順. Copyright © 2020 MediaINDEX CO.,LTD. 本賞金:15,000万 6,000万 3,800万 2,300万 1,500万. 天皇賞春の予想の予習動画です http://894jin894.jimdo.com/ ↑↑無料買い目、オススメ競馬無料サイトはコチラ↑↑ 第155回 天皇賞春 (GI)芝・右・外 3200m. 天皇賞・春(G1) 2017年4月30日 京都芝3200m 4歳上 国際 指(定量) 京都 11レース 確: i 03 3.キタサンブラック 1.1/4 ii 06 6.シュヴァルグラン クビ iii 15 15.サトノダイヤモンド タイム: 212.5 馬場: 良 単 勝: 03: 220 円: 複 勝: 03: 110 円 : 06: 160 円 : 15: 110 円: 枠 連: 2-3: 1090 円: 馬 連: 03-06: 1040 円: 馬 … 2017年から大阪杯がg1に昇格。天皇賞(春)の空洞化が懸念されるところだが、今年に関しては心配無用だ。国内を代表する一流馬たちが早くも出走の意思を表明している。 ¸õ : À² / ¼Ç : ÎÉ / È¯Áö : 15:40, 17=3(10,14)(1,6)(5,15)(8,7)-(2,13)(12,9)-4-11-16, 17=3(10,14)-(1,6)15,5,7,8(2,13)(12,9)-4-11-16, 17=3,14(10,6)1(15,9)5,7(8,13,12)2,4,11,16, 3,17(10,6)(14,1,15)(5,7,9)12-(8,13)(16,2)4,11, 12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2, 12.9 - 24.4 - 35.6 - 46.9 - 58.3 - 69.9 - 81.5 - 94.5 - 107.0 - 119.7 - 132.3 - 144.8 - 157.0 - 168.6 - 180.3 - 192.5 (35.6-35.5). 天皇賞春の結果は1着:キタサンブラック、2着:シュヴァルグラン、3着:サトノダイヤモンド。. 会員登録(無料)すると、競馬予想やオッズ、結果速報などの最新情報が無料で受け取れます。. 2017年天皇賞(春)に一流馬が続々と参戦表明. 天皇賞(春) G1. 過去のレース情報から最新のニュース、開始前には出走情報から馬番、オッズまでを特集形式でお楽しみください。, 天皇賞の歴史は極めて長く、その起源は明治初期とされる。イギリスでは清教徒革命後の王政復古に際して、国王自ら競馬場に大競走を設立し、豪華な賞品を下賜したとされる。明治天皇はそれに倣い、横浜競馬場に豪華な花器を下賜した。これが1880年のMikado's cupである。, 1902年、イギリスとの不平等条約が撤廃され、日英同盟が新たに締結された。こうした一連の流れの中で明治天皇から信頼を寄せられたイギリス公使のマクドナルドはイギリス全権大使に昇格し、菊花後紋付銀製花盛器を贈呈される。マクドナルドは横浜競馬場の会頭も兼務しており、その花器を賞品とし、1905年5月6日「The Emperor's Cup(エンペラーズカップ)」を創設。のちに日本語で「帝室御賞典」と和訳され、年2回の施行となる。JRAはこれを現在の天皇賞の前身としている。, その後、太平洋戦争の激化などによる中断を挟み、1946年にはGHQへの配慮から「平和賞」という名で施行。1947年には「天皇賞」と改称される。, 施行距離は創設時から3200mであり、春の競走に関しては1946年、鳴尾競馬場(現在の阪神競馬場)から京都競馬場に変更。以後、京都での開催が定着する。1995年には地方所属馬にも開放され、2000年からは外国産馬も出走が可能になった。2005年には海外調教馬にも門戸が開かれ、その初年度はオーストラリアの名牝マカイビーディーヴァが来日し、大きな話題となった。, 現在、長距離レースは減少の一途を辿っており、当レースを距離適性などの理由で回避する馬も増えているが、それでも近年の勝者にはディープインパクト、メイショウサムソン、ゴールドシップ、キタサンブラックなどが名を連ね、国内最強を決める一戦として権威を保っている。, 京都3200mは現在、天皇賞(春)のみの施行となっている。外回りコースが使用される。前半のペースは年ごとに大きく違うが、どこかでペースが緩むことが多い。勝負を分かつのは2周目第3コーナー付近の立ち回り。坂の高低差は実に4.3mとなっており、「ゆっくり上ってゆっくり下る」がセオリーともされるが、ディープインパクトやゴールドシップのように下り坂で勢いを付け、一気に捲くり、勝利に繋げる馬もいる。長距離競走のため枠順による有利不利は比較的少ないが、近年の京都は高速馬場になることも多く、どこかのタイミングで内に潜り込みたい。脚質的には前に行った組が優位。差し追い込み馬も、最後の直線へ向くまでには好位置を確保するのが鉄則だ。, 騎手の技量が大きく作用する長距離レースなので、ベテランジョッキーに注意。中でも蛯名正義騎手や武豊騎手はこのコースを得意としている。, 血統的には、ステイゴールドやハーツクライといったサンデーサイレンス系の長距離向け種牡馬が好相性だ。, 1番人気に支持されたのは17番ゴールドアクター。3歳時には菊花賞(G1)で3着に入った同馬だが、長期休養などもあり、重賞初制覇は4歳11月のアルゼンチン共和国杯。重馬場を物ともせずこのレースを勝利すると、次走の有馬記念(G1)でも8番人気という低評価に反発するかのように見事勝利。年明け緒戦となった日経賞でも横綱相撲でサウンズオブアース以下を完封し、今年の主役はこの馬になると見られていた。, 2番人気の評価を受けたのは1番キタサンブラック。前年の菊花賞(G1)を勝利、有馬記念(G1)でも3着に入るなど、戦績はステイヤーであることを示していたが、母父が短距離向け種牡馬のサクラバクシンオーであることから、常に距離不安が囁かれてきた。「2番人気に留まった」という印象を受けるオッズとなった。, 3番人気は8番シュヴァルグラン。ヴィルシーナの弟という良血馬であり、ラジオNIKKEI賞(G3)3着など早い時期から素質の片鱗を見せるが、出世は遅れ、2勝目を挙げたのは3歳10月になってから。しかし、そこから1000万、1600万と連勝、年明けの日経新春杯(G2)でも2着に入る。さらに阪神大賞典(G2)では強豪相手に見事勝利。一線級に劣らぬ実力を証明すると同時に、その長距離適性も示した。いまだ底を見せておらず、未知の魅力も買われての人気の要因となった。, 以下、堅実な走りが魅力の15番サウンズオブアース、長距離適性No.1のフェイムゲームなど、多様なタイプが集うメンバー構成となった。, ゲートが開き、ハナに立ったのはキタサンブラック。最内枠を味方に後続を1馬身ほど離して逃げを打つ。2番手にはヤマニンボワラクテが付け、3番手追走はカレンミロティック。ゴールドアクターは好位の外、シュヴァルグランは中団のインに位置した。, 長距離戦としては出入りの少ない展開となり、隊列は変わらず、そのまま淀の下り坂へ。そこでゴールドアクターが一気に進出し、キタサンブラックに競り掛けようとするが、終始外を回された不利もあってか、直線を向くと徐々に後退していく。, 代わるように順位を上げた伏兵カレンミロティックが直線半ばでキタサンブラックに並びかけると、ここからは2頭のデッドヒート。一旦はカレンミロティックが前へ出たかに思えたが、そこからキタサンブラックも盛り返し、ほぼ同時にゴールイン。, 写真判定の結果、軍配が上がったのはキタサンブラックで、菊花賞に続く嬉しい2つ目のG1タイトル。勝ちタイムは3分15秒3。ハナ差の2着にはカレンミロティック、3着にはインから差し込んできたシュヴァルグランが入り、1番人気に推されたゴールドアクターは12着に終わった。, レース後、春の京都競馬場に「まつり」が響き渡った。天皇賞を制覇したキタサンブラックの北島三郎オーナーは「天皇盾は本当にズシッときた。感じるものがあったし、特に重かった」と由緒あるレース勝利を喜ぶコメントを残した。, 惜しくも2着に敗れたカレンミロティックの池添謙一騎手は「完璧なレースができたし、馬も応えてくれたが…。ゴールのタイミングが合わなかった」と首の上げ下げでの決着となったことを悔やんだ。, 3着シュヴァルグランの福永祐一騎手は「この遅い流れはある程度想定していた。58kgという斤量は初だったが、最後まで頑張ってくれた」と愛馬を称えた。, 人気を裏切る格好となった12着ゴールドアクターの吉田隼人騎手は「イレ込みが今までで一番きつかった。これだけ馬場がいいと、内側を走れないと厳しい」と外枠を引いたことを敗因に挙げた。, 2017年から大阪杯がG1に昇格。天皇賞(春)の空洞化が懸念されるところだが、今年に関しては心配無用だ。国内を代表する一流馬たちが早くも出走の意思を表明している。, 最有力と目されるのはサトノダイヤモンドだ。3歳春は期待されながらもG1勝利まであと一歩届かなかったが、秋には菊花賞(G1)を制覇し、里見治オーナーに念願のG1勝利をプレゼント。続く昨年の有馬記念(G1)も勝利し、最優秀3歳牡馬に選出された。最大目標はフランスの凱旋門賞(G1)。堂々と世界に羽ばたくためにも、ここで国内組との勝負付けを済ませておきたい。, 逆転候補の筆頭はもちろんキタサンブラック。有馬記念こそ先述のとおり2着に敗れたが、昨年は天皇賞(春)、天皇賞(秋)、ジャパンカップを制し、年度代表馬に選出された。こちらも凱旋門賞の出走が予定されており、有馬記念のリベンジを果たしたい。, その他、昨年のクラシックを賑わせたディーマジェスティ、レインボーライン、長距離適性抜群のシュヴァルグランなども出走予定。4月30日、淀の舞台で熱く長い戦いが繰り広げられる。, 凄腕の予想家たちによる各種予想は、馬番確定後に順次表示されます。
2020 2017 天皇賞(春)