『ベイスターズが強かった98年当時は夜中までカキーンカキーンって、いつもバットの音が聞こえた。今の選手はやらないから応援する気がしない』と。それを聞いたときにすごく悲しくなりました。プロ選手を相手にどうかという議論もありましたが、強制的に夜間練習をするよう言ったこともありますし、コーチも早く帰ってしまうような状況だったので、必ず誰か一人はコーチが寮に泊まるようにしたこともあります。コーチが見る、見ないではなく、そこに“いる”だけでも違うだろうと」 プロ野球選手の仕事はあくまでも野球。プロといえども、これまで部活で与えられたメニューをこなしてきた選手たちは、突然「自由にしていい」と言われると何をしていいのかわからなくなるという問題もあるようです。 「高校生や大学生、あるいはもっと小さい頃から、どうしっかりと教育していくべきかというのは、日本のスポーツ界の大きな課題です。そこは時間をかけてやっていかなければいけませんが、現状、プロ野球の新人選手には寮で教えていく必要があるのかなと思います」 寮で身に付けた習慣がプロとしてのキャリアの充実度、長短を決定づけるかもしない。希望に胸を躍らせてプロの世界に飛び込んだ新入団選手たちがどんなスタートを切るか? ファンには窺い知れない世界ですが、“はじめの一歩”は年明け早々に踏み出されることになることになります。, <了> 取材協力:文化放送 **************************** 文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金 AM7:00~9:00) 毎週火曜日レギュラー出演:池田純 ****************************, 日本は、劇的な少子高齢化局面を迎えています。これまでのような、競技人口の多さを背景にした「ふるい落とし」型の選抜では、無理が出ることは自明です。では、どのような考え方が必要なのでしょうか? いわきスポーツアスレチックアカデミーアドバイザー・小俣よしのぶ氏に解説いただきました。, 19年ぶりに日本シリーズ進出を決めた、横浜DeNAベイスターズ。これから福岡ソフトバンクホークスという強敵との戦いが待っているが、多くの関係者・ファンにとって「頂上決戦に挑めること」そのものが大きな幸せだろう。そうした気持ちは、2016年まで5年間にわたって同球団社長を務めた池田純氏も同じだ。その池田氏が、いま思い出すのは「ある職員」の姿だった。(文:日比野恭三), 著者プロフィール
2020 野球選手 寮